2013.06.20

バックでもっと気持ちよくなるコツ・5選



「ガンガン突かれすぎて痛い」「彼本位なセックスをされて、気持ち良くない」「ぶっちゃけ、早く終わって欲しいと思ってる」…気持ち良さそうな彼とは対照的に、バックが好きではない女子は意外と多いもの。今回は、宋美玄先生の著書『女医が教える本当に気持ちのいいセックススゴ技編』を参考に、「バックでもっと気持ち良くなるコツ」をご紹介します。

1.自分の気持ち良い場所を把握する

膣で最も敏感なGスポットは、お腹側の膣壁にあります。宋さんによると、バックで女性が快感を得るには、「膣のお腹側に添わせるようにしてペニスを挿入」されることで実現します。こうすることによって、ペニスの裏筋があるあたりがGスポットに当たるからです。

自分の気持ち良いポイントを意識して、彼を誘導したり、自分で体勢を調節したりすることで、彼任せではなく主体的にセックスを楽しむことが出来ますよ。

2.どんなセックスが好きか伝えておく

「後背位は、男性の征服欲を駆り立てるようですね。(中略)また腰の動きがワイルドになりすぎるのも、注意点です。男性が自由に腰を動かせるので、エスカレートしやすいのです。」

バックは、男性本位のセックスになってしまいがちな体位です。セックスしている時に「やめて」と言っても、興奮状態の彼を余計に煽ってしまうことも…。「バックだと痛い時があるから、優しくして」など、セックスする前や挿入前に、彼にあらかじめ伝えておきましょう。逆に、Mっ気があって、もっと激しくしてほしい人も、先に伝えておくことでよりエッチを楽しめるはずです。

3.痛いときは、脚を閉じる

「女性が脚を閉じると挿入が浅くなるーこれはどの体位にも応用できるテクニックです」

彼のアソコが大きすぎて痛い時や、奥に当たりすぎて痛い時には、膝を揃えて脚を閉じましょう。バックだと顔が見えないこともあって、彼が気持ち良いと感じるペースでセックスが進んでしまい、女性がなされるがままという形になりがちですが、脚を閉じることによって、女性側でも挿入の深さを調節することが出来ます。

4.物足りないときは、おしりを突き出す

「少しでも奥に届かせたい、またはペニスのサイズに悩んでいる場合は、女性が上体をベッドに預け、おしりを高く突き出す姿勢で合体を。男性が上の角度からペニスを挿入することで、体重を押しつけやすくなるのです」

彼のアソコが小さくて、気持ち良いところまで届いていない時や、もっと激しく突いてほしい時には、おしりを高く突き出す体勢を取りましょう。彼任せにせず、自分が気持ち良くなれる場所に当たるように、女の子側も協力して、二人とも気持ち良くなれるセックスを目指しましょう。

5.全身を密着させる

バックは、彼の顔が見れず、なんだか寂しく感じることもありますよね。そんな時は、バックの体勢のままうつぶせになりましょう。宋さんによると、この「うつぶせバック」の体勢は、脚を閉じるのと同様に、膣の浅いところを刺激することが出来る体勢なので、早漏な彼とのセックスにもおすすめとのこと。

少しペースをスローダウンして、セックスをじっくり楽しむことが出来ます。体がぴったりと寄せ合うことで、安心感を得られますよ。

おわりに

いかがでしたか?気持ち良いセックスは、二人で作り上げていくもの。「バックではあまり気持ち良くさせてくれないの」と彼任せにせず、女の子側からも気持ち良くなるためのアプローチをしていきましょう。

(吉沢みう/ハウコレ)

<オススメ記事>

関連記事