外国人女性

2012.04.05

女友達が泊まりに来る!?男性の心理と対処法を紹介!

終電を逃したり、バイトで遅くなって家に帰れなくなったりして、男友達の家に泊まることってありますよね。大学や社会人になったら結構ありがちなシーンだと思います。女友達が泊まりに来ると、男性は色々な心理状況になってしまいがちです。そこで、今回は男性が女友達が泊まりに来た時の心理状況を紹介しながら、一線を越えないためにどうすればいいのかを解説していきます。

男性の心理:いつかは手を出したい

女友達が泊まりに来る理由というのは様々ですが、事前に連絡してくるケースは少なく、急に泊まりに来ることが多いです。「終電を逃した」という理由がメインでしょう。女友達とはいえ、一人の女性ということに変わりはありませんから、友達だと意識していてもいつかは手を出したいと思っている男性もいるようです。距離感も近く、一緒に寝ると体が触れる距離にいるからこそ、そういう心理状況が生まれます。女性は「泊まれる」男性は「欲を満たす」という考えになるケースが多く、泊まりにきた女友達といつかはそういう関係になりたいと欲を抱いているのです。しかし、手を出してしまえば関係が終了する恐れもあるので、中々手を出さないのが男性の本音です。

男性の心理:正直迷惑

男性の立場からして、女友達が泊まりに来ることに若干迷惑だと感じている人もいるようです。理由はどうあれ、一人で帰らせるのも申し訳ない気持ちになり、渋々泊まりに来させることになった場合、男性は色々考えてしまうのです。「一緒に寝るかもしれない」「その気があるかもしれない」など、女友達は単に泊まりたいという気持ちしかないので、何も思っていませんが、男性は変に勘ぐりをしてしまうのです。モヤモヤした状況が続けば、気づいたら朝になっているということもあるようです。単に泊まりに来るという目的で、家に訪れるというのは男性からしたら結構迷惑だったりします。

男性の心理:女性に対する危険視

どれだけ、仲の良い女友達が泊まり来たとしても、手を出すことはないと決めている男性もいます。仲良かったとしても、泊まりに来ること自体に抵抗する人も多いようで、貞操観念が低いと思う男性もいるようです。その気で最初から泊まりに来ているのであれば問題ないですが、単に「泊まりたい」という理由で押しかけているのであれば、友達とはいえ危険な女性だと思ってしまう人もいるようです。よほど親しくない限りは、そういう考えが生まれてしまうのも訳ありませんよね。一緒にベッドで横になっているくらいですから、そういう雰囲気にならない方がおかしいです。

一線超えないために:エッチはNG

女友達として男性の家に泊まりに行くときは、一線を越えないようにしなければなりません。友達としての関係を継続したいのであれば、余計に超えてはいけないラインです。エッチをしてしまうと、友達に戻ることはできなくなり、下手すると相手のことを好きになっているかもしれません。どれだけ仲が良くても、一気に関係性が崩れてしまうので、泊まり行った時はエッチをしないということを心に止めておきましょう。女友達として地位を確立しておきたいのであれば、同じベッドで寝ることはせず、友達でいたいという意識を高めながらエッチをしないようにしましょう。

一線超えないために:女の子扱いをしてもらう

女友達としての立場を確立したいのであれば、あくまでも男性に女の子扱いをされるような態度でふるまわなければなりません。泊まりに行くということは、相手にスッピンを見せる可能性にもなります。「友達なら別に見せてもいいや」と思うこともありますが、友達だからこそ見せてはいけないのです。関係を継続させるためにも、男友達から引かれないようにあくまでも女の子としての扱いを受けるような面持ちで泊りましょう。
女性として見られるとエッチにつながることも考えられますが、それと話は別です。あくまでも、女友達として泊りに行っていることを忘れてはいけません。

一線超えないために:彼女持ちの男性はNG

仮にも、相手に彼氏がいる場合は、泊まりに行くのは絶対に控えましょう。彼氏がいるのに、男友達を泊まらせているようであれば、それはあまりにも貞操観念が低すぎます。それに、彼女がいる男性に「泊まりたい」といってしまうと、その時点で友達関係が決裂してしまうことがあります。相手の彼女の立場を考えると、どれだけ仲良かったとしても、嫉妬してしまうことでしょう。
女友達としての理解を深めるために、単に「泊まりたいから」という理由で、泊めてほしいというのは間違いです。くれぐれも、彼女もちの男性を誘わないようにしましょう。

一線超えないために:早めに帰るようにする

男友達の家に泊まったときは、あくまでも早く帰ることを心がけましょう。目的が「泊まりたい」という理由なら、始発が出る時間帯の朝方に帰るのが理想です。遅くまで男友達の家に居てしまうと、流れからエッチに誘われてしまうケースも大いに考えられるのです。女友達として関係を継続させたいなら、そういう面で一線超えるのは間違いです。
女友達として、泊まりたいという理由以外に何かしらの理由があるのであれば問題ありません。しかし、関係を崩したくないのならおとなしく朝方に家に帰るのがベストです。そっと帰ってあとでライン等で断りと感謝の気持ちを伝えておけば問題ありません。

おわりに

女友達が泊まりに来るというのは、男性からするとやはり期待感を抱いてしまうものです。欲望を満たしたいという理由で泊めている可能性も大いに考えられます。しかし、その男友達の欲望に乗ってしまうと、友達関係は一気に崩壊してただのセフレになってしまうでしょう。女友達として、関係を継続させたいのなら、相手の欲望に身を任せないことです。
あくまでも「ただ泊まる」ということ。それ以上の目的はないので、泊まりに行くことがあれば、そういう雰囲気になってもエッチは絶対にしないことをオススメします。

関連記事