2020.01.02

奥手男子の特徴25選!LINEや行動と攻略方法を伝授

好きな人に思い切ってアプローチをしたはいいものの、あれ?なんだか反応が薄い……。

そう思うことはありませんか?彼って私に興味ないのかな、なんて凹んだりして。
しかし、諦めるのはまだ早い!もしかしたらその彼は、奥手男子かもしれませんよ!

今回は恋愛経験が少なかったり、恋愛に対してあまり上手に向き合えない奥手男子にはどんな特徴があるのか知りたい、さらに自分の好きな人は奥手男子の特徴に当てはまるのかを診断したいという女性のために、奥手男子の特徴を徹底解説していきます。

奥手男子のLINEやその特徴から心理を理解することで、奥手男子を落とすにはどうすれば良いのかという、上手な攻略法も伝授していきましょう!

奥手奥手とは言うものの、そもそも奥手ってどんな人のこと?そう疑問を持つ人もいるはず。奥手男子の心理を紐解く前に、まずは奥手男子という言葉の意味から考えていきましょう。

奥手の意味

奥手というのは、もともとは中手、早稲に対して遅めに成熟する稲の品種や、植物が通常より開花が遅れたり実がなるのが遅かったりするものを指していた言葉です。

それを人間に置き換えて、肉体的や精神的な成熟が遅い人のことを奥手と呼ぶようになりました。
具体的には恋愛や性の目覚めが一般的な年齢より遅い人や、恋愛に対して消極的で、淡白であったり、慎重すぎる人のことを指す言葉として使われるようになったといわれています。

奥手男子とは

奥手男子とは、ちょっと前に流行った草食系男子と似たようなもの。恋愛には消極的で、基本的には受け身。気になる女性がいても、なかなか自分からアプローチすることができません。またシャイで人見知りしがちなので女性からはとっつきにくい雰囲気をかもし出していることも。

奥手男子には意外とオシャレなイケメンが多いといわれていますし、「シャイなところがかわいい!」と好きになる女性も多いようです。
ただそのとっつきにくさから、なかなか恋愛には発展しづらく、結局は奥手のままでいることに。

奥手男子の性格的にはこだわりが強く、自分の世界をしっかりと持っていることも多いでしょう。物事の優先順位がはっきりしているので、恋愛以外に自分に優先するものがあれば恋愛は後回し。自己主張は強い方ではないので、恋愛でもそれ以外でも自己アピールをすることはあまりないようです。
しかし、真面目で心優しい人が多いのも事実で、争いごとを好まないこともあって他の男性とひとりの女性を取り合う、などということはまずありません。友達と気になる人が被った場合、そっと身を引くタイプです。

そんな恋愛に消極的な奥手男子は、いったいどのようなLINEを送るのでしょうか。その特徴を3つ挙げてみましょう。

1.奥手男子は好きな人へのLINEはマメ

シャイな奥手男子は面と向かって女性と話をするより、ラインで話をする方が得意である傾向があります。好きだと思った女性にはマメにLINEを送り、面と向かって口では言えないことをラインではなんでも言えたりすることも。

好きな人にLINEでもちゃんと会話がしたいと思っているので、相手からの?マークを見逃すことなく、ひとつひとつ丁寧に答えますし、相手が前に話したこともよく覚えています。

2.奥手男子はLINEとキャラが違う

奥手男子はマメでLINEが好きなことから、LINEでは普段より気さくでくだけたキャラに変貌することもあります。実際は何を話したらいいか考え込んでしまうので口数が少なくなってしまうタイプでも、ラインなら文章を考えてから送ることができるので、緊張せずに会話ができるのです。ちょっと質問をしたら、長文LINEで丁寧な返事が来るのもこのタイプですね。

LINEでは会話が盛り上がっていたのに、会ってみるとなんだかテンションが低い……そう思われがちなのが難点ですが、奥手男子は気になる女性以外にはあまりLINEで盛り上がるということもないので、脈がない訳ではありません。

