2012.02.07

男をハマらせる!色気のあるキスの仕方


キスの重要性をご存知ですか?唇は、性感帯が非常におおくあつまっている場所。一回のキスで「セックスの相性」が分かるという人もいるほど、男女の間でとても大切な役割を持っています。

そう!!何気なくキスをしていては、もったいないのです。いつもよりあなたを色っぽく、大人にみせるテクニックを身につけて、彼をドキドキさせちゃいましょう。

大切なのは、「間とテンポ」

色気を出すために、まず知っておくべきことは、「間とテンポ」のとり方です。色気のある人とは、この二点を巧みに使いこなしています。

キスにおいては、唇が触れる前までは「間」を意識し、唇が触れている間は「テンポ」を大切にします。それではさっそく実践方法をお勉強しましょう。

キスの前に彼の目をじっと見つめる

キスをする前に雰囲気作りしましょう。彼のひざの上にのって、仲良くお話をしてください。

その間は、彼の首筋や肩に手を回して、彼の気分を充分に盛り上げておきます。キスをしたくなったら、会話をやめてじっと彼の目をみつめましょう。

顔を近づけ、唇がつく3センチ手前で、3秒静止する

手を彼の頬や首の後ろに回して、ゆっくりと顔を近づけます。目線は、彼の口元をみるのがGOOD!

「間」をうまく使うためのポイントとしては、唇がつく直前に、静止をすること。この時間こそが、二人のドキドキをMAXに持っていくためのスパイスとなります。

キスをする

男性側からキスをするとき、なんとなく相手に合わせて、舌を入れたり、絡ませたりするという方が多いかと思います。

そんな濃厚なキスは、あえてしません。ポイントとしては、舌を使わずに、唇の感覚を伝えること。上唇と下唇を使って、ゆっくりと相手の唇に愛撫をします。いつものキスより意識的に、遅めのテンポでしましょう。

キスの余韻を味わう

「キスをする」にも書いていますが、色気のあるキスとは無意味に舌を絡め合うキスではありません。

色気のあるキスの仕方として一番おすすめなのは、「相手のテンポに合わせながらも、ガツガツしない」こと。
そして、「唇の表面で相手の唇を感じる」こと。

また、キスが終わったらその余韻を味わうことをおすすめします。

キスで終わり、もしくはセックスになだれ込む!という情緒のないやり方ではなく、
二人で体を触りあって、ゆっくりキスを楽しむ。残り香を感じ合うのが、色気のあるキスへの第一歩でしょう。

おわりに

いかがでしたか。いつもは彼に可愛く甘えてるけど、たまには大人っぽい色気でドキっとさせたい、なんてときに試してみましょう。

(さとみん/ハウコレ)

あわせて読みたいキスのハウツー


<照れ屋さん必見!言葉なしでキスしたいと伝える方法>
付き合いたてのカップルも、マンネリ気味のカップルも、キスを通してラブラブになれちゃうテクニックが満載。いつもとはちょっと違った形で、彼をキスに誘いましょう。


キスしたあとって、なんだか照れくさくてそっけない態度をとってしまったりしますよね?でも、せっかくなら彼の心をキュンとさせる一言をそえて、喜ばせてあげたいもの。そこで、こんなセリフを試してみてはいかがでしょうか?


彼におねだりしたくなっちゃうキスの仕方をご紹介!胸キュンに欠かせない「キス」のバリエーションを増やしちゃいましょう!

関連記事