2014.11.27

話し合い必須?男性が「好きな人と会わずに耐えられる日数」・トップ5


好きな人とはたくさん会いたいものですよね!できるなら毎日会いたいって女性も多いんじゃないですか?

「会えないなんてガマンできない!毎日でも会いたい!彼だってそのはず!!」という気持ち…果たして男性も同じでしょうか?もしおたがいがガマンできる頻度に大きなズレがあると、男性の重荷になる原因になるかも?

そこで、今回はgooランキング『好きな人と会わずに耐えられる日数は?』を元に、男性が恋人に会わなくても平気な日数とその理由について紹介します。彼のタイプに合わせて、お互いのちょうどいいスパンを見つけてみては?

第5位.「1か月」

「できることならもっと会いたいけど、耐えられる日数を言われたら1か月ですね。それ以上会わなかったら不安になりますし、かといってこれくらいガマンできないのも男としてどうかと思います」(30代/商社)

けっこうな長丁場なのがきましたね。とはいえ、ガマンできる限度が1か月という意見が多かったです。ガマンせずに「会いたい」って一言言ってくれれば全然いいんですけどね。
でも、女性のことを考えてそれだけ待ってくれる人って、ステキですよね。

第4位.「1日」

「けっこう寂しくなるタイプだから、できるなら毎日会いたい。というより、だから同棲してるんですよ。俺一途なんで、好きな人ができた途端に『会いたい!』って気持ちになるんですよね」(20代/大学生)

これはまた寂しがりな意見が出ましたね、しかもけっこうな人数がいます。
これはいっぱい会いたいという女性とはとても馬が合いますね。逆に女性側が「いや、今日はちょっと…」ってなりかねないくらいです(笑)。

第3位.「3日」

「週に2回会えるのが理想だから、3日がいいかな。週1だと空きすぎてる感じだし。だって好きな人でしょ?だったらそれなりのスパンで会いたいですよ。」(20代/アパレル)

ほどよいスパンの意見ですね。女性的にもこれくらいがちょうどって方、多いんじゃないですか?

逆に言えば、このくらいにスパンを求めている男性に「毎日会いたい♪」っていうと、ちょっと迷惑がられる可能性もあります。そこは男性側の会いたいペースを考慮しつつ、というのが賢明ですね。

2位.「会わなくても平気」

「正直、向こうから連絡こなかったら会わなくても平気ですよ。こっちから連絡しようってあんまり思わない。付き合いたてなら結構な頻度で会いたいって思うんですけど、それなりに時間が経つと友達との時間や、一人の時間が大事になりますし」(20代/美容師)

これ一瞬ヒヤッとしませんか?よくよく聞くと、会いたくないわけでも愛が冷めてるわけでもなく、ある程度付き合った状態なら自分の時間を大切にしたくなる、ということのようです。

こういう男性には、「会いたい会いたい!」っていうのはかなりキケンなので、ちゃんと話し合った方がいいですね。

第1位.「1週間」

「週一で会えればそれなりに関係を感じられるし。くっつきすぎず、離れすぎずでいい感じのペースかなって思います。それ以上空くとだんだん寂しくなるし、それより短いスパンで会い過ぎるとちょっとメンドウに感じる可能性ありますね」(30代/クリエイティブ系)

一番多いのがこの1週間です。1週間のうちに何度か会いたいという人もいれば、週一がちょうどという方もいるなど、人によってバラつきがありました。

でも、「週末に会う」とか「仕事や学校が休みの日に会う」という感じで、スケジュールが合わせやすいし、習慣化もしやすいポイントとも言えますね。

番外編.「1日も我慢出来ない」

「彼女が出来たら、会えない日が1日もあるなんて耐えられないですね。だから、毎回彼女とはすぐに同棲するんですが『重たい』って振られることが多くて。付き合ったら好きな人と常に一緒にいたいって、おかしいんですかね?」(30代/製造業)

なんと、中には1日会えないだけでも耐えられないという男性も。こういった回答はさすがに少なかったですが、全くないというわけでありませんでした。

毎日仕事の時間以外は常に一緒にいるということを希望する女性であればぴったりの男性かもしれませんが、彼氏がいても自由にしたい気持ちが強い女性だったら、疲れてしまいそうですね。

おわりに

1位の期間は目安にしておいた方がよさそうですね。1週間ぐらいは会わなくても平気って人が多いということなので、あまりにこっちから「毎日会おうよ♪会おうよ?会おうよ!!」ってなると、亀裂を生みかねません。
自分側の会いたい気持ちだけで暴走するのではなく、お互いの気持と生活スタイルと相談しつつ、うまくコントロールするのがよさそうです。

(大西 薫/ハウコレ)

参照:gooランキング『好きな人と会わずに耐えられる日数は?』

関連記事