3.奥手男子は意外とかわいいLINEスタンプを使う

奥手男子はLINE上でもうまく好意を表現できない時、スタンプを使って気持ちを代弁させるために使うことがあります。女性が好きそうなかわいいキャラクターものや、ちょっとシュールでツッコミどころの多いものなど、幅広いジャンルのスタンプを持っていることも。

また、「そのスタンプかわいいね」と言われたりなどと会話を広げるきっかけにも使えるので、気になる女性には積極的にかわいいスタンプを多用します。

奥手男子をもっともっと理解するために、奥手男子の行動の特徴を考えてみましょう。もし気になる彼に当てはまることがあれば、彼は奥手男子かも……。

1.奥手男子は受け身

奥手男子は基本的に受け身で、気になる女性がいても自分から積極的にアプローチをしたり、デートに誘ったりはしません。いつも女性から積極的にアプローチされて付き合う、という恋愛パターンが多いようです。

受け身であるがゆえになかなか女性と付き合うまでに至ることがなく、一般的な男性より女性経験は少ないほうです。

2.奥手男子はプライドが高い

シャイであまり自分の感情を表現しないものの、実はこだわりが強かったり、自分のスタイルを持っていて、案外プライドが高いのも奥手男子の特徴と言えるでしょう。

自分から女性にアプローチをして、断られてしまえばプライドが傷いてしまいます。
それを恐れて、なかなか女性に自分の本心を打ち明けたりアプローチしたりできずにいるのです。

3.奥手男子は恋に臆病

奥手男子は女性に対してだけてはなく、恋そのものに対しても臆病なところがあります。

恋をしたら自分がどうなってしまうのかわからないことが怖く、傷ついてしまうのも怖いのでなかなか一歩を踏み出すことができずに恋愛から遠ざかってしまいます。

4.奥手男子は恋にトラウマがある

奥手男子のなかには過去に恋人に裏切られたり、ひどいフラれ方をしたりして恋愛に対してトラウマを抱えている人がいます。次の恋をするとまた同じことになるのではないかと警戒してしまい、なかなか恋愛の積極的になれないことも。

トラウマを克服したいという気持ちよりも、もう恋をしたくないという気持ちが強いので、いつまでも奥手のまま。

5.  奥手男子はすごく恥ずかしがりや

恋をすれば女性に甘い言葉を囁いたり、手を繋いで外を歩いたりしますよね。
恥ずかしがりやの奥手男子は単純に恥ずかしいという気持ちから、恋愛に積極的になれないこともあります。

自分に自信がない奥手男子の場合はとくに自分が恋愛をするなんて恥ずかしいと思っていることが多いでしょう。また、単純に女性と話したりするのも恥ずかしいという超奥手男子も。

6.奥手男子は男兄弟が多い

男兄弟の多い家庭で育つと、少年時代からなかなか女子に触れ合う機会がありませんよね。そうなると女性への耐性ができないまま、女性の気持ちや、どうすれば喜ぶのかなどがまったくわからない状態で成長します。

いざ恋愛をする段階になっても女性のことがわからないままなので、そこから苦手意識を持って恋愛から一歩引いてしまうことも。

7.奥手男子は交際経験少なめ

交際経験が少ないというのは、女性に対してどう振る舞えばよいのかというサンプルが少ないということ。経験したことがない、または少ないことには不安がつきものですし、経験が少ないから下手なことをしたら傷ついてしまうかも、という恐れからなかなか恋愛に積極的になれません。

8.奥手男子は女友達が少ない

女友達の多い男性はある意味女性の扱いに慣れているところがありますよね。慣れているので気楽に一緒にいられたりふざけあったりできるものですが、女友達が少ないとそうはいきません。

恋愛感情がなくてもつい女性を意識してしまい、女性の前で緊張してしまったり、黙り込んでしまったりしてしまうのです。

9.奥手男子は自分でいかなくてもモテる

奥手男子のようにシャイな男性を好む女性は一定数存在します。黙っていてもそんな女性が勝手に寄って来るので自分からアプローチする必要がなく、結果的にずっと奥手のままでいるということも。

