2013.05.26

セックス頻度が減らないカップルの特徴・5選


付き合いはじめの頃は毎日のようにセックスをしていたのに、半年を過ぎた頃から回数が減ってしまった・・という女性の声をよく聞きます。

誘ってくれない彼の背中をみると「わたしに魅力がないのかな?」と落ち込んでしまいますよね。そこで今回は、交際期間が1年を過ぎても彼氏とのセックスを楽しんでいるという20代女子に「セックス頻度が減らない秘訣」をリサーチしてみました。

1.肌や体があう

「今の彼とは付き合って2年になりますが、裸で抱き合っていると今でもムラムラしてエッチしちゃいます。彼のアソコもフィットしていて、浮気は考えられません」(23歳/出版)

なるほど。体の相性といわれるものですね。抱き合ったときに相手の体臭や体温が心地よく感じられるという人は、セックスパートナーとして相性がいいといえるのでしょう。

2.頻度があう

「彼とは“したくなるタイミング”が一緒なんです。平日は寝る前に1回、休日は朝晩2回、自然に求めあっちゃいますね」(25歳/インフラ)

セックスレスで悩む女性の多くは「彼氏のタイミングでしかセックスをすることができない」と不満を漏らしています。いつも相手本位で「誘われたら断らないルール」が通用しているカップル同士だと、付き合いが長くなってもレスで悩むことが少ないのかもしれませんね。

3.探究心がある

「お互いに“試してみたいセックス”を普段から話していますね。彼の浮気相手になってみたり、レイプされてみたり。いつも頭をフル回転させてエッチなことを妄想しています」(25歳/IT)

快楽に貪欲になるというのはセックスレス防止に大切なことですね。「こんなセックスをしてみたい」とエッチなおねだりを彼にできる女性は、ベッドの中でも長く愛されることでしょう。

4.性欲が強い

「私は彼がいないときも寝る前に毎日1人エッチをするのが習慣だったので、同棲をはじめてからも彼のとなりで“モジモジ”してます(笑)そうすると、彼もかならず“お手伝い”してくれて自然にエッチがはじまります」(26歳/金融)

性欲の強さを隠さずにスキンシップを通してパートナーに伝えられるというのも大切なポイントということですね。

5.自分を磨く努力を忘れない

「彼とは半年前から同棲をしていますが、生活感が丸出しにならないようにメリハリをつけています。つねに“誘いたくなる女”でいることに対して努力を怠らないようにしていますね」(21歳/大学生)

人間、手に入ったものには興味がなくなるといいますからね。男性に「自分のモノになった」と思わせたら、終わりなのかもしれませんね。気をつけましょう。

おわりに

セックス頻度が減らないカップルには、「飽きさせない努力をしていること」「体の相性や性欲の強さが合うこと」が共通してあげられるようです。いつまでもセックスレス知らずのカップルでいたいものですね。

(さとみん/ハウコレ)

関連記事