2015.10.02

彼女と寝てるときに愛おしくなる行動BEST6

お家デートでまったりしているとき、ベッドでごろごろしていた彼が眠ってしまったとします。みなさんなら、ここでどんなことをしますか?

「暇だな」とスマホをイジりだす? いえいえこれはブサイクです。
「寝てるんだから何しててもバレないじゃん」と思うかもしれませんが、以外と伝わってるんです。彼が眠っているときこそ愛される彼女になるチャンス!そこで今回は、20代男子30人に「寝ているときに彼女にされてキュンとしたこと」について聞いてみました。

1.つんつんしてくる

「彼女、俺が先に寝てるといっつも『起きてー』ってほっぺたつんつんしてくる。
眠いからたしかにスゲームカつくんだけど(笑)、でも後々考えるとやっぱりそういうところがかわいいなって思うんだよね」(大学生/22才/男性)

これはたしかにかわいい! 彼に寝られてしまってひとりで寂しくなっちゃった感じがうまく出てますよね。寂しいときはウザがれるとおもわずに思いっきり甘えてみましょう。

肩を揺すったりするんじゃなくて、ほっぺたを指先でつんつんするあたりが萌えポイントですね。かわいさが何倍にも増します。

2.「好き」と言われる

「寝落ちしかけてるときに彼女が小さい声で『好きだよ』って言った。俺は聞こえたけど、彼女がかわいそうだから聞こえてないふりした。でも嬉しかったよ」(公務員/25才/男性)

普段、恥ずかしくて言えないことは寝ているときこそ伝えちゃいましょう。寝始めの頃は眠りが浅いので、こういうのはだいたい聞こえてます(笑)。
彼も不意打ちのデレにキュンとしちゃうこと間違いなしです!

寝ているときでも恥ずかしい!という人はなんでもいいから話しかけてみることから始めましょう。
「おやすみ」とやさしく語りかけてあげるのもいいですね。寝ていても彼にあなたの優しさが伝わるはずです。

3.くっついてくる

「無言で、俺の寝てる背中にぴとってくっついてくるのがめちゃくちゃかわいいと思う。
眠っていながらも、彼女が背中に密着したことだけはハッキリとわかる。すごい安心感だもん」(大学生/23才/男性)

寝ている間のスキンシップは効果バツグンなようです。お家デートではドキドキより安心感を求めている男性が多いですからね。体をくっつけながら寝ることで感じる安心感は特大級です。

くっつく以外にも手をつないだりするのもいいですね。ふと目を覚ましたら彼女が手をつなぎながら寝ちゃってた、なんてかわいすぎますよね。

4.寝顔を写メられる

「起きてから後々気がついたことなんだけど、彼女が俺の寝顔の写メめっちゃいっぱい持ってるんだよね(笑)。面白い子だなーって思ったわ」(大学生/20才/男性)

けっこう彼の寝顔が好きって女子はいると思います。「私しかこの顔を見れないんだなー」って思うと、なんだかすごく特別なものに思えてきますよね。

それを保存しておいて、あとで彼にまとめて見せてあげましょう。あなたの彼への思いが伝わって、驚くけどきっと嬉しがるはず。

5.お手紙を書いて残してくれる

「家デート中に寝落ちしちゃって、ちょっとしてから目覚ましたら彼女がカリカリ机で手紙書いてた。俺への手紙っぽい。『暇だからお手紙書いてた』らしい。かわいすぎるだろ」(営業/26才/男性)

起きたら彼女からのお手紙があったなんて胸キュン間違いなしイベントです。
ラインでメッセージを残して「いつ気づくかな」とワクワクするのも楽しいですね。

また、こういう一見退屈な時間を、彼を喜ばせるためになにかをするのもポイント。ほかにも、彼が寝ている隙に夕ごはんの支度を済ませちゃったりとかもいいと思いますよ。彼女の作ったごはんのいい香りで目を覚ますなんてとっても贅沢ですよね。

6.泣いている

「寝てるときに鼻をすすってる音が聞こえて、なんだろとおもったら彼女が泣いてた。びっくりして何も聞けなかったけど、思わず抱きしめちゃった。」(金融/23才/男性)

これは少し番外編。昔も今も男の人は女の人の涙に弱いんです。
ウソ泣きはいけないことですが、彼が寝ているときくらい悲しい気持ちに浸ってもいいと思いますよ。

注意しなきゃいけないのは「常に泣いている彼女」では効果が半減してしまうということ。ここぞというときの涙に男性はグッとくるようです。

おわりに

どうでしたか? いくら彼が寝ているときの言動だって、油断は禁物。彼が一瞬目を覚ましていたり、後々知ったりで、意外と彼に伝わっているものです。

ここでキュンとくる行動をとれば、彼はさらにあなたのことが愛おしくなります。ダラダラスマホをいじる、寝てるからって怒って帰るなんてもってのほかです。彼が寝ちゃったのはあなたといるのが心地よくて落ち着いているから。寝ているときでもいつでも彼にとって最高の彼女でいましょうね。

(遣水あかり/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事