2013.08.16

扱いザツすぎ!釣った魚に餌をやらない男子の特徴・6選


付き合う前は優しかったのに、いざ付き合ってみたら超ずぼらで扱いも雑。そんな男性は、つき合い損ですよね。今回は、釣った魚に餌はやらない男子の特徴をご紹介します。

1.女性経験の少ない男

女性慣れしてない男に限って、彼女ができた瞬間、「オレってモテるのかも・・・」と勘違いをおこしてしまいます。そこから急にオレ様になったり、横柄になったり、偉そうになったりします。女性経験の少ない男はわたしのことだけ大事にしてくれるかも・・・これは、とんだ勘違いです。あまり男性経験の少ない男とは付き合わない方がいいかもしれませんね。

2.口説くのが目的の男

付き合う前に異常に時間とお金をかけ、口説き落としたらしたらそれで終わりの男。
こういう男は初エッチがゴール。初エッチが終わった頃には次の獲物を追いかけています。付き合う前から、フェミニストを気取っていたり、「オレってモテる」発言をしたり、やたらと初デートから高級レストランに連れて行ったり、プレゼントをしてくる男は怪しいです。注意してくださいね。

3.極端にナルシストな男

極端にナルシストの男は、つきあった後、「こんなオレとつき合える女って幸せだよな」と潜在的に思い込んでいるので、当然、つきあったあとのサービスはありません。
少し自分に自信がないくらいの男の方が、つきあった後大事にしてくれます。

4.B型の男

B型の男は、こどもっぽく、飽きっぽく、自己中心的です。その上、快楽主義ですので、つきあった後居心地が悪いと、ぷいっと外を向きはじめ、釣った魚に餌をやらなくなってしまいます。B型の男に「いまなにしてんの?」はNGワードです。束縛を嫌うB型の男は、野放しにしていればしているほど、彼女を大切にします。

5.自分以外に興味がない男

自分のお金、仕事、夢にしか興味がなく、他人に興味のない男。そういう男は、付き合ったところで、彼女も所詮、他人と一緒。セフレと扱いは変わりません。万が一彼女にフられたところでなんの打撃もないからです。初対面にも関わらず、自分のことばかりまくしたてるようにしゃべる男は、そういう傾向が強いです。ただ、そういう男は、お金は稼いでくるので、結婚相手向きなのかもしれません。

6.自己投資額が高い男

PCが好き、とか、バイクが好き、ブランド物が好き、楽器が好き、など、やたら自分の身の回りのものにお金をかける男。そういう男は、自分のことに頭がいっぱいで、釣った魚に餌をやりません。デートなどのとき、やたら一緒に写ろうとしたり、「オレの写真とって」という男は怪しいです。
あなただけが写った写真をとりたがる男は、付き合ったあとも大切にしてくれます。

おわりに

身近な女子、100人にアンケートをとった結果、約4割の女子が釣った魚に餌をやらない男子に遭遇しています。男子は、もともとハンター気質。釣ってしまったら興味がなくなるというのは、男子の基本的な本能なのでしょう。とはいえ、同じ車に長く乗る男、本や物を大切にする男は、同様に彼女も大切にする傾向が強いです。そういうつきあった後も大切にしてくれる男子を意識的に選び、つまんないけど安心感を得るのか、ハンター気質の男子と付き合って、安心感はないけど、常にドキドキされるように緊張感を持ち続けいい女で居続けるのか、女としては、一体、どちらが幸せなんでしょうかね。

(内野彩華/ハウコレ)

<おすすめ記事>


関連記事