話しているカップル

2016.05.09

自分の話ばかりする男性の心理と対処法

みなさんは、自分の話ばかりする男性に出会ったことはあるでしょうか。自分の話ばかりされると、女性からしてみればうっとおしく思うこともありますよね。
しかし男性は、うっとおしがられると分かっていても自分の話ばかりしてしまうことがあります。それはなぜなのでしょうか。
今回は、自分の話ばかりする男性の心理とその対処法についてご紹介していきます。

男女は「恋愛モードでの会話スタンス」が逆

当たり前ですが、男性も女性も、恋愛対象だと感じている相手と、そうでない相手とでは、会話しているときの態度や話の内容が違ってきます。ただ、女性と男性とでは、それが逆なんです。女性は、相手を恋愛対象として意識していないとき、つまり進展を期待していないときほど、自分のことをベラベラしゃべる傾向があります。一方、男性はその逆です。「好みだな」「もっと近づきたいな」と感じた時ほど、自分のことをしゃべります。結果、自分の話ばかりする男性と化してしまうのです。つまり、自分の話ばかりする男性というのは、あなたに気があるという証拠です。

自分を選んでほしいから

たとえば初デートで、相手が自分の話ばかりする男性だった場合、「なんでこんな話に付き合わなきゃいけないの?」と、女性サイドはゲンナリしてしまいますよね。ですが、そこは一度グッとこらえてみましょう。なぜなら、自分の話ばかりするのは、あなたへのアピールだからです。男性は、どうでもいい女性には自分の話なんてしません。自分を選んでもらいたいから、必死にアピールした結果、自分の話ばかりする男性になってしまうというわけです。そう思うと、普段はうざったい自分の話ばかりする男性も可愛らしく見えてきますね。

あなたを特別視しているから

自分の話ばかりする男性は、あなたを特別視する心理がはたらいている可能性もあります。「今日、部署でこれこれを決める会議があったんだけど、結局まとまらなくて明日も会議することになって」「先週は◯km走ったので、今週は△kmを目指したいんだけど」なんて話を男性からされると、正直女性はどうでもいい……!! と、心の中で叫んでしまうことでしょう。しかし、これも彼があなたを特別視している証拠なのです。男性は好きな女性に自分の行動や今日の出来事を報告したがる習性があります。男性は女性と違い、自分に起きたことを誰にでも気軽に話せるわけではありません。話したいと思える相手は貴重なのです。知らんがな!とツッコミを入れたくなるような自分の話ばかりする男性は、あなたに特別な気持ちを抱いていると考えましょう。

対処法:楽しそうに聞いてあげる

自分の話ばかりする男性に対しては、あなたがその男性をどう思うかで対処法を変えていきましょう。自分の話ばかりする男性ではあるけれど、あなたも少し「いいな」と思っている男性であれば、楽しそうに聞いてあげるのが一番です。時には質問なんかしてあげると喜んで自分の話をしてくれますよ。おしゃべりするのが苦手という女性にとっては、たくさんお話をしてくれる男性の存在はありがたいことでしょう。上手く相手を乗らせるのもひとつの手です。その男性ともっと仲良くなりたいという人は、ぜひ楽しそうに聞いてあげてみてください。

対処法:スマホをいじってつまらなそうにする

自分の話ばかりする男性に対して、うんざりとした気持ちでいるという人は、思い切ってそのつまらないという感情を表に出してしまいましょう。もしかするとその男性は、あなたが楽しく話を聞いてくれていると勘違いしている可能性があります。そうなると自分の話ばかりするのがエスカレートしてしまいかねません。そうならないためにも、あなたの話は面白くないということを伝える必要があります。
たとえば、自分の話ばかりする男性が話し始めたら、スマホをいじってみるのはどうでしょうか。そうすることで自分の話ばかりする男性も、自分の話はつまらないのかもと察することができます。

おわりに

いかがでしたか?今回は、自分の話ばかりする男性の心理とその対処法についてご紹介してきました。自分の話ばかりする男性は、女性からしてみると少しうっとおしい存在であるかもしれませんが、実はあなたに好意をもっている証拠であることが多いということが分かりました。また自分の話ばかりする男性への対処法は、あなたがその男性をどう思うかで変えていかなければなりません。もしもその男性のことを「いいな」と思うのであれば、あなたが聞き上手になるもよし、あまり関わりたくないのであれば冷たい態度をとるもよし。
あなたの気持ちに合わせた対処法を試みましょう。

関連記事