2019.08.28

すれ違いを感じたら別れが近い?すれ違いの原因と対策法

付き合い始めた当初は、お互いの気持ちも盛り上がり上手くいっていた関係も、時間とともに気持ちが変化していきます。

すれ違いも多く、不安におちいることもよくあることでしょう。特に遠距離恋愛ではコミュニケーション不足によるすれ違いが起こりやすく、「このままでは別れてしまうしまうのでは...」と心配になる人は多いことでしょう。

今回は、彼氏とのすれ違いで別れてしまうのでは?と不安になる原因や、すれ違いを未然に防ぐ方法、解決方法をご紹介します。

彼氏とのすれ違いが起こる原因


付き合い始めはお互いを想う気持ちも強く、なにより恋人のことを優先するため、関係は上手くいきます。

しかし、付き合ってからある程度の時間が経つと、関係に慣れてくることがあり、徐々に盛り上がっていた気持ちも落ち着きます。そのため、一緒に過ごすことや付き合っていることが普通に思えてくるのです。

そうなってくると、徐々に気持ちも変化し、すれ違いが起こります。相手の心に対する不安や不満が増大していき、やがては別れの原因となることもあります。

すれ違いが起こることにより、別れたいという思いが芽生える人。逆に、まだ相手のことが好きで別れたくない人からすれば、別れることへの不安で悩んでいる人もいるでしょう。

別れてから後悔する前に、まずは彼氏とのすれ違いが起こる原因から考えていきましょう。

会う時間がない

すれ違いが起こる最も多い原因は、会う時間がないことです。
いくら忙しくても、付き合い始めた頃は、無理してでも恋人と会う時間を作っていたはずです。

会わなければ自然に気持ちが離れていくのは当然のことで、会わなくても平気になっていってしまうのです。

会う時間がないのは遠距離恋愛をしているカップルに多く、会わないことですれ違いが起こり別れる、典型的なケースでしょう。最初はこまめに連絡をとっていても、会う時間がないため、連絡も少なくなっていく。それが遠距離恋愛をしていて別れたというカップルのパターンです。

友達や趣味を優先する

彼氏との恋愛に慣れ、いつも一緒にいたいという気持ちから、友達や趣味を優先するようになるのも、すれ違いが起こる原因となります。

それは自分の気持ちを優先してしまっているということで、彼氏の気持ちを考えていないということになります。彼女が自分の友達や趣味を優先すれば、彼氏からすると「会いたい」という気持ちがあったとしても、不満に思うことでしょう。

その不満がつのっていくことで、心のすれ違いに繋がります。やがて、彼氏が「別れたい」という気持ちになってしまうことも考えられるでしょう。

価値観が合わない

お互いの価値観が合わないカップルも、すれ違いが起こり別れる要因になることが多いでしょう。

価値観が合わない恋人とは、時間が経つと一緒にいることもつらいと感じるようになったり、相手に嫌悪感を抱いたりすることもあります。自分の価値観だけを押し付けず、相手に合わせるということも大切です。

コミュニケーション不足

会う時間を確保することももちろんですが、コミュニケーション不足にならないように、普段からささいなことでもコミュニケーションをとることが大切です。

コミュニケーションが不足すると、それだけ心の共有ができなくなります。近くにいたとしてもすれ違いが起こり、別れる確率も高くなります。

遠距離恋愛では会う時間が少ないため、特にコミュニケーションをしっかりとらなくてはいけません。遠距離恋愛で別れる確率が高くなるのは、会わないことに加えてコミュニケーション不足になるからです。

マンネリ化

一定期間付き合っていると、一緒にいるのが当たり前になり、やがてマンネリ化していきます。いつもと同じようなことばかりが続き、新鮮さがなくなるからです。

それが、「一緒にいてもつまらない」という気持ちと繋がってすれ違いを生み、「別れたい」という思いを芽生えさせるキッカケになるのです。

すれ違いを未然に防ぐ方法

さまざまななことが原因で起こるすれ違いですが、最初はちょっとしたことからやがては大きなすれ違いとなり、別れてしまうということも少なくありません。

では、どうすればすれ違いを防ぐことができるのでしょうか。そこで、すれ違いを未然に防ぐ方法をご紹介します。

相手の話をじっくり聞く

《コミュニケーションをしっかりとる》という意味でも、相手の話をじっくり聞くことが大切です。相手がいまどう思っているのか、どうしたいのかをきちんと聞いてあげましょう。

遠距離恋愛でつらい時期でも、お互いに相手の話をじっくり聞くことで、心の距離は近くなるはずです。

「ごめんね」「ありがとう」を忘れない

どんなに親しい間柄だったとしても、「ごめんね」や「ありがとう」は忘れないように伝えましょう。相手を大切にする気持ちを忘れないということです。

どんなにささいなことでも謝ることや感謝の気持ちを伝えることで、一緒にいることが当たり前ではない、付き合い始めた当初の恋愛感情を持続させることができるでしょう。


根に持たない

女性に多いのが、前に喧嘩した内容をいつまでも根に持ち、彼氏に不満を感じたときにそのことを蒸し返してあたることです。

男性はそういう女性を面倒くさいと思う人が多いため、すれ違いが起こる原因にもなります。そのため、済んでしまったことは根に持たないようにしましょう。

彼氏のことを愛しているからこそ根に持つのかもしれませんが、すれ違いを生んで別れないためにも我慢して心にしまっておくことも大切です。


彼の良いところにフォーカスする

すれ違いが起きて別れる、なんてことにならないように普段から彼の良いところに注目するようにしましょう。

人には誰にでも良いところと悪いところがあるものです。付き合いが長くなると、どうしても悪い面が見えてきます。ですが、それと同じくらい良い面も見えてくるはずです。

悪い面ばかりを指摘すると、相手はいやな思いをしてしまいます。良い面を伝えるようにすれば、彼は嬉しくなることでしょう。そうすることですれ違いも起きにくくなり、愛も深まります。


すれ違いが起きてしまったら試してほしいこと

考え方も、育った環境も違うふたりが付き合うのですから、すれ違いが起きてしまうことはあるでしょう。だからといって、別れたくないのに諦めてしまっては後悔するかもしれません。

そこで、すれ違いが起きてしまったときに試してほしいことをご紹介していきます。


会ってじっくり話し合う

すれ違いが起き、彼からの別れたいサインや冷めたサインを感じた場合は、近くにいようと遠距離だろうと、とにかく会ってじっくり話し合うことです。

別れたくないのであれば、最終的には話し合うこと以外に解決はできません。

趣味や仕事など彼氏以外のことに集中する

遠距離恋愛や忙しくてすぐに会えない場合は、不安も大きくなります。そんなときは心を落ち着かせるために、趣味や仕事など《彼氏以外のこと》に集中するのも大切です。
遠距離恋愛ですれ違いが起きた大学生などは、すぐに会いに行くことも難しいかもしれません。まずは心を落ち着かせて冷静に話し合えるようにしておきましょう。


自分の気持ちを正直に話す

彼から別れたい気持ちを感じた場合には、「別れたくない」という正直な自分の気持ちを話すことが大切です。もしかしたら、彼は彼女の本当の気持ちが知りたかったのかもしれません。

それを「別れたい」というサインで試した可能性もあります。

同棲や結婚を考えてみる

お互いに将来が不安という理由で、すれ違いが起きることもあります。その場合は、関係を前進させるためにも思い切って同棲や結婚も考えてみてはいかがでしょうか。

遠距離恋愛でゴールが見えないのはつらいもの。すれ違いが起き、そのまま別れる時期を待つよりも、相手から別れ話をされる前に勇気を持って会いに行き、同棲や結婚について話してみましょう。


距離を置く

彼から別れたいというサインや冷めたサインなどを感じた場合、別れないにしても距離を置くのも手段です。心がすれ違ったままの関係を改善させるためには、リセットすることも大切です。そうすれば、新たな気持ちでやり直せる場合があります。

遠距離恋愛や大学生の恋愛では出会いも多く、「本当にその人が好きで別れたいのか別れたくないのか?」といった自分の本当の気持ちを知るキッカケにもなるでしょう。

別れることも考える

つらいかもしれませんが、別れるべきときにはスパッと別れることも考える必要があります。相手の気持ちも冷めて別れる時期が来たなと感じたときは、心も通わず、そのまま付き合っていても意味がありません。

別れた後に、相手も《本当の気持ち》に気づき、復縁するというケースもあります。別れてから復縁すると気持ちも改まり、以前より良い関係を築けるはずです。

まとめ


今回は、彼氏とのすれ違いで「別れてしまうのでは?」と心配しているとき、すれ違いの原
因や対処法についてご紹介してきました。

ちいさなことからすれ違いが起き、やがて別れることになって後悔している。なんて結果にならないためにも、彼とのコミュニケーションや一緒にいる時間を大切にしてくださいね。

たとえ遠距離恋愛であっても、普段からお互いの気持ちを大切にし、いつまでも別れることのないステキな関係を築いていきましょう。(探偵N/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事