2014.07.25

夜だけじゃダメ!彼をいい気持ちにさせる朝起こしのコツ・5つ

どんなに夜がうまくいっても、そのいい思い出をぶち壊しにしかねないのが朝の起こし方。彼の寝起きが超絶不機嫌なのは、眠気だけではなくて起こし方に問題があるのかもしれません。自分で起きろよ!起こしてあげてるのに文句をいうとは何様だ!ってな気がしないでもないですが、「彼氏に好評な起こし方」を聞いてみました。

1.朝エッチ

「朝エッチすると起きてくれます!私も目が覚めるし一石二鳥♪」(20歳/学生)

圧倒的にいい気持ちで起こしてあげられるのが、朝エッチみたいです!目覚ましがわりに一戦交えるのも手ですね。朝の眠い時間に求められる女子のほうは「うげ、まだ寝てたいのに・・・」というのが本音かもしれませんが、くっついて寝ているといつの間にか彼を刺激しているときも。目を開けるとやる気満々、爛々と目を光らせパッチリお目覚めになっているカレがいるかも。

2.マッサージ

「足とか肩をマッサージしてあげると、時間はかかるけど起きてくれます。昔は布団をはがして強制的に起こしてから朝から険悪ムードでした。」(23歳/不動産)

足つぼや肩こり解消のマッサージは、半ば暴力的に布団をはがしたり体をゆすりにゆすったりする強制朝起こしよりも、圧倒的に彼女の優しさを感じるのかもしれません。起こしたい時間の十分前くらいから、優しく声をかけながらマッサージをしてあげると、気分よく起きてくれるのだとか。なんか手間がかかりますね。ちょっとめんどくさい気もしますが。

3.くすぐり

「目は覚めてるけど起き上がりたくないなーってぐずってるときは、こちょこちょ攻撃します!ふたりで朝から大騒ぎになりますよ!」(20歳/学生)

子供か?って感じですが、こちょこちょはされると目がさめるけど、嫌な気持ちがしなくてじゃれあってる感じがして楽しい!のだそうです。これは短時間でばっちり起こすことができそうですね。エッチやマッサージがめんどくさくなったらくすぐって誤魔化しちゃう、なんてのはどうでしょう?

4.密着起こし

「ペターってカレに胸を押し当てたり足を絡ませて、カレがちょっとやる気になったら、『続きはキッチンでねー』って言って起こしてます!」(25歳/人材)

朝エッチに持ち込むと見せかけて、起こす。とても効率的!体力と時間の節約になります。朝エッチ好きのカレにはこのフェイントは不機嫌のもとになりかねませんが、電車がヤバイ!という日はこの「続きはウェブで!」的な方式で省略しちゃいましょう。

5.日光や匂いで起こす

「カーテンを開けて、バタバタ歩き回って、キッチンでわざと音を立てながら料理をして、カレの鼻の前に出来立てトーストを持っていけば、ムクッと起き上がってくれます」(28歳/営業)

視覚、聴覚、嗅覚を順番に刺激していく方法。これなら朝の準備をしながらカレを起こすことができちゃいますね。大げさに忙しい感じで大きな音をたてれば効果的かも。朝の食欲を刺激しまくって、眠気を打ち負かしましょう。

おわりに

朝起こしに失敗して、朝っぱらから険悪ムード。そこから満員電車に乗るなんて嫌な気分も倍増です。お互いいい気分でお目覚めができれば、明るいスタートがきれます!明日から早速試してみてください。

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事