2013.08.12

エッチの最中に男が萌える秘密の言葉・5選


大好きな彼と2人だけの空間、どの女の子もドキドキするもの。最高の時間を求めるのは、彼だって同じです。行為だけでなく、言葉でも彼をとろけさせちゃいましょう!今回は、藤沢あゆみさんの著書「一瞬で彼をドキドキさせる秘密の教科書」を参考に、エッチの最中に言うと、男が萌えてしまう秘密の言葉をご紹介していきます!

1.「上手よ、すごく感じるわ」

男性は、エッチの最中も常に、「彼女は気持ちいいのかな?」と自問自答しています。「気持ちいい?」とか「こういうの好き?」と聞いてくるのは、その自信のなさの現われです。だから、エッチの上手な女の子は、彼からそう質問される前に、「上手だね、気持ちいいよ」と言って彼に自信を持たせてあげ、その上で自分の好みのエッチをしてくれるよう育てていくのです。

男性は、単純な生き物。おだてて、自信をもたせれば、俄然もっとがんばろう、もっと気持ちよくさせてあげよう、と張り切ります。もちろん、ぶっちゃけイマイチ…な時も、同じように先に褒めてからお願いすると、期待に応えようと頑張ってくれますよ。

2.「強くされると痛いの、やさしくしてね」

 「”痛いから強くしないで”と言ってしまいそうになりますが、”強くされると痛いの”と言うのでは大きな違いがあります。”痛いから、強くしないで」は2回否定しています。そしてイコール、”あなたのやり方は下手”と言ってしまっています。」

エッチの時は、彼だって緊張しています。しかも女の子の体は、男性が思っているよりもデリケートなもの。あまり力が入りすぎると、愛撫でも痛いときがあります。彼がその行為に入り込んでいるときでも思わず「痛い!」と言ってしまいそうになりますが、ぐっと堪えて「強くされると痛いの、やさしくしてね」と、彼の耳元でやさしく囁くように言いましょう。

そうすると「やさしくされたらうれしい」という肯定になり、彼を傷つけることはありません。彼は、あなたを「大切に扱おう」と素直に思ってくれます。

3.「ずっとこうなりたかったの」

「終わったとき、甘えるように彼にもたりかかりながら言いましょう。彼はきっと感動して、この子を大切にしなきゃと思うでしょう。」

2人の初めてのエッチ。実は男性は、女の子が思っている以上に、彼女がどう思ったのか気にしているものです。「こうなりたかった」というセリフは、彼とのエッチを肯定する素敵なセリフです。魅力的な女の子は、このように、彼にさりげなく「私を甘えさせて大切にしてね」と伝えることができる女の子なのです。

4.「こんな風に感じたの、初めて」

男はプライドの高い生き物。そのくせ、「彼女、よかったのかな」と不安にも思っているものです。エッチが上手な女の子は、ここをうまくおさえています。「初めて」という言葉は、男の自尊心をくすぐり、「そうか、そんなによかったのか!」と彼を感激させるでしょう。抱かれるたびに、その男性に”初めて”をあげられる女性は、彼の心を掴んで離しません。ここをうまくおさえて、彼を感激させてあげましょう。

5.「なんかよくわからないけど、すごくよかった」

「”イッた?”って聞かれて、うん、って答えたらさらに”いつ?”って問い詰められたこと、ありませんか。実は多くの女の子が、言われたことがあるそうです。そういう時のいい言い方があります。”なんかよくわからないけど、すごくよかった”」

やはり男性は、彼女がよかったのかが聞きたいもの。それを逆手に取ってみましょう!

「”すっごくよかった”と自分の気持ちイイことをおねだりしてやってもらっているうち、本当にイかせてくれる男になる、なんてこともあるんですよ。」

ほめながら、彼をいい気持ちにさせ、それ同時にエッチのうまい男に育てていくのも恋の醍醐味かもしれませんね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
彼をスイートな言葉でうまく育てていけるのが、本当のエッチ上手な女の子。あなたも今日から、彼の耳元で秘密の言葉をささやいてみてはいかがでしょうか。
  
(清水晴子/ハウコレ)

【おすすめ記事】




関連記事