女性

2017.07.26

付かず離れずのほうが愛される!良い距離感を保って長続きしよう

彼と長続きするうえで、付かず離れずの関係をキープするというのは、とても大切です。あまり気にしたことがないという方がほとんどでしょうが、付かず離れずの関係でいることこそが、彼を一方的に愛するだけでなく彼からもたくさん愛される秘訣なのです。

では、どうすれば彼と付かず離れずの関係でいられるのでしょうか。
今回は、付かず離れずの関係をキープするために必要なポイントを整理しました。

付かず離れずの関係とは

付かず離れずの関係と聞いて、みなさんはどんなカップルを思い浮かべたでしょうか。お互い干渉しないカップルでしょうか、はたまた、スキンシップをあまりとらないカップルでしょうか。
付かず離れずの関係をキープしているカップルというのは、いわば、お互いがきちんと自立し、相手に依存していないカップルのことです。

それぞれの生活を尊重し、相手の価値観にまで深入りしないという風に、付かず離れずのカップルは相手に干渉することが少ないため、恋人がいることで感じるストレスはほとんどありません。
彼氏とベッタリしたい派の女子にとっては少し実現が難しいでしょうが、付かず離れずの関係を意識することで、交際期間がぐっと長くなります。

彼氏に依存しない

「依存してくる子は重いし、多少雑に扱っても自分から離れないから気づいたら大切にしていないことがある。彼女にはしっかり自立していてほしいかな」(30歳/営業/男性)

「友達が少ない子や打ち込めることがない子って彼