2015.10.31

カレをあなたの言いなりにするために握っておきたい5つの「弱み」

「愛してる」なんて言いつつ、平気で彼女に対してヒドいことをしてしまう男子は少なくありません。もちろんこういうことが起きなければ最高ですが、起きてしまったらその事実は消えません。

だったらその復讐のつもりで、それを「カレの弱み」として握り込んでしましょう。そうすれば今後、カレをあなたの言いなりにできるかもしれません。

言いなりとまではいかずとも、カレはあなたになかなか強い態度ででることができなくなるはず。
これで2人が別れづらくなれば、それこそ最高のカウンターですものね。

そこで今回は、20代女子20人と一緒に「カレを言いなりにできる『カレの弱み』」について考えてみました。

1.性癖

「カレはめっちゃアブノーマル好きで、たまに私が痛いこととかしてくる。
だから、カレも『別れたらこれバラされるんはキツイわ〜』って思ってくれるんじゃないかな(笑)」(大学生/22歳)

こういう性的な弱みは、結構の男子が持っているかもしれませんね。あとは例えば、「カレが私の前では赤ちゃん言葉使う」とかも立派な弱み。

「浮気とかしたら、別れないけどアレ、バラすからね」と言っておけば効果的な釘刺しになりそうです。

2.浮気

「浮気なんてされたら超チャンスでしょ。『次したらみんなにバラすよ』って言えば絶対にされない」(大学生/20歳)

もしもこれをバラしてしまうと、そのカレのいるコミュニティでカレは次に新しい彼女を作るのは相当困難になってしまいますからね。

「あの人浮気するし……」という噂が広まるのはかなり不利です。浮気をされるのは辛いですが、こうやってポジティブに活かせるのは素晴らしいですね。

3.デートDV

「すぐに『バカ』とか『ブス!』とか言って声を荒げてくるけど、これも別れたときに全部バラしてやろうって思ってる。たまに録音してるしね(笑)」(薬剤師/25歳)

こういうのは本当ならすぐにでも警察とかに相談してもいいくらい悪質なものもありますけど、「今は我慢してやるけど、いつか覚えておいてよ!」という程度のものなら、弱みとして利用できますね。

次ヒドいことを言われたりしたときにも、「それ以上言ったら通報しますから!」と言えばかなり効果的かと。

4.胃袋

「弱みって言えるか微妙だけど、胃袋を掴んでおくのは本当にいいよ。私は料理すごい上手だけど、昔元カレが別れたあとで『お前の料理が食べたいよー!』って泣きついてきたことある。『次振ったら二度と戻らないからね』ってヨリを戻してあげました」(事務/26歳)

おいしい手料理で精神的にも肉体的にも彼女に支えてもらっているということは、それこそ彼女と別れてから実感する男子が多いです。
付き合っているときには、もう当たり前になってしまっていますからね。

5.「結婚するって言ったよね?」

「なんか、婚約って結局は口約束だから、これをちゃんとした理由なしに破棄されたら慰謝料とれるらしいんだよね。これで別れるのを多少は防げるんじゃ?」(営業/25歳)

これは実はこのとおりです。不当な婚約破棄は、民法上の不法行為になりえます。

実際は裁判とかをしないといけませんが「慰謝料払ってもらうけど、いいのね?」と言えばちょっとした別れのピンチは切り抜けられるかも?

おわりに

いかがでしたでしょうか? 実際にも人は、自分の弱みを握っている相手に依存してしまう習性があると思います。

「俺の秘密を知っているのはこの人だけ」と思うと、その人が大切な人に思えてくるものです。
みなさんも上手に弱みを握って、カレを従えてください!(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事