2016.09.10

フェラ上達には舌を使え!いつもと違う、骨抜きテクニック

「基本的なフェラの知識はもうあるけれど、いつもと違ったフェラしてあげたい!」という健気なあなたのために、上級者向けのフェラテクニックをご紹介します。

ただのフェラだけではなく上級者のテクニックを手に入れて、カレをあなたの虜にしちゃいましょう。

ディープスロートをする

ディープスロートとは、のどを膣に見立ててフェラをすることです。のどの締まりと膣の締まりは同じといわれるほど、男性はのどで感じることができます。また、Sっ気のある男性は、ディープスロートで涙ぐむ彼女をみて興奮を覚える方もいるようです。

ディープスロートの方法はまず、カレのモノを口に含んで、のどの奥までゆっくりと入れます。このとき呼吸ができなくなりますので、苦しくなったら素早く抜くようにしましょう。のどの奥まで入れたモノを、吸いながら出していきます。この動作を繰り返すのが「ディープスロート」です。のどを痛めてしまう可能性もあるので、やりすぎには注意しましょう。

氷やローションを口に含む

フェラをするときに、氷を口に含んでしてあげる「アイスフェラ」というものがあります。これは、氷の冷たさが普段のフェラよりも刺激を与えてくれるため、喜ぶ男性が多いようです。

また、フェラ用のローションを口に含みながらフェラをする「ローションフェラ」は、よだれとは違うヌルヌル感が最高だといいます。こういった、普段とは違うものを使用するフェラも、セックスを楽しむためによい手段かもしれませんね。

舌でサオ、手でタマ

フェラに慣れてきたら、タマも愛撫してあげましょう。タマはとても敏感な場所なので、やさしく刺激してあげることがポイントです。少しでも中でタマがずれてしまうと、激痛を感じる男性もいるので、注意をしてください。

また、フェラの途中でタマの愛撫をする場合、いきなり強く刺激をするのはNG。はじめは、触れるか触れないか程度の触り方で、焦らしながら愛撫していきましょう。焦らされた分の快感の大きさに、カレは思わず声が出てしまうかもしれませんよ。

アナルを刺激する

実は男性にとって、アナルは性感帯のなかでも敏感に感じる場所のひとつです。しかし、はじめから感じるわけではなく、女性と同じように少しずつほぐすように、責めてあげるとよいでしょう。

まずは、アナルの入り口を舌でペロペロとやさしく舐めます。カレの反応がよければ、舌先をアナルのなかへ少しずつ挿入してみましょう。アナルの中に舌を入れることに抵抗がある方は、アナルの周りをペロペロ舐めてみたり、アナルに息をふきかけてみたりして、フェラの延長線上で反応を楽しむとよいと思います。

いつもと違うフェラで魅力倍増

フェラは、女性が責める立場になれるので、いつものカレとの立場が逆転したような気持になって、している側も興奮します。上級者テクニックを参考に、カレとのセックスをより楽しいものにしてくださいね。(kuri/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事