2013.12.11

可愛がってたら好きになっちゃった?年下の後輩君を落とすテクニック・4つ


可愛い年下の後輩を可愛がっていたら好きになってきてしまったことはありませんか?年下相手となると、先輩という立場から彼を怒らなくてはいけないこと、恋愛対象になりづらいというハードルなど、たくさんの壁が立ちふさがるかもしれません。
そこでめでたく年下彼氏をゲットしたある女性の皆さんに、ゲットのためのコツをお聞きしました。

1. 仕事の辛さや面倒くささに共感する

「先輩だからって偉そうにしていると恋愛対象に入りにくいです。それよりも、あえて本音をばらして親近感をもってもらうことが大事。だから後輩がポロっともらした弱音や愚痴に共感してあげると効果的です!」(27歳/出版)

仕事や勉強をしんどがる後輩に、常に上からものを言っていては後輩と先輩の壁を越えることはいつまでたってもできません。そこで、あえて彼の愚痴を指摘するのではなく共感してあげましょう。偉ぶらない本音が話せる人だと思ってもらうことで距離がグッと縮まるのだとか!

2. なんだかんだ言って頑張る姿を見せる

「頑張っている姿は性別問わずかっこいいもの。先輩ならなおさら憧れの目で見られる。なんだかんだ仕事への文句もいいながら、でもしっかり頑張って仕事を片付けていく後ろ姿を見せて『なんかかっこいいな・・・』って思わせる!」(26歳/保険)

ステップの1で「仕事の愚痴に共感してあげる」と挙げましたが、だからといって一緒にさぼっていたら先輩として情けないですよね。それでは後輩に依存していることになってしまいます。そこで、文句は言うけどしっかり仕事をこなすかっこいい姿というギャップを作って、後輩の憧れの気持ちと競争心を煽ってみましょう。

3. 後輩以外の頑張っている姿を褒める

「やきもちを焼かせて、特別な存在になりかけていることを意識させることも必要。そのためには、あえて他の後輩に話しかけることを増やしたり、同じくらいのことをしていても違う子だけ褒めたりするんです。」(28歳/コンサル)

後輩の心に揺さぶりをかけるには、同期の後輩達を使うのが効果的です。後輩の褒められたいという気持ちを逆手にとってあえて他の後輩を褒めることで、嫉妬心に火をつけてみましょう。褒められなかった悔しさとあいまって、あなたの気を引こうと頑張ってくれるかも!

4. おっちょこちょいなギャップで後輩を思い切らせる

「同い年の人に告白するのとは違う緊張があるらしいんです。それを解決するためには思い切った隙を見せないとダメですね。彼に聞いたら、私が仕事以外の時にそそっかしかったり方向音痴だったりと頼りがいの無いところを見て可愛いと思ってくれたらしいです。」(32歳/メーカー)

最終的に彼から一踏み込ませたいと思う人は多いでしょう。でも先輩に告白するなんてなかなかハードルが高いものです。特に何もせずぼーっとしているといつまでたっても進展が見られないなんてことになりがち。彼に一歩踏み込む勇気を持ってもらうためには、意外な一面を見せる必要があるようです。

おわりに

女性より上に立っていたいと思う男性が多いので、年下・年上・同い年の中で、一般的なテクニックが適用しづらいのが年下の男性。でも、先輩という立場をうまく使うことで彼をゲットする近道を見つけられるかもしれません。ぜひどんどん落としてください!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事