2014.02.28

男子校出身者が狙い目!女慣れしていない男子の落とし方・4つ


共学の学校で、「苦労してるな」と思うのが男子校出身者。突然女子がうじゃうじゃしているキャンパスに放り出され、肩身が狭そうにしている姿を見かけることは、一度や二度ではありません。そんな女慣れしていない男子校出身者こそ、女を振り回すイケメンより幸せにしてくれる率が高いので狙い目なのです!
そこで今回は大学では狙い目な、男子校出身の彼の落とし方を、取材をもとにご紹介します。

1. 癒し系キャラを徹底

「飲み会とかで暴れまわる女子は苦手です。」(21歳/学生)
「静かでおとなしいタイプの方が、女慣れしていない僕にとっては話しかけやすかったですね。男友達が多くて、毎日充実してます系のキラキラ女子は遠い存在だった。」(27歳/金融)

女慣れしていない男性にとって、まず女子と話す、コミュニケーションをとることは高いハードル。共学男子がラクラクと超えていく姿を横目で見ながら、最初の一言が出てこず、話せない人もいるみたいです。そんな奥手なタイプでも話しかけやすい雰囲気をまとうのが最初のステップ。彼に自分から話しかけていくことも必要ですが、あまりガツガツいきすぎると引いていってしまうかもしれないので、ふわっとした笑顔で話を聞く体制を整えるべしです。

2. 群れから離れる

「女子っていつも数人のチームで行動してるじゃないですか。気になる子がいても、話しかけたら周りに見られるから無理なんですよ。」(19歳/学生)

学校内を移動するときも、お手洗いに行く時も、とにかく群れて行動してはいませんか?集団で行動されると、連絡先を聞くタイミングがつかめない、話しかけずらい、というような意見が多く聞かれました。お互いが一人でいるときに話せば、仲も深まりやすいもの。時には仲良しの友達から離れて、彼の近くにいって話しかけてみてはどうでしょう?

3. 男の愚痴は言わない

「女子どうしで集まって男子の悪口とか噂してるのを見ると、やっぱ怖いなーって思いましたね。」(22歳/学生)

どんな男子でも「まじ男ってさ~」なんて言っている女子にいいイメージは無いのかもしれないですが、男子校出身者は特に嫌う傾向があるようです。一緒に盛り上がって楽しんだりできず、女子の愚痴をストレートに受け取って傷ついたりもしている模様。本音で愚痴を言いたくなったときは、女子会だけにしておいて、気になる彼の前では優しさ、器の広さを見せておきましょう!

4. これでもかという程安心感与える

「好きでも告白できずに終わったことが多いです。デートも緊張しまくってるから、そこから告白とかってきついんですよ。」(20歳/学生)

ふたりで話したり、優しさと寛容さを見せ続け、たとえ「この子いいな!」と思ってもらえても、告白してもらうまでの道のりは長そう。彼から告白してもらうためには、とにかく「告白しても大丈夫だ」という安心感をこれでもか!という程与える必要があります。「いけるか?無理めか?」と探ってきたら敏感に察知して「いつでもOKよ!」とアピールしないと、いつまで経っても前に進めないかもしれません。

おわりに

女慣れしていない彼をゲットするための道のりは遠くて面倒なことが多いと思います。でも、そんな慎重な彼ならチャラチャラと女遊びを始めることも少ないですし、一途に尽くしてくれる可能性も高め。長い幸せのためには、長い時間をかけてみては?

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事