2018.08.03

「彼氏にとってあなたは大事なパートナー?ただの彼女?」チェックリスト

自分が彼にとって大切な存在であるかどうか、本人に聞かなくても自分の行動を見ればわかる方法があります。

同じ恋人であっても、ただの男女のカップルである関係と、お互いが信頼し合いかけがえの無い存在になっている関係とでは、天と地ほどに差があるものです。

自分が彼氏にとって大切なパートナーであるなら、できているはずであろうことのチェックリストを以下にご紹介します。

あなたにとって「自分の行動はどうだろうか」と振り返る機会になったら嬉しいです。

喧嘩をするか、議論をするかの違い

ここでいう喧嘩とは、『お互いが自分の言いたいことだけを一方的に主張して、相手の意見を聞きいれる姿勢や、自分の思いを伝わるように伝える努力を怠っている』話し合いのことを指します。

喧嘩をふっかける、あるいはふっかけられる関係性は信頼関係の薄い関係であると言わざるを得ません。

逆に『相手の主張を理解し、自分の主張をすり合わせて落とし所を探す』姿勢を持っている人は、彼に自省と気づきを促すことができます。

会えない寂しさを表現するか、会えた喜びを表現するかの違い

彼にとってのパートナーになる人は、自分との時間よりも、相手の時間を尊重します。

時間を共にするということは、その時間の分だけその人の寿命を削っているということ。

その貴重な時間を「会えなくて寂しい」と言って積極的に削ろうとしてするひとは、到底パートナーとは呼べません。

それよりも、その大切な命の時間を共有してくれていることへの感謝や喜びを表現してくれる人のほうが、よっぽど一緒にいたいと思うものです。

好かれようとするか、好こうとするかの違い

相手に好かれようとするあまり、頼まれてもないようなことまでしてしまい、さらにその気持ちに応えてもらえないことを不満に感じてしまう、そんな関係性を築いてしまっていませんか?

相手に好かれようと努力することは悪いことではありませんが、それが自分を大切にしてもらいたいという欲求とのギブアンドテイクが前提になっていると人間関係はうまくいきません。

パートナーであれば、相手から好かれようとするよりも前に、自分が相手のことを好きになろうとするはずです。

「あ~してくれない、こ~してくれない」とその人の短所に不満を言うことなく、「それもその人だ」と受け入れ、かつ「それを補って余るぐらい、こんなにいいところがある」と長所に気づき、一緒に支え合い伸ばしあおうとする姿勢こそ、パートナーのあるべき姿でしょう。

放っておくという優しさを持てるかどうかの違い

人にヘルプを求められた時、それを安易に手伝ってしまうことが本人のためにならないと思えば、時には「しない」優しさを持つことも必要です。

「しない優しさ」には嫌われるリスクが伴います。時には、ケチだとか人情が無いと批難されることもあるかもしれません。

それでも、「一人でやり抜ける」プロセスを通して成長してもらうことを優先する、というのは勇気が必要なことです。

なぜなら、「ここで自分が突き放しても、相手は『この人が突き放すのには理由があるはずだ』と感じ取ってくれるはず」と思えないといけないから。

この意思決定は相手のことを信頼しているからこそできる行為なのです。

あなたは、彼にとっての大切なパートナーですか?

あなたが彼氏にとって大切なパートナーであるなら、喧嘩する機会は少なく、議論をする機会が多いはずです。

あなたが彼氏にとって大切なパートナーであるなら、会えない時ほど心が穏やかで、会えた時ほど嬉しくてたまらないはずです。

あなたが彼氏にとって大切なパートナーであるなら、自分が好かれようと努力する前に、相手のことを好きになろうと努力するはずです。

あなたが彼氏にとって大切なパートナーであるなら、何でもかんでもしてあげずに、信頼して「何もしない」という選択ができるはずです。

あなたは、彼にとって大切なパートナーでしたでしょうか?そしてまた、彼はあなたにとって大切なパートナーでしたでしょうか?(川口 美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)
兼島彩香/モデル)
お多福/カメラマン)
上杉光美/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)
関連キーワード

関連記事