2019.11.04

遠距離恋愛で後悔しない上手な別れ方!気をつけたほうがいいポイントとは?

遠距離恋愛はなかなかは上手くいかないといわれています。なかなか会えない寂しさや辛さに耐えられないとか、好きな気持ちを持ち続けるのが難しいためです。恋人と物理的な距離があるというのは大きな障害になります。

「もう遠距離恋愛は終わりにしたい!」そう考えた時には別れ話を切り出す必要がありますよね。

今回は遠距離恋愛での上手な別れ方について説明したいと思います。遠距離恋愛で円満に別れる方法、別れる前に考えてもらいたいこと、遠距離でも上手くいくカップルの特徴などを紹介するので遠距離恋愛に悩む方の参考になったら幸いです。

遠距離恋愛で後悔しない別れ方が知りたい


別れを切り出すのはいつだって辛いですよね。下手な別れ方をしてしまうと後悔がついてまわるもの。遠距離恋愛も同様で別れ方ひとつで後悔することになりかねません。むしろ離れているからこその難しさがあるといえるでしょう。

遠距離恋愛では別れ話を切り出すタイミングや方法に気を使う必要があります。なるべく相手の傷を最小限にした別れ方をしたいですよね。下手な別れ方をしてしまうとトラブルの素になりかねません。後々に後悔しない別れ方をしたいものです。

遠距離恋愛の別れ方


ここでは遠距離恋愛での別れ方を、直接会って伝える方法と、会わないで伝える方法のそれぞれの利点や特徴、注意点を考えてみましょう。

会えるなら直接会って話す

遠距離でも会いに行くのが可能なら相手のいる場所まで出向いて別れ話をするべきです。フラれる方は傷つきます。せめて直接会うことが礼儀ではないでしょうか。それに同じ空間で話をする方が気持ちは伝わりやすいです。本当に別れたいんだという気持ちが伝わり、変な誤解を招かないで済みます。

注意点は相手が納得してくれないと本人が目の前にいるだけに非常に気まずいことですね。またこじれた時に途中で切り上げることができずに長期戦になる覚悟が必要になります。

会えないならLINEより電話が良い

相手が海外にいたり、かなり遠い場所にいたりすると直接会いに行くのが困難な場合がありますよね。相手が激高しやすいとか、顔を見るのが辛くてどうしても直接会いたくないという場合もあるでしょう。

直接会うことができない時の別れ方としてはLINEなどのメッセージを使って伝えるよりは電話をオススメします。文字だけで伝えられても本当の気持ちが伝わらないことも。直接会いに行くことができなくても電話なら別れたい気持ちが真剣だというのが伝わりやすいです。

遠距離恋愛の上手な別れ方


遠距離恋愛を終わりにする別れ方には事前のサインや伝え方などが大切です。それが上手くいけば円満に別れることができます。遠距離の上手な別れ方を考えてみましょう。

別れ話をする前からメールの頻度を減らす

何の前触れもなくいきなり別れ話をされると相手はびっくりしますし、急な話を受け入れることができないことも。別れ話をする前からLINEやメールの頻度を少しづつ減らしてサインを出してみましょう。

いきなり0にしてしまうと相手は心配してしまうので、初めは返信を遅くするなどして徐々にLINEやメールを減らしていくのです。段々連絡が少なくなってくると相手も「ひょっとして?」と別れのサインだと感づいて、別れ話をする時にスムーズに伝わりますよ。

別れを決めたならハッキリと別れを伝える

別れ話をする時はハッキリと別れたい気持ちを伝えましょう。気まずさや相手が怒りだしたら怖いと思う気持ちなどから遠回しな表現で伝えようとすると、相手に真剣な気持ちが伝わらなかったり、「別れたくない」と粘られたりして話がこじれてしまうことも。