いつも女性の方から来るから、と思っているので自分から積極的にアプローチをする方法を考えたりはしません。

10.奥手男子は男女で態度が変わる

奥手男子は男友達と一緒にいる時はワイワイと賑やかに楽しく過ごしていられるのに、女性を前にすると口下手になったり、黙り込んで不機嫌そうに見られてしまうことがあります。

それは女性を意識してしまい、いつもの自然な自分を出せなくなってしまうから。男友達にはいいやつだと評判の良い男の子なのに、会ってみるとなんか違う、というのはこういう理由があります。

11.奥手男子は悪気なくドライなところがある

奥手男子はこだわりが強く、自分のスタイルをしっかり持っているという人が多いので、自分の興味がないジャンルや、人間関係には悪気なくドライなところがあります。

それゆえに、ちょっと冷たいと思われがち。悪気がなくても人には伝わらないので、女性からは冷たい人だと思われて避けられてしまうことも。

12.奥手男子は恋愛が一番じゃない

奥手男子は自分の生活スタイルや趣味にこだわりを持っていて、恋愛は二の次、という人も少なくありません。「やりたいことが他にあるから、恋愛は当分しなくてもいいかな」ぐらいに考えていて、あまり積極的に出会いを求めたり、女性と触れ合ったりすることに時間を使いません。

13.奥手男子は誤解されがち

女性に対しては消極的な奥手男子。
女性の前であまり話さなかったり、意識するあまりに冷たい態度をとってしまったりして、女性からは「機嫌悪い?私に興味ないのかな?」と誤解されてしまうこともしばしば。思っていることを表現できないだけなのに、ちょっと残念ですよね。

14.奥手男子は優しいだけ

奥手男子には非常に心優しい人が多いといわれています。
しかし、女性に優しくするのはいいものの、その後の展開に進む方法を知らなかったり、自己アピールが苦手だったりしてただの優しい人になりがち。

女性は男性を選ぶ際に「優しいだけじゃダメなの」とよくいいますが、まさにその優しいだけの人になってしまいます。

15.奥手男子は誘われ待ち

奥手男子は恋愛に積極的ではないので、気になる女性がいても自分から誘うのは苦手です。ですから自然と誘われ待ちになってしまい、誘われなければいつまでも気になる女性と触れ合う機会がないままということも。

自分から誘って断られるのも怖いので、なかなか女性との距離を縮めることができません。

16.奥手男子は理由を言わずにそっと離れていく

奥手男子は自分の気持ちを言葉で表現することがあまり得意ではありません。しかし、なにも考えていない訳ではなく、心の中で色々と考えています。

仲が深まりかけた女性がいて、なにかしらの理由があってこの先付き合うまでには至らないと思ってしまったら、その気持ちを言葉にはせずにそっと離れていってしまうことも。

17.奥手男子は好きな人にも好きとなかなか言えない

奥手男子は好きな女性ができても、その女性に好意をそれとなく伝えようとはしますがなかなか言葉では好きと言えません。それゆえに好意が相手に伝わりづらく、女性にもどかしい思いをさせてしまいます。

いい雰囲気になっていたのにずっと気持ちを伝えずにいて、結局付き合うまでには至らずに、その女性が誰かほかの人と付き合うことになってしまうのをただ黙って見ている。このような経験がある奥手男子は多いでしょう。

18.奥手男子は結構押されたら好きになる

恋愛に受け身な奥手男子は、案外押してくる女性に弱いところがあります。自分から行動を起こしたり、誘ったりしなくても相手からどんどん誘ってくれるので、押されて会い続けるうちに自分も好きになってしまう、というパターンですね。

好意を示されているうちにだんだん自分も好きになってしまうというのは人間心理においてよくあることです。

19.奥手男子は120%イケると思わないと告白しない

恋愛に消極的なだけではなく、奥手男子は非常に慎重でもあります。また、傷つくことを恐れていることもあって気になる女性ができても、120%イケる!という確証がなければ告白に踏み切ることはありません。

