2014.11.27

乙女のイメージ崩壊!清楚系ビッチ認定されちゃう5つの条件


清楚な乙女は男性にとっての理想像ともいえる姿です。それを分かってるからこそ、清楚さを求める女性も多いことでしょう。

しかし、だからこそ、清楚イメージは脆くも儚い繊細なイメージなのです。ちょっとでも"粗"が見えると、途端に男性から「ビ…ビッチめ!!」と半泣きで叫ばれちゃいます。

今回は清楚な女性をビッチ認定しちゃう条件を5つ紹介しましょう。

1.太もも見え過ぎ

「スカートの丈が短くて足が露出してると、どうしても男を誘ってるように見えるんですよ。ストッキングやタイツを履いていても同じです。というより、生脚じゃないから清楚なのに、やたらとスカートが短いとそのギャップで清楚な振りした女って感じがしますよ」(30代/IT)

タイツやストッキング履いてたら、なかなか履けないミニも履けるし、それにミニってカワイイし…男の視線集めるために履いてるわけじゃない!
ひどい偏見混じりですけど、たしかにそれ狙いの女性がいるのも否めない…

だから本命の男性の前では、カワイイからといって太ももが見えないくらいのスカートをチョイスするのがよさそうです。

2.デカ目

「黒髪で落ち着いてる雰囲気なのに、目元がバッチリ気合い入ってると『うわー出たよ』って感じ。全体的にキレイめな印象だから、カラコンとかつけまつ毛してると目のインパクトがデカくて印象残っちゃうんですよ」(20代/SE)

デカいってそんな身もフタもない言い方…目がパッチリしてるのカワイイじゃないですか!

けど、あまり目力強めにしない方が、ウケはいいといったところでしょうか。控えめがちょうどって感じなんですね、きっと。

3.話題が男ばっか

「話題でその人の性格というか、興味の対象が出ちゃうでしょ。男の話題ばっか言ってるようだと、頭の中も男のことばっかだろうなって思いますよ」(30代/営業)

すごい言われよう…そのくらい男性的には不安になっちゃうみたいです。けどたしかに、普段から明らかに男性の話題ばっかりだとそう疑われても…というのはあります。

ただ、男性のことをちょっと話しただけで「アイツはそんなヤツか!」と思う人もいるようです。それくらい清楚系のイメージって繊細、というより処女的なイメージが強いみたいですね。そのイメージを守ってあげるには、極力男性の話題は控えるのが無難そう。

4.合コン

「アウトですね。見た目が清楚で大人しめな雰囲気にしてるから、一気に印象ガタオチですよ。そもそも合コン行ってる女性自体、あまりいい印象ないんですし。清楚系なのに合コンなんて行ってると余裕でビッチ認定確定ですよ」(20代/SE)

これ敏感な男性多いですよ。特にこの男性が言ってるように、清楚系の女性が合コンに参加ってなると「イメージ崩壊が!」と嘆きの声を上げちゃう人多数です。

合コン行ったからってそう大袈裟な…というのがありますが。合コンをいかがわしいと思ってる方が問題だと思いますが。清楚イメージのためには、言わない方がやはり無難ですね。

5.経験人数

「彼氏よりも経験人数が多かったら終了。というより、彼氏の数が多くても終了。清楚な雰囲気っていうのは男の理想の姿なんです。例えるなら…修道女とか、そういう汚れのなさのイメージなんです。」(20代/大学生)

自分が初めてでありたいと思ってる男性も少なくない、特に清楚に対するその期待は大きいので、これは…隠しましょう。経験が多いからってビッチ確定っていうのはどうかと思いますけど、とにかく多かったら隠しましょう。

おわりに

美しく麗しく清らかで自分だけの乙女であってほしいという男性の願望を叶える清楚さは、少しでも"男"の陰を匂わせた途端に木端微塵になります。

言ってみれば純潔であってほしいということなのでしょう。「高望みもいいところ…」と突っ込みたくなりますが、清楚さを売りにする場合はできるだけ"男"を匂わせる要素は隠した方がいいですね。夢を見させてあげた方が、男ウケ率は高くなりますから!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事