2016.04.17

大事なのは外見だけじゃない!彼が「可愛いな」と感じる女性の話し方・4選

女性の「可愛い」は外見で全て決まると思っている人はいませんか?でもそれは大きな間違い。実は声や話し方も女性の印象を決める上で、大きな役割を果たしています。

そこで今回は「男性がなんか可愛いなと感じる女性の話し方」について20代男性からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.敬語

「後輩の女の子に敬語で話されたりするとキュンとくる。あと敬語に少しタメ口が入ったりするのもたまらない!」(26歳/会社員)

女性の敬語が好きという男性は意外と多いようです。むしろ先輩にいきなりタメ口というのはただの失礼な子という印象になってしまいます。「何だよあいつ馴れ馴れしいな…」と全く可愛がってもらえないので気をつけるべき!

また男性は、女子がだんだんと打ち解けていって敬語からタメ語にシフトチェンジしていく過程も好きなんだとか。段階をふんで、彼の心を溶かしてみましょう。

2.おっとり口調

「スローな話し方の子って女の子らしくていいなと思う。柔らかい印象も持つし、可愛いなぁってイメージだな。
最近ではバラエティに出ていた黒木華さんの声が想像以上に可愛くて惚れました。」(24歳/医療メーカー)

もちろんハキハキ喋らないといけない場面もあると思うので、これは臨機応変に使い分ける必要があるでしょう。
参考にしたいのは深田恭子さんや綾瀬はるかさん、安めぐみさんなどのおっとりした話し方。

また、赤ちゃんや子どもに向けた優しい口調を意識してみるのも良いかもしれません。話し方一つで印象も大きく変わってきます。「癒し系」を目指してぜひ練習してみましょう!

3.たまに方言

「自分が方言を話せないということもあって、方言女子はやっぱり気になっちゃう!
特に普段は標準語の子が俺と話すときだけ方言交じりだったりすると『心を開いてくれたのかな』って嬉しくなりますね。」(22歳/大学生)

方言最強説は昔から言われていますよね。普段は標準語の子がふとした時に放つ方言がたまらなく可愛いんだとか。

方言は最強のモテ武器になるので、話せる人はここぞという時に使ってみましょう。

4.鼻にかかっている

「猫なで声ってやつ?わざとやってるんだろうなって分かっていても、男は騙されちゃうんですよ。芸能人で例えると芹那とか紗栄子とか…。
いざ目の前であの声で話されたら男はイチコロだと思います。」(24歳/飲食)

女子からすると「それわざとだろ!」と思ってしまうような猫なで声も、男性には効果抜群なんだとか。ちょっと風邪気味のような、鼻にかかった声を意識してみると良いかも。

ただ女子の前で声を変えると確実に嫌われるので、男性と二人きりの時にだけ甘え口調にするようにしましょうね!

おわりに

いかがでしたか?声も女性の印象を大きく左右すると言えそうですね。少し話し方を変えるだけで可愛さは3割増されます。

今日から外見だけでなく声も意識して、可愛い話し方を目指してみましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事