ここは心を鬼にしてハッキリと「別れたい」という気持ちをぶつけましょう。別れる理由なども正直に伝えましょう。「悲しませたくない」とか「私はあなたに見合わない」などの表現でごまかそうとすると逆に面倒なことになりますよ。

別れ話の最後には感謝を伝える

別れ話をするとけんか腰で話してしまい、最後は険悪な状態になってしまう人がいます。そんな状態で別れると相手は当然面白くないし、下手をすると恨まれることになりかねません。

別れ話をしたら最後はいままでの感謝の気持ちを伝えましょう。別れるけど付き合っている間は楽しかった、付き合ったことは無駄じゃなかったと相手に思わせるような別れ方にした方がお互いにとって美しい思い出になるでしょう。

別れたあとは連絡を一切取らない

別れた後に寂しさなどから思わず連絡をしてしまう人がいますが、フラれた方にしてみると「復縁できるのでは」と期待を抱かせてしまうことになります。変に気を持たせることは残酷です。

それに「やっぱり諦めない」とストーカー化する原因にもなります。別れ話をしたのですからお互いのために連絡は一切とらないようにしましょう。

遠距離恋愛の別れ方で気をつけるべきこと


余計なトラブルを招かないで円滑に別れるために注意点がいくつかあります。遠距離恋愛で別れる時に気をつけるべきことを見てみましょう。

別れの理由に「遠距離だから」はNG

理由は正直に告げるべきですが例外があります。「遠距離だから」はたとえ本当でも理由にしない方がいいですよ。相手にしてみたら嫌われた訳じゃないのに別れるというのは納得いかないもの。「じゃあ結婚しよう」と意外な方へ話が進んでしまうことも。

たとえ本当の理由が「遠距離だから」でも「他に好きな人がいる」など相手が受け入れざるを得ない理由を伝えましょう。

相手を責めたりしてはいけない

別れ話をする時に自分の別れたい気持ちを正当化したくて思わず相手を責めてしまう人がいますが、これはやめましょう。

フラれるだけでも傷つくのに更に傷をえぐるようなことはするべきではありません。別れ話をする時は自分が悪者になる気持ちをもって臨みましょう。

メールやLINEだけで別れ話をする

別れ話を直接するのが気まずいなどの理由でメールやLINEで別れ話を済ませてしまおうと考える人がいます。手軽な手段かもしれませんが、別れ話に限らず文章だけではニュアンスが伝わりにくいことがありますよね。

別れたい気持ちが伝わらず「寂しくて会いたいのかな」などと変な勘違いを呼ぶことも。

確実に別れたい気持ちを伝えるには直接会いに行くことがベストです。どうしても会いに行くことが難しいのなら、せめて電話で自分の言葉で伝える方が相手に気持ちが届きます。

相手の感情に流されないようにする

別れ話を切り出した時に相手がすんなり納得するとは限りません。別れたくない気持ちから解決策を探そうと提案するかもしれません。取り乱したり、泣いたりすることもあるでしょう。

そんな相手の感情を目の当たりにして「別れない方法もあるかも」「間違っていたかも」と相手の感情に巻き込まれて気持ちがぶれることもあります。別れると決めたからには意思を強く持ちましょう。相手に流されてはいけませんよ。

自然消滅にはしない

遠距離だと離れていることもあり自然消滅させようとする人もいます。しかし自然消滅は曖昧すぎて相手には伝わりにくいです。突然連絡が途絶えてしまうと心配して会いに来る人もいるでしょうし、納得できずに話がこじれてしまうこともあります。

しっかり別れ話をして交際に区切りをつけることをおすすめします。大人らしいケジメのある別れ方をしましょう。自然消滅は少し子供っぽいですよね。

本当に別れていいの?別れる前にしてみるべきこと



ここまで別れることにスポットを当てて説明してきました。しかしもう一度考えてみて下さい。別れたい気持ちは揺るがないでしょうか?本当に別れることが最善の方法でしょうか?別れ話を切り出す前に試して欲しいことを紹介します。