イケるかどうか不確定なまま告白をして、フラれた経験があるとなおさら自分から告白するまでには相手の気持ちをしっかり見極めたいと思っています。

20.奥手男子は意外とやきもちやき

奥手男子はあまり自分の感情を表現しないものの、実のところはやきもちやきで、自分の気に入った女性が他の男性と仲良くしているのを見ると気が気ではありません。ただそれを言葉にすることがないので人には気づかれにくいでしょう。理由もなく不機嫌そうにしていたら、もしかしたらそれがやきもちをやいている証かも。

奥手男子にはとても一途なところがあり、この人と決めたらその女性だけを見つめています。その真面目さから付き合う人にも自分と同じ一途さを求めてしまうので、ヤキモチを妬いてしまうのです。

21.奥手男子は好きな人の前で緊張しがち

奥手男子は好きな人の前では緊張してしまい、思っていることが言えなかったりいつもと違う行動をとってしまったりと、挙動不審な行動をとってしまうことがあります。奥手男子であっても好きな人には気に入られたいと思うのは当たり前ですが、それが緊張のせいで裏目に出てしまうことも。

あなたの前でやたらと挙動不審で、緊張している男子がいたら、それはあなたに恋をしている奥手男子かもしれませんね。

22.好きな人の誘いならリスケしてくる

奥手男子は好きになった人には基本一途で、一生懸命に向き合おうとします。ですから好きな人に誘われたなら、なんとかして予定を合わせようと努力します。自分から誘えない分、相手に誘われたという喜びもあるでしょう。

好きでもない人から誘われた場合は平気で断るドライさも持ち合わせていながら、好きな人であれば何としてでも会おうとするのが、かわいい奥手男子の心理です。

奥手男子ってなかなか攻略しづらいものですよね。
いったいそれはどうしてなのでしょうか?

奥手男子は自分が傷つきたくない

奥手男子は男子のなかでも特に繊細。
傷つくことを恐れているので、恋愛に積極的に向き合うことができません。また、過去の恋愛や女性そのものに傷つけられてトラウマを抱えている場合は特に、必要以上に女性に近づこうとはしないのでガードが堅くなります。

傷つきたくないという気持ちが強すぎて、女性自体が苦手になってしまっている奥手男子の場合は、攻略法を考える前に彼の心の中にあるトラウマから理解するようにしなければなかなか攻略は難しいでしょう。

奥手男子はわかりやすい反応がない

自分の感情を表現することの苦手な奥手男子は、女性からアプローチされてもわかりやすい反応を見せることはありません。
それゆえに女性に気持ちが伝わりづらく、「私に興味なさそう」と思われてしまうのです。女性にとっても、アプローチをして反応が薄い男性は手ごたえがないので心が折れてしまいますよね。

しかし、反応がないからといって別に嫌われているわけではないというのが奥手男子の難しいところ。

奥手男子はなかなか誘ってくれない

奥手男子は自分から女性を誘うのが苦手なので、よっぽどのことがなければ自分から誘うことはしません。いつも誘うのは女性の方ばかり、という状態だと、女性にしてみれば脈ナシなのかなと思ってしまいますよね。

しかし、奥手男子にしてみれば単純に女性から誘って貰うのが嬉しいと感じていることもあります。ただ自分から誘えるようになるまでにはかなりの時間がかかってしまうので、それまでに女性が諦めてしまうことも。

奥手男子はがんばるより諦める

奥手男子はとにかく受け身で、消極的。
好きな女性ができても、がんばってアプローチをして付き合おう!とはなりません。ライバルがいても、争ってまで女性を手に入れようとも思いません。

いい感じの雰囲気になった女性がいたとしても、女性がアプローチしてこなくなれば、そのまま諦めてしまうのです。ですから女性から続けてアプローチしない限り、奥手男子とうまくいくということはないかも。

奥手男子の気持ちはとてもわかりづらいものなので、脈アリか脈ナシから行動やLINEで判断した方が良いでしょう。
ここからは奥手男子の脈ナシ行動やLINEを解説していきます。

