つい追っかけたくなる!ねこ系女子に魅了される男性のホンネ・6つ


感情が読み取りにくく、行動にもナゾを感じさせるミステリアスさが魅力な猫。
その猫ちゃんのような魅力を放つ女性は、追っかけたい願望全開の男性をどんどん虜にしちゃいます。

いったいどうして、猫っぽい女性は男性の心を惹きつけるのか?
そのナゾを解明していきましょう。

1.「全然なつかねぇ・・・」

「こっちに愛想振り撒くわけでもなく、自由気ままな感じが魅かれるんですよ。なんか『意地でも振り向かせてやりてえ!』って感じです」(20代/アパレル)

男性に媚びるのではなく、自分の気持ちで動いている人って気になっちゃうみたいですね。
ハードルの高さに燃える男性のプライドをガンガン刺激するようです。

2.「読めん・・・」

「掴みどころがなくて何考えてるか分からないんですよ。それでいつの間にか、勝手に相手のこと気になっちゃって。どんどんハマっていっちゃうんですよ」(20代/営業)

ナゾめいた女性の魅力ですね! 猫っぽい女性って「いつもなに考えてるんだろう?」って気になりますし。それは男性も同じのようです。
つかみどころのなさ、ミステリアスさは上品さにもつながるのかも。

3.「急に甘えてきた!?」

「いつもそっぽ向いてるのに、急に寄り添うような態度とらないで!急に頼らないで話しかけないで…惚れちゃうじゃないか…」(30代/SE)

この落差! うまいですね。
いつもはツンとしてる女性がいきなり話しかけてきたり、楽しげに話していると「あれ、今けっこう距離感近くね?」と気持ちの縮まった喜びを噛みしめられるようです。
しかも頼られるとなったら、男性のテンションは急激に上がります。「俺を頼ってくれた!?」という風にね。

4.「そんな風に笑うの!?」

「クールで近寄りにくい雰囲気なのに、たまにすごく笑うときがあるんです。ああ、こういう風に笑うんだな…って、思わず見とれてしまうんですよ」(20代/専門職)

普段感情の変化があまりない人が笑うと、ギャップに胸が苦しくなっちゃうとのこと。
猫が無邪気な一面を見せてると「キャー!カワイイ!」って気持ちになりますもんね。それと似た気持ちなのかも。

5.「不思議なことに…」

「なぜか猫っぽい人って、他人を不快にさせないんですよ。自己中とかワガママとは違う感じなんですよね。マイペースだけど、空気はちゃんと読んでるというか…」(30代/商社)

これが一番大切なのではないでしょうか。
ただの自己中ワガママな女性と一線を画してる重要ポイントです。絶妙なさじ加減によって、じつは男性を思うがままに操っているのかも?

6.「不安にさせるなあ…」

「猫系女子って、なんか不安にさせるんですよね。俺じゃなくてもいいのかなと、何はなくても不安が煽られる。
だからこそ、自分を磨いておかないと彼女に捨てられちゃいそうって思ってなんでも頑張れるんですよね。」(20代/医療)

確かに、猫系女子って何を考えているか読めないですよね。だからこそ相手は不安になってしまう。
でもそれがいい!という意見も多数でした。猫系女子のみなさんは、のんびり気ままに相手の心をもてあそんじゃえ!

おわりに

「マイペースだけどけっして自己中ではない」「クールだけど冷血ではない」「媚びないけれどイヤな気がしない」
この絶妙なバランス感覚がカギを握ってそうです。
猫っぽさを少しでも手に入れられれば、男性に「こいつ追いかけてえ…」と思わせることができるかもしれませんね。

(大西 薫/ハウコレ)