別れる前に少し距離を置いてみる

少し関係に距離を置いてふたりの交際を見つめ直してみてはいかがでしょうか。《本当に彼氏と別れて後悔しないのか》《一時的な気持ちではないのか》《別れたい理由に解決策はないのか》もう一度考えてみましょう。

遠距離恋愛なのでひとりでじっくり考える時間はあります。考えすぎてしまうくらい考えていいと思います。後悔しない選択をして下さい。

恋愛以外の時間を充実させる

別れたい理由が「寂しいから」という人は寂しい気持ちを解消するために恋愛以外の時間を充実させることで問題が解決することも。夢中になれる趣味を見つけたり、友人と遊ぶ時間を増やしたりして恋愛から気持ちを逸らせるのです。

恋愛だけに気持ちが傾いていると遠距離の寂しさや辛さに押しつぶされてしまうこともあります。恋愛以外の時間を充実させて、遠距離の辛さを紛らわせてしまいましょう。

「遠距離」だけが原因なら話し合ってみる

別れたい理由が「遠距離だから」というのは相手のことが好きで、離れているのが寂しいとか辛い気持ちがあるからだと思います。嫌いになった訳じゃないのに本当に別れていいのでしょうか?

別れることも考えていると伝えた上で、遠距離恋愛について彼ともう一度話し合ってみましょう。真剣な気持ちが伝われば結婚や同棲などの提案が彼から出るかもしれません。ふたりの関係が前進するきっかけになることもありますよ。

遠距離恋愛でも続くカップルの特徴



遠距離恋愛は難しいといわれていますが、それでも長く続くカップルもいます。そんなカップルにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

信頼関係がある

遠距離恋愛では相手を信じることができないと辛さが募ります。「浮気してないかな」とか「気持ちが離れていかないかな」などと疑いだすと、どんどん気持ちが沈んでしまうもの。信頼関係がないと遠距離はいずれ破綻してしまいます。

遠距離恋愛が長続きするカップルはお互いに対する信頼感が強いです。相手の気持ちも自分の気持ちも揺らがないと信じています。強固な信頼関係が築けているので物理的な距離は離れていても心はしっかり繋がっているんですね。

会えない時間も充実している

遠距離恋愛でも長続きするカップルはあまり恋愛だけに固執していません。恋愛以外にも趣味や友人関係、仕事など楽しみや生きがいを持っていて充実した時間を過ごしている人が多いです。

恋人のことばかり考えていると遠距離恋愛は辛いもの。会えない時間を充実させる方法をみつけることが長続きのコツです。

コミュニケーションをよく取っている

遠距離恋愛が長続きしているカップルに見られる特徴のひとつが電話やLINEなどでコミュニケーションを欠かさないことです。連絡がしっかり取れれば離れている間の不安な気持ちを軽くできます。久しぶりに会った時もたくさん会話をして、遠距離の不安を打ち消して信頼関係を築きます。

お互いに結婚を意識している

結婚を意識しているカップルは遠距離恋愛でも上手く行っていることが多いです。離れている辛さはあるものの結婚というゴールがあると信じられるからこそ、遠距離恋愛に負けない強い心を持てます。人は辛い状況でも、その先に希望がある時には、それを支えに頑張ることができるんです。

同様に遠距離恋愛がいつまでなのか決まっている場合などもゴールが見えているので強い気持ちを保つことができるでしょう。

まとめ


遠距離恋愛を終わりにしたい理由が「遠距離だから」という場合、もう一度、別れてもいいのか考えてみて下さい。相手のことが好きなのに別れてしまうと後悔することもあります。

別れる気持ちが固まったら、別れ話をする必要がありますが、大切なことは切り出すタイミングや方法をしっかり考えることです。

話をこじらせたり、相手を必要以上に傷つけないで円満に別れることを意識しましょう。別れる時は後悔の残らないキレイな別れ方をして下さいね。(大船くじら/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事