2013.08.10

年の差恋愛のススメ 10歳年上の男性に愛される女性の特徴



芸能界では当たり前のようになりつつある、年の差恋愛や結婚。親子ほど年が離れたカップルの話題もよく耳にするようになりました。

でも、自分の恋愛となると、父親世代と付き合うのはちょっと想像しにくいかも。「頼れる年上が好き!」という女子にオススメなのは、10歳くらい上の男性。

この層は、2~3歳くらい上では出せない大人の余裕や経験もありつつ、共通の話題も見つかりやすいからです。
今回は、30代男性へのアンケートを元に、愛され女子の特徴を解説します。

1.キーワードは「真っ白」

「色白。これに尽きる」(30歳/広告代理店)

「ベタだけど、白とか淡い色の女の子って感じの服を着ていると、かわいいなと思う。加えて、それが高くないブランドのものだと自分でも買ってあげられそうでホッとする」(32歳/フリーランス)

「白」は見た目の中でも重要なポイントのようです。以前よりも、「俺についてこいタイプ」の男性が減ったと言われています。

そのため、年上男性であっても等身大の自分を受け入れてくれそうな女子に魅かれるのかもしれません。同世代の女性はスキがなさすぎてこわい、という意見もありました。

2.素直と笑顔をベースに、ワガママをブレンド

「年下の何がいいって素直なところ。ニッコリされると、ほんと可愛い。あと、時々たわいもないワガママとか言ってくるのがいい」(34歳/企画)

素直と笑顔は男女問わず愛される要素のひとつです。普段から笑顔でいる、ネガティブなことを言わないなど、基本的なことを意識すれば良い印象を持ってもらえそうです。

ワガママがかわいいというコメントは他にもありましたが、これは「簡単に叶えられる範囲で」という条件付きなので注意しましょう。

最初から高価なプレゼントをねだるなど無理なお願いをすると、心が離れてしまう可能性があります。「今度、気になってるカフェに一緒に行きたいな」など、小さなことからお願いしてみましょう。

3.大切なのは「意見」より「相づち」

「何を話しても、うんうん、と聞いてくれると和む。年上の女性と付き合っていた時は毎回鋭いコメントが返ってきて疲れた。求めているのは、そういうものじゃないんだよね」(30歳/経営)

欲しいのは意見や反論ではなく、ただ話を聞いてもらいたいという男性も多いようです。30代男性は、会社ではバリバリ頑張って働いています。

そのため、「議論は仕事の場だけで十分、彼女といる時はリラックスしたい」と強く思うのかもしれません。まずは相手の話にきちんと耳を傾けること。これは、男女とわず、コミュニケーション上手になるポイントの1つです。

4.「1人でできる」を考えない

「今、11歳下の子と付き合っています。僕がいないとダメという感じが嬉しい。頼られっぱなしになると辛いけど、1人で何でもできる女性よりずっとかわいい」(35歳/人事)

甘えすぎると相手の負担になるので加減は必要ですが、「私にはあなたが必要」ということを言葉や態度で伝えるのは大切ですね。

年上に愛される女子には、少し頼りなげで一緒にいてあげたくなる雰囲気が出ている人が多いようです。

5.ポジティブな行動力

「年が離れていると、あたりまえだけど普段遊ぶ場所なんかも全然違う。
年下の彼女と付き合うと、自分の行動範囲も広がるし、新しいデートの楽しみ方も増えてそれがとっても楽しい。もちろん、僕も大人の社交場でエスコートしますよ」(32歳/IT関係)

同世代と付き合っていると、どうしてもデートがワンパターンになりがち。
でも年下彼女の場合、自分が知らない新しい世界や価値観を提案してくれ、楽しい恋愛ができると考えている人が多いようです。

年の差があることをマイナスにとらえず、もっとお互いを知っていこうというポジティブで真っ直ぐな考え方が、愛される大事な要素です。

おわりに

10歳年上から愛される女子の特徴をヒトコトで言うなら、「抜け感」かもしれません。

大人の女性が計算してつくる余白ではなく、無防備で作り込んでいない空き地のような抜け加減。
「あなたのスペースがここにありますよ」とわかりやすく見せることで、男性は安心して恋を始めることができるんですね。

(吉戸三貴/ハウコレ)

<おすすめの記事>



関連記事