2014.08.22

あなたの天職は何?12星座別「向いている職業」


「自分が何の仕事に向いているのかわからない」という悩みを抱えている方が多いようです。
そこで、今回は12星座別に向いている職業をご紹介します。ぜひ参考にして、もう一度自分が何をやりたいのかよく考えてみましょう。

☆火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)

火の星座のなかでも特に、牡羊座・獅子座はナンバーワン志向が強く、やるからにはトップを目指さなければ気がすみません。そのための努力も人一倍。そんな牡羊座に向いているのは医者や政治家。女性には門戸を開いてない職業でも、フロンティア精神を発揮して無理やり開くくらいのパワーの持ち主です。
獅子座の適職は役者や歌手など、華やかなスポットライトをあびる仕事。遊び上手なのでツアーやイベントの主催なども向いています。
火の星座で唯一競争心のない射手座は、協調性も不足気味なので、組織にいるより、フリーランスとして働く方が向いています。海外運もあるのでフリージャーナリストやカメラマン・通訳などがおすすめ。

☆地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)

持久力抜群の地の星座は一度仕事につくと向いていなくても頑張ってしまうところがあるのが心配。
金銭感覚抜群の牡牛座は金融関係や経理にむいています。五感にすぐれているのでソムリエやアロマテラピストもよいでしょう。
乙女座は自分が先頭にたつより、2番手で人のフォローをすることで実力を発揮するので、秘書や司書などがおすすめ。知的好奇心旺盛なので学校の先生も向いています。
山羊座は屋台骨がしっかりしているところでないと不安なので、フリーランスなどは向いていません。公務員か大企業が一番のおすすめ。大器晩成型なので将来経営者になる可能性が大。

☆風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)

何をやらせてもいい線をいく、マルチタレントの風の星座。社交的なので人脈も広く、仕事を紹介されることも多そうです。その中でも、コミュニケーション能力抜群の双子座はアナウンサーやDJなどのしゃべる仕事か、ライターなどの書く仕事、すなわち言葉を使う仕事がいちおし。
センス抜群の天秤座はファッション関係か美容関係の仕事に向いています。社交性抜群なので接客業もいいでしょう。
水瓶座はメカに強いのでシステムエンジニアなどIT関係。発想力にすぐれているので、コピーライターやSF作家になってもうまくいきそう。

☆水の星座(蟹座・蠍座・魚座)

感性にすぐれた水の星座は、頭で考えるというよりは気持ちの赴くままに行動するタイプ。短気をおこさないか心配なところも。
細かい気配りができて、母性本能にみちあふれた蟹座は、保育士さんや幼稚園の先生が適職。家庭的なので
お料理の先生や栄養士さんなどに向いています。
奉仕の精神にあふれた魚座は看護婦さんや介護士など。芸術的センス抜群なので、画家や小説家など芸術家になると海外での活躍もありそう。
蠍座はあまり社交的ではないので接客業は不向き。ひとりで極める伝統芸能の世界などでその道の大家になれそう。陶芸家、華道家・書道家などがおすすめです。今おけいこごとでやっているなら、プロを目指してみるといいかも。

おわりに

「この仕事が向いています」と言われて、それをやれるのかというのは疑問ですが、自分の中の指針にはなると思います。自分では向いていないと思っていたけど、やってみたら意外と合っていた!ということも少なくないので、チャレンジする価値は大いにありです。

(小泉茉莉花/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事