実はストレス?!彼が苦痛を感じる「彼女の言動」・4つ


彼との交際、順調ですか?意外にも、「素を出せる仲になったよ!」という人も、落とし穴にはまっている可能性大!一見平穏に見えて、もしかして彼のあなたへの気持ちが冷めていっちゃうかも・・・?

そんなことになる前に、普段の行動の中に彼が不満やストレスを感じる行動が混ざっていないか、ぜひチェックしてみましょう!

1.なにかとプチ暴力

「元カノが冗談にツッコむ時だとか会話の最中ですぐ叩く子で、俺は男だしやり返すわけにいかないから、我慢する形になったんだよ。けっこう力が強いんだけど、やめてって言っても本気にされないし地味にストレスだった。」(23歳/大学院生)

冗談を言い合ってる時、またはケンカをしている時に「男だしこれくらいの痛み大丈夫でしょ!」なんて気持ちでバシバシ叩いていませんか?通常男性は女性になにかされてやり返すようなマネはしませんよね。叩かれてもガマン…それが男性のストレスになるかも。リアルな話、カップル間での女性から男性へのDVが増えているとのことですから、トラブルの元になりかねません。

2.日常的な男言葉

「男言葉はせ・め・て女の友達の前だけにしてほしい。その言葉づかいで下ネタを恥じらいなくぶっこまれた時には、もはや女じゃない!」(19歳/専門学生)

「お前さぁ」「すげぇな!」「~じゃねーの?」「ふざけんな(笑)」「うぜー」なんて、おふざけで言うならまだ許されるでしょうが、日常的に使うのは絶対NG!どこぞの田舎のヤンキー彼女のようです。仲が深まったから、「素を出す」という意味でこの行動をとるのは間違った選択ですよ。

3.容姿も中身もおばさん化

「彼女がおしゃれとか毛の処理とか手を抜きはじめてたから『○○昔の方が可愛かったな~?(笑)』って冗談っぽく指摘した。それからちょっとは気合入れてくれるようになってまだ良かったわ~」(24歳/広告)

毛の処理がめんどう・化粧適当・身振り手振りが荒い・体型肥大・よれよれの服を着る…「可愛い子ぶるのなんて、もう疲れたのっ!」と言わんばかりの手抜き具合=おばさん化です。色気なんて微塵も感じられませんね。二人の時ならまだしも、男性はいつだって自慢できるような女性を連れて街を歩きたいもの。おばさん化するのはせめておばさんの年齢になってからにしましょう。

4.自分優先行動

「あまりにも自分との予定入れてくれないと『俺って優先順位低いんだな…』って思う。」(25歳/飲食)

これは嫌がられるというより、寂しがらせてしまう行動ですね。彼とのデートの予定を他の予定の合間に入れ始めるようになったら注意が必要。自分のことを優先しすぎてはいませんか?男性は拘束しすぎてもダメ、離れすぎてもダメです。もしかしたら、あなたの彼は悲しくなって、ふて腐れているかもしれませんよ。もしそうなら、彼の優先準備を1位にして、飛び切りのデートを計画しましょう。

おわりに

いかがでしたか?
ケンカの原因にもなりそうなこれらのチェックポイント、当てはまるものはあったでしょうか。他にも思いがけず嫌がられている行動があるかもしれませんね。
彼の様子をみつつ、ぜひ見直してみましょう。

(平井エリカ/ハウコレ)