2016.09.15

セフレなんてやめておけばよかった…肉食系女子の後悔

イケイケなイメージの強い、セフレを自ら探す積極的な肉食系女子たちですが、決してセフレになってよかったことばかりではないようです。「セフレなんてなるんじゃなかった…」と、後悔することも。そんな彼女たちの、後悔した理由や体験談をご紹介します!あなたも後悔する前にコレを読んでおいてくださいね。

ついつい情がわいてしまった…

セフレだからセックスするだけの相手と割り切っていても、肉食系女子だってひとりの女。関係を持ち続けて長い間一緒にいると、ついつい感情が入ってしまって「あれ?これってまさか恋…」となってしまうこともしばしば。

そうなったときセフレという肩書きは辛いものです。向こうもお付き合いを前提としていないので、恋人同士になりたくても、なかなか難しいかもしれません。好きになってしまって辛い日々が始まったという、後悔の体験談は多いようです。

好きになってからのセフレ日々

相手を好きになってしまってからが本当に地獄のようだった、と語る人もいるぐらいです。セフレという名目上、好きになったことを相手には伝えにくいので、想いを内に秘めたままの人が多いのだとか。

相手は女性の気持ちをつゆ知らず、自分の好きな子の話をしてきたり、慣れてくるとあつかいが荒くなってきたりと、恋する乙女にとっては我慢できないほどのツラい地獄がはじまります。セフレを好きになってしまった肉食系女子たちは、好きな気持ちに無理やりふたをする日々をおくり、セフレになったことを後悔しているようです。

セフレと付き合ってからの日々

想いを打ち明けて付き合えることになったとします。幸せなようで、実は、それはそれで辛い体験談があるようです。

付き合えたはいいが、どうしても「セフレ」という壁が邪魔をして、なかなか恋人同士という感覚になるのは難しいようです。それに、セフレとして始まった関係なので、例え付き合えたとしても「またセフレを見つけているんじゃないか」という不安の念に駆られ続けなければなりません。彼女たちに、相当な辛抱強さと信じる心がないと、難しい恋なのかもしれませんね。

彼氏をなかなかつくれない

セフレとばかり付き合う日々が長かった肉食系女子は、そういう噂がどうしても広まりがちです。特に近いところばかりでセフレをつくっていたなら尚更。

「あの子はすぐヤらせてくれる」というレッテルを貼られれば、遊びとして近づいてくる男性が大半で、本気で彼氏をつくりたいと思ったときにはもう遅かった…という肉食系女子もいるようです。やはり、何事にも限度というものは必要なのですね。

セフレからは逃げ出しにくい

セフレからの恋というのはかなり難しいようですね。女性は心と体がつながっているとよく言われているので、好きにならないようなタイプの男性をセフレに選んだ方が、身のためかもしれませんね。(KANA♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事