LINEの返信がない

奥手男子は自分に必要ないものや興味のないことにはまったくノータッチ。
好きでもない女性からLINEが来たとしても同じです。興味のない女性にLINEを返信する時間があるなら、自分の事に使いたいと思っています。

いくらLINEを送ってもまったく返事がない場合は、悲しいけれど脈ナシであると判断して良いでしょう。

LINEの返信が異様に遅い

LINEの返信が異様に遅いのは、ただ面倒くさいので返信を後回しにしてしまうことが一番の理由です。基本的に真面目な奥手男子は脈ナシでもとりあえず返事だけは返してくれますが、内容が一言であったり、そっけない文面であることも。

また恋愛にトラウマを持つ奥手男子の場合、相手のために、思わせぶりにならないようによく考えてからラインの返信をするので返信が遅くなることもあります。

すぐにLINEを終わらせられる

奥手男子は興味のない女性とだらだらと長くLINEのやりとりを続けるのも苦手。相手に何か質問をされたり、用件があればそれに答えて終わりにしてしまいます。挨拶だけのLINEには返信しないこともしばしば。もちろん会話を広げることもしません。

デートに誘っても断られてばかり

「自分から誘わないと!」と思い、奥手男子をデートに誘ってもいつも断られてばかりいる場合は脈ナシの可能性大。
奥手男子でも気になる相手ならばリスケしてでもデートに行きます。奥手男子は優しいところもあるので、下手にデートをして相手を勘違いさせないためにも、まったく脈のない女性とはデートをしません。思わせぶりな行動が一番人を傷つけると言うことも、奥手男子は理解しています。

ここまでで、かなり奥手男子の心理を理解できたのではないでしょうか。ではいよいよ、奥手男子を攻略するための具体的なテクニックについてお話しましょう!

「好き」と伝えずに行動で好意を見せる

奥手男子にいきなり「好き」と剛速球を投げて伝えると、恋愛に対して慎重すぎるほど慎重な奥手男子には「なにか裏があるのかも」と疑われたり、引かれてしまったりすることがあります。まずは言葉より行動で少しずつ好意をチラ見せしていくのが良いでしょう。

ちょっと近い距離感で話をしたり、じっと目を見つめてみたり、相手の様子を見ながら好意の伝え方を少しずつ変えて、雰囲気から伝えていきましょう。

目が合うとにっこり笑う

目が合ってにっこりと微笑まれると誰だって悪い気はしませんよね。もしかしてちょっと自分に興味があるのかな?と意識したりして。
まずは「興味がありそう」な雰囲気を出してから、少しずつ近づいていくと、恋愛に警戒心を抱いている奥手男子も少しずつ心を開いてくれるはず。

相手に興味があることをアピールする

興味があることを匂わせたら、次はアピール。
奥手男子と会話をするとき、時々質問を交えたり、適度な相槌をうって相手の話を熱心に聞いている素振りを見せましょう。自分の話を熱心に聞いてくれる人には、「もしかしたら自分に興味があるのかな」と思わせることができます。

奥手男子にはこだわりの強い人が多いので、実は自分のこだわりを他の人に知って貰いたいという気持ちがあります。そのこだわりに食いついて、興味があるアピールをすると伝わりやすいでしょう。

ふたりだけの秘密や相談をもつ

誰にも知られずにふたりだけの秘密をもったり、他の人には言えないことを相談すると、ぐっと距離が縮まります。奥手男子は口が堅く、真面目で優しい人が多いので、相談を持ち掛ければ親身になって乗ってくれるでしょう。

「誰にも言わないでね」と念押しをしておくとよりふたりだけの秘密感が増し、同じ秘密を共有している連帯感が出ます。

LINEは相手のペースに合わせて続ける

大抵の奥手男子はマイペースで、自分の生活スタイルを持っています。ペースを考えずに頻繁にLINEを送ると、彼の生活スタイルを乱して嫌われてしまう可能性があります。

LINEは返信の来やすいタイミングや、返信の来ない時間帯を把握して、彼の生活スタイルを乱さないペースでやりとりをしましょう。

デートは自分から誘う

奥手男子はデートがしたくても自分から女性をデートに誘うことがほぼありません。
ですから、ある程度仲良くなって「次はふたりで出かけたい」となれば女性から誘うのがベスト。
「〇〇に行ってみたいから付き合って」など、さりげなく行き先も決めておきましょう。
奥手男子がデートの際、最も苦手とするデートコース決めをしてあげると、奥手男子もデートで何するか考えなきゃ!と身構えることがないので、気軽にデートまでこぎつけられるはずです。

デートでは相手を褒め殺す

男性は基本的に褒めて認められたいという、承認欲求を満たされたい生き物です。デートの時はとにかく相手を褒め殺す勢いで褒めてあげましょう。「素敵だね」「すごいね」「頑張ってるよね」など、相手の外見から内面まで褒めて褒めて褒めまくると、「この子は俺のことをわかってくれてる」と思わせることができます。

奥手男子には自分に自信がないことが多いので、たくさん褒めて自信をつけてあげると、奥手な性格が少し改善されるかも。

存分に好きをにおわせる

「興味がある」というアピールが伝わったら、次は「好き」という気持ちをにおわせていきましょう。言葉で直接伝えるよりも、段階を踏んでいるので奥手男子にも気持ちが伝わりやすく、警戒心を抱かれることがありません。

奥手男子は自分がイケると思った女性にしか食いつかないところがあるので、好意は伝えられるだけ存分に伝えておくのが良いでしょう。

奥手男子は思わせぶりな女性を嫌うので、奥手男子の前で他の男性と仲良くするようなことはせず、奥手男子だけに好意をにおわせるのが最も大事です。

奥手男子とデートの約束をこぎつけたら、できればその先の展開に繋げたいですよね。
奥手男子とのデートにおいて気をつけておきたい大事な事がいくつかあるのでご紹介します!

初回~数回は自分から誘う

奥手男子は断られるのが怖いこともあってあまり自分からデートをしようとは言えないので、はじめてのデートから数回は女性から誘ってあげると奥手男子も気がラク。

奥手男子はデートに慣れていないこともあるので、できればざっくりとしたデートコースも決めておくと良いでしょう。

会ってから「どこ行く?」ともじもじするのは時間の無駄ですし、奥手男子が自分の経験が少ないことを恥じないように「〇〇に行ってみたいな!」と奥手男子が好きそうな場所や得意分野が発揮できる場所を提案してみると、奥手男子からリードしてくれるかも。

楽しそうなら「今度は誘って」とお願い

デートを何回か重ねているうちに、相手が楽しそうにしていたら「今度は誘ってね」とかわいくおねだりをしてみるのも良いですね。「次もあなたとデートがしたい」という気持ちがこもっており、充分にイケる雰囲気づくりはできているので、恋愛に臆病な奥手男子でも誘いやすくなるはずです。

奢ってもらったら「次は奢るね」とデートを繋げる

初回から何回目かのデートで「やっぱり男だから」と奥手男子が奢ってくれることもあるでしょう。最初はすんなりとその好意を受け入れたうえで、「次は私が奢るね」とさりげなく次回の約束を取り付けながら、相手に金銭的な無理をさせない心遣いをしましょう。それだけで好感度がぐんとアップします。

「次は私が食べたいものをリクエストするから、私の奢りね!」などとかわいく伝えてみるのも良いですね。次の約束があるのとないのでは全く違います。

相手が行動&アクションしやすいようにアシスト

デート中、シャイな奥手男子はなかなか手を繋いだりなど、ふたりの距離を縮めたり肌を触れ合わせたりすることができません。

そんな時は女性から、奥手男子がアクションしやすいようにわざと近くに座って手の触れ合う機会を作ったり、人込みではぐれそうな時に服の袖を掴んだりして、相手が自然にエスコートできるような状況を作ってあげるのもポイント。

吊り橋効果という言葉もあるように、ちょっとドキドキするようなシチュエーション作りをしながら距離を縮めていくとより効果的。

スタンダードなものよりお互いが楽しめるプランを

何度も言いますが奥手男子はこだわりが強いことが多いので、スタンダードなデートプランでは満足しない可能性も。

お互いの趣味の合う場所に行ったり、相手の興味を引きそうな場所を選んだりして、ベタなデートよりも思いきり楽しめるようなプランを考えましょう。「この子とデートしてると楽しいな」と思わせ続けることで、少しずつ奥手男子の心を掴むことができます。

奥手男子とデートを重ねていい感じの関係になったら、いよいよ告白をして気持ちを確かめたいですよね。
告白って自分からした方が良い?それとも彼がしてくれるのを待つべき?

告白しやすいシチュエーションをつくる

奥手男子は恋愛に積極的ではないので、好きな人が出来ても自分から告白をする、というのはかなりハードルの高い行為です。告白をするタイミングをはかるのも得意ではありませんし、気持ちを伝えられないまま時間が過ぎてしまい、結局付き合うまでに至らないということもあります。

奥手男子といい感じに仲が深まって、彼が告白をしたいような雰囲気を見せたら、ここは女性の方から告白しやすいシチュエーションを作ってあげましょう。
ロマンチックな夜景の見える場所に行きたいと提案してみたり、ふたりが好んでよく行く場所、つまり思い出のある場所に誘ってみたり、またはちょっとお酒を飲んで気持ちを柔らかくしてみてもいいでしょう。

あまり自分から喋ってばかりではなく、たまに黙ってみたりして彼が言葉を発しやすいようにタイミングを作ってあげるのも良いですね。
とにかく奥手男子が告白しやすいよう、お膳立てを念入りにしてあげると奥手男子も切り出しやすいかもしれません。

告白されなくてもめげない

告白しやすいシチュエーションをつくっているのに、彼が全然告白してきてくれない!だからといってめげてしまい、「もう諦めようかな……」と弱気になってはいけません。奥手男子はとっても慎重ですから、告白するタイミングについて考えているかもしれないのです。

どうしても彼から告白をされたいのなら、奥手男子のペースに合わせてあげることが大切。
告白をするのかしないのか、するならばどこで、どんな言葉で告白をするのか。彼は自分なりにしっかりと考えています。

奥手男子はフラれて傷つくことを恐れて告白に踏み切れないことが多いので、いつ告白されてもOKだよ、という雰囲気をつくりながら待ってあげると奥手男子の方も安心して告白をすることができるはず。

最終的には自分から告白もあり!

なかなか彼が告白してくれない……もう待てない!そう思ったら自分から告白をするのもアリです。奥手男子は自分から恋愛に関するアクションを起こすのが苦手なので、常に受け身。相手がアクションを起こしてくれるのを待っているところがあります。なので告白も女性からされるのを待っているかもしれません。

いい雰囲気で、よくデートもするしLINEのやりとりも順調なのであれば、特に待っている可能性大。思い切って自分から告白に踏み切ってみましょう。

奥手男子には自分に自信がなかったり、恋愛にトラウマがあったりして恋愛に臆病になっている場合や、恋愛そのものに興味がなかったり、恋愛以外で自分の夢中になっているものがあって恋愛に積極的になれない場合があります。

自分の好きになった奥手男子がなぜ恋愛に消極的なのが、その特徴から判断して接し方を考えてみるのも良いでしょう。
奥手男子の特徴を把握していれば、奥手男子がどんなことをする、されるのが苦手なのか。どんな行動をとれば気をひくことができるのか、対策を練ることもできます。

また、どんな奥手男子にも共通しているのが、特に受け身であるという特徴です。奥手男子は自分から女性にアプローチしたり、距離を縮めようとするのが苦手です。

ですから、奥手男子を好きになってしまったり、または好きな人が奥手男子であることがわかったりして、付き合いたいけれどどうすればいいのかわからない、という場合は、自分からアクションを起こし、様子を見ながら少しずつアプローチをかけていくのが奥手男子への確実な攻略法であると言えるでしょう。

奥手男子の心の扉をいきなり叩くのではなく、少しずつ自分の手で開いていくことが、奥手男子と付き合うための一番効果的な方法です。(齋藤 緑子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事