2019.09.24

好きな人に連絡先を聞けない…上手に連絡先を聞く方法とは?

好きな人との距離を縮めるためには、連絡先を聞いて直接やり取りするのが一番。連絡先がわかればデートに誘ったり、ふたりだけの話もできます。

でも好きな人に連絡先を聞くのは勇気がいりますよね。「恥ずかしくて聞けない」「断られたらどうしよう」と不安な女子も多いはず。

そこで今回は上手に連絡先を聞く方法やLINEを送るときのポイントをご紹介します!

好きな人の連絡先を上手に聞く・交換する方法


好きな人に連絡先を聞くときは、不自然にならないように上手く聞き出すテクニックが必要になってきます。「そんな難しいことできない!」と思う女子もいるかもしれませんが、実は少しの工夫で会話の流れを変えることができるんです。

まずは好きな人と連絡先交換ができる方法をご紹介します。これからお伝えするテクニックを試せば、意外とすんなり連絡先がゲットできるかもしれませんよ。

最初はSNSで繋がる

好きな人と普段から話す仲でなければ直接連絡先を聞くのは難しいですよね。まずはSNSで繋がって、好きな人との距離を縮めましょう。TwitterやInstagramで彼の投稿にいいねやコメントをつけて、反応を待ちます。

運が良ければ好きな人からがフォローが来て、そのまま仲良くなれるかもしれません。相手から友達申請が来なければあなたから申請をして、一緒にメッセージを送っておきます。

メッセージを送る理由は、SNSはニックネームで登録している人が多いため「これ誰だっけ?」となってスルーされるのを防ぐためです。

好きな人に連絡先を聞くのは勇気がいりますが、友達申請ならハードルが下がりますよね。ある程度時間がかかっても構わないならSNSから攻めてみましょう。

飲み会を理由に聞き出す

バイト先や同じサークル内に好きな人がいる場合は、飲み会を理由にして連絡先を聞いてみるのもおすすめです。飲み会があるならお店の場所や予算をみんなに連絡する必要がありますよね。「今度の飲み会の詳細送るから連絡先教えて?」といえばすんなり教えてくれるはずです。

「〇日までに飲み会のことを連絡したいから」と期限を決めておけば、連絡先を聞いてスルーされる心配もないでしょう。

写真・動画を送ることを理由にする

写真や動画を送ってもらったり、反対にあなたから送ったりすることを口実に連絡先を聞く方法もあります。相手がカメラロールを見ているときに「その写真素敵だね!送ってよ~」と言ってみましょう。「じゃあLINEのID交換しようか」と自然に連絡先交換をする流れになるかもしれません。

「好きな人の連絡先は気になるけれど、そんなこと聞けない!」という場合は集合写真や大事な動画が消えてしまったことにするのもひとつの手です。

「この前みんなで撮った写真間違って消しちゃったみたい……」といえば連絡先交換のきっかけ作りになりますよ。

スマホをなくしたフリをする

好きな人とふたりきりのときなら、スマホがなくなったフリをして電話をかけてもらうのもおすすめです。「ちょっと電話かけてみてくれない?」と相手のスマホに自分の携帯番号を登録してしまいましょう。そのまま相手のスマホで電話をかければ、電話番号をゲットできます。

電話番号だけではなくLINEのIDを知りたいときは、スマホの電話帳とLINEの連絡先を同期しましょう。相手が友達の自動追加を拒否していなければ好きな人のLINEが友達候補に表示されるはずです。

友達も巻き込んでLINE交換する

好きな人と1対1で連絡先を聞く勇気がない人は、友達を巻き込んで全員でLINE交換をしてみましょう。好きな人の連絡先を確実にゲットするために、協力してもらえるか友達に聞くのを忘れないようにしましょう。

あらかじめ友達に言っておかないと「別に個人でLINEできるからよくない?」なんて言ってしまうかもしれません。全員で「よし!グループを作ろう」という流れに持って行くことが大切です。

スマホのゲームを口実にする

相手がゲーム好きなら、スマホゲームの話題を出すことで連絡先交換ができる可能性もあります。好きな人がゲームをしていたら、URLやダウンロード先をLINEで送ってもらいましょう。スマホゲームの中には、友達を招待するとポイントが貯まるものもあります。

相手にもメリットがあるので、比較的教えてもらいやすいはずです。

反対に、おすすめのゲームがあれば好きな人に教えてあげてもいいでしょう。好きな人に連絡先を聞けないという場合は「おもしろいゲームあるんだけどやってみない?」と聞いてみてください。

共通の話題を持ち自然に交換する

好きな人と共通の趣味や話題で盛り上がり、話しの流れで好きな人の連絡先を聞くのもいいでしょう。共通の話題で盛り上がるためには、ある程度相手の趣味のことを知っておく必要があります。

たとえば車が好きな人なら、人気の車種を調べたり相手の乗っている車のことを調べたりして下調べをしておきましょう。

その方が相手が話を振ってきても慌てずに済みますし、会話が盛り上がりやすくなります。場の雰囲気が盛り上がったところで「もっと話したいから連絡先交換しようよ」と提案してみましょう。好きな人もテンションが上がっている状態なので連絡先を聞かれてもイヤな気にはならないはずです。

悩み事の相談を理由にする

人には言えない悩みがあると言って連絡先交換を提案する方法もあります。男性は頼られるとうれしいもの。「相談したい」と女性から言えば、多くの男性は悩みを聞いてくれるでしょう。

好きな人に悩み相談をするときは、なるべく話が続くような悩みを考えておきましょう。すぐに答えが出るような悩みだと、すぐにLINEが終わってしまい、それきりになってしまうことも。できれば好きな人に「明日も話聞くよ」と言われるような話を考えておきましょう。

自分のLINEのIDを渡す

連絡先を聞く勇気がないのなら、自分のLINEのIDを書いた紙を渡して相手に判断を任せることもできます。好きな人に連絡先を渡すだけなら、互いの連絡先を交換するのとは違ってテクニックや交渉は不要です。

ただし、この方法だと確実に返事が来るかはわかりません。しかもあなたの気持ちに相手が気付いて、場合によっては彼の態度がよそよそしくなることもあり得ます。好きな人に連絡先を書いた紙を渡す前に、相手との距離感をしっかり見極めておきましょう。

小細工なしに勇気を出して聞く

あらかじめ連絡先を聞くテクニックを勉強していても、いざとなると頭が真っ白になることもあるでしょう。何も考えず、小細工なしで「連絡先教えてくれない?」とストレートに聞くと案外あっさり教えてもらえることもあるのです。

男性の中には相手の言いたいことを察するのが苦手で、連絡先を交換したがっていることに気付かない人もいます。あなたがさりげなく連絡先を聞いても、それに気付かずスルーされてしまうかもしれません。

好きな人との距離を縮めるために、勇気を出して聞いてみるのもひとつの手です。

好きな人に連絡先を聞くときの注意点


連絡先を聞くときは相手の合意をえたうえで教えてもらうのがマナーです。好きな人の連絡先を知りたいからといって人づてに聞いたり無理矢理聞き出すのはよくありません。

好きな人と連絡先交換をするときや、相手が連絡先を教えてくれたときはLINEの設定を確認して、スムーズに連絡を取り合えるようにしましょう。連絡先がゲットできても、メッセージが送れなかったらせっかくの努力が水の泡です。

ここでは好きな人に連絡先を聞くときの注意点を4つご紹介します。

小細工し過ぎない

先ほどご紹介した連絡先を交換するテクニックは、あくまで自然に聞くことが大切です。小細工をしすぎると、相手に嫌がられてしまう可能性もあります。

好きな人に連絡先を聞かれたいからといって誘導尋問のような質問を繰り返すと、相手が不審がるかもしれません。ほかにも、テクニックを意識しすぎると会話がぎこちなくなってしまいます。

テクニックも大事ですが、彼との会話が不自然にならないように注意してくださいね。

無理矢理聞き出さない

好きな人の連絡先を知りたいからといって無理矢理聞き出すのはNGです。好きな人から教えてもらえないからと、連絡先をほかの人に聞いて人づてにLINEを送っても「断ったのにどうして送って来るんだろう」と怖がられるでしょう。

一度聞いて連絡先交換を断られたら、何か教えたくない事情があるか、まだ相手との距離が縮まっていない可能性があります。無理に聞き出そうとするのはやめましょう。

自分の連絡先を教えていない

好きな人が連絡先を教えてくれても、あなたのLINEのIDを教えていなかったら彼にメッセージを送れないかもしれません。理由は、LINEのプライバシー管理でIDによる友だち追加を許可をオフにしているとID検索ができないからです。

また、LINEのプライバシー管理でメッセージ受信拒否をオンにしていると友だち以外からのメッセージは受信できません。

つまり好きな人が設定を変えていれば、メッセージを送れないことや送れても届いていない場合があるのです。好きな人が連絡先を教えてくれたときは、あなたのIDも忘れずに伝えましょう。

友だち追加をオンにしていない

LINEのIDを設定していない人や、その場でIDがわからず電話番号だけを交換することもあるでしょう。その場合、設定で友だちへの追加を許可をオンにしていないと電話番号から検索の検索も友だち追加もできません。

好きな人が連絡先を教えてくれたときはお互いが友だち追加をオンにしているか確認しておきましょう。

好きな人へ連絡!初めてLINEを送るときのポイント3つ


好きな人と連絡先交換に成功しても、いざLINEを送るとなると「どんな内容を送ったらいいの?」と悩んでしまいますよね。せっかく連絡先を交換できたなら、できれば会話を盛り上げて好きな人との距離を縮めたいものです。

ここでは、初めてLINEを送るときのポイントを3つご紹介します!

1.文章は短く

好きな人に初めてLINEを送るときはなるべく簡潔な文章を心がけましょう。長文のLINEは返信が大変ですし「毎回こんな長文なのかな……」と思われてしまう可能性も。

できれば3文くらいにまとめて、相手がすぐに返信できるようにしておきましょう。短い文章のほうがテンポよくLINEのやり取りができて、会話が盛り上がりやすいですよ。

2.明るい印象で

初めてLINEを送るときは好きな人に「この子とのLINEは楽しい」と思わせることが大切。明るい印象を持ってもらえるよう、適度に絵文字やスタンプを取り入れましょう。句読点だけのメッセージだとお堅い印象になってしまいますし、気持ちが伝わりにくくなります。

好きな人へのLINEならハートの絵文字を使うのもおすすめですよ。

3.共通の話題をする

LINEの返事が「わかった」とか「うん」だけだと会話が続かなくなってしまいます。なるべく長くLINEを続けるために、共通の話題を考えましょう。

忙しいときに興味のない内容のLINEが来ていると、返事が後回しになってそのまま忘れられる可能性もあります。好きな人が返事をしやすい話題を送ってみましょう。

まとめ


好きな人に連絡先を聞きたいときはテクニックを意識しながら、会話が不自然になったり無理矢理になったりしないよう気を付けましょう。

好きな人の連絡先を聞けないからといって待っているだけだと、いつまでたっても次のステップには進めません。それどころか、ライバルに先を越されてしまうかもしれません。

連絡先を聞くのは勇気がいりますが、恋を実らせるための大事な一歩です。少しでも可能性があるなら積極的にアピールしていきましょう。(ひかる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事