2014.05.27

「チャラ女子認定」されて恋愛対象外になる女子の特徴・4つ


男性はチャラい女性が嫌いです。いくら美人でも遊んでいそうな女性を本命彼女にはしません。気になる男性にチャラそうだと思われたら、付き合える可能性は極端に減るので注意です。

今回は、チャラそうだと思われて秒速で恋愛対象から外される女性の特徴をご紹介したいと思います。

1.クラブ通いを自慢

「クラブとかで遊んでる女の子は彼女にしたくない。男からしたらナンパスポットみたいなもんだし。お持ち帰りとかバンバンされてそうなイメージ」(26歳/保険) 

男性はクラブに通っている女性を問答無用で遊んでいると認識します。クラブに詳しい、通っていることはなるべく隠しておきましょう。「音楽聞くのが好きなの」「たまにははじけたいから」なんて言っても通用しません。チャラいイメージはついてしまいます。イケてるフリをしたいからと、クラブで楽しんでいることは漏らさない方がよいでしょう。

2.ナンパされたことをいちいち報告

「女でキャッチとかナンパされたこと言ってくる子いるよね。そういうのに声かけられるって、安い女に見られてるからじゃん。それを得意気に言ってくるのはちょっと...」(24歳/メーカー)

ナンパされたことに喜んでいる様子を見せてはいけません。もしかしたらナンパになびく女かもしれないと思われてしまいます。「今日来るときナンパされたんだけど」「事務所にスカウトされちゃった」などと軽はずみな発言は控えましょう。

3.Facebookに男との写真

「Facebookとかで、男との写真を載せまくってる子はチャラいイメージ。飲みの席とかだと余計にそういう印象かも」(25歳/教育)

Facebookの写真は気をつけた方がいいです。男性は気になる女性のアルバムを必ずチェックします。男性との写真がたくさんあれば「チャラい」「実は遊んでいる」と勝手に思われてしまいます。自分自身の写真のアップだけでなく、友人からの勝手にタグ付けされないよう設定しておくことも大事です。

4.過剰な露出

「胸の谷間とか超ミニとかはいてる女の子は見てる分にはいいよね。でも恋愛対象としては絶対ない」(26歳/放送)

男性は、女性の露出が好きです。しかし、それは見る分にはということです。自分の彼女にはミニや谷間が見える服を着させないのは当たり前。他の男性にいやらしい目で見られたくありません。なので、始めから過剰な露出で男からの注目を得て喜んでいるような女性を好きにはならないのです。あからさまな露出よりも清純なフリをしたチラリズムのほうがよっぽど効果的です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
 
チャラそうだと思われると素敵な恋愛はどんどん逃げて行きます。男性のチェックは厳しいので常に意識してチャラさを回避することが大事です。男性はピュアな女性が好きだということを肝に念じましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事