2014.09.17

非モテの個性!男性が敬遠するファッション・6選


人それぞれ、ファッションにはこだわりがあるものです。しかし、男性が恋愛対象として考えるとき、あまりに強烈なインパクトを与える見た目だと敬遠されやすいようです。今回は、男性が引いてしまうインパクトの強いファッション要素を6つ紹介いたします。

1.タトゥー

「入ってるだけで恋愛対象外。カワイイと余計に残念な気持ちになる」(30代/会社員)
「いいなぁと思う人がタトゥ入ってるって知ると、急にコワくなる」(20代/SE)

タトゥーを避ける男性は多いです。女性でタトゥというのがかなりの印象を残してしまうようですね。関わり合いを避けたいという男性の意見も少なくありませんでした。普段見えなくても、じつはタトゥーが入っているというのも悪い意味でギャップになることが多いようです。

2.ヘソピアス・舌ピアス

「ふつうに耳に付けてるならまだしも、舌に入ってるってなんかヤバそう」(20代/アパレル)
「痛そうだし、そういうトコロにピアスするって危険な感じがする」(10代/学生)

タトゥー同様に、これも嫌がる男性が多いようです。軟骨にピアスを入れてるのも苦手な男性は少なくないので、おへそや舌に入れてるとなるとさらにハードルが上がるようです。「清楚な女性が舌にピアスを入れてて、イメージが総崩れした」と嘆いている男性もいました。

3.奇抜な服装

「一緒に歩いてて周りの目が気になってしまいそう」(20代/専門職)
「僕なんかじゃ釣り合わない気がする。価値観も合わないだろうし」(20代/SE)

奇抜な服装が避けられる理由は、「自分と同じ価値観ではなく、合わないから」というのが総じていえるようです。モード過ぎたりカラフル過ぎるのはもちろん、カジュアルであってもオシャレすぎると奇抜な服装と同様に心が折れてしまう模様。コスプレのような格好も同じように苦手とされます。

4.派手な髪色

「せめて明るい茶髪とかにしてほしい」(20代/アパレル)
「金髪でも気が引けるのに、赤とか青とかピンクの髪してるとゼッタイ合わない自信がある」(10代/学生)

服装同様、インパクトが強すぎて価値観のズレを感じるようです。「なにか闇を抱えてそうでコワい」という意見もありました…。「虹色の髪を見たときはやり切っててある意味清々しい」という意見もありましたが、恋愛対象になるかと言われれば別なようです。

5.個性的な髪型

「刈り上げて短髪な人見たけどだと、とにかくイカツイ。女性っぽくないし性格も強そう」(30代/クリエイティブ系)
「ドレッドの知り合いいて、たしかに似合ってる。けど女と思えない」(20代/美容師)

女性らしさが感じられないのが避けられるようですね。可憐であったり清楚なイメージの髪型を好む男性は多いため、女性らしさとかけ離れた印象のヘアスタイルは万人受けはしないです。また、モード過ぎる髪型や極端にボリュームの多いお姫様のような髪型も敬遠されるようです。これも価値観の違いや性格のズレを感じるからでしょう。

6.キツイ化粧

「目力が強烈な人って苦手です」(30代/SE)
「インパクトが強すぎる。真っ赤な口紅とか、それだけで近寄りがたい印象」(20代/会社員)

アイラインを太くし過ぎると目の印象がキツくなり、コワいから近寄りにくくなるという意見です。真っ赤なルージュもキツイ印象になるから避けられるようですね。また、白塗りのファンデーションも生気が感じられなくてコワいという意見がありました。ナチュラルで柔らかい印象の方がウケはいいでしょう。

おわりに

ファッションは個性を表現するため、さまざまな魅せ方があるのは魅力的だと思います。しかし男性からモテたい場合は、その豊かなファッション表現が仇となってしまう可能性があります。ウケやモテなど関係ない、自分の価値観と合う人と一緒になれればいいという方はもちろんステキです。実際に、個性的な表現だからこそ好きだという男性意見もありました。
とはいえ、残念ながらそれは少数の意見。万人受けを狙いたい方はあまり強い表現を避けた方がよさそうです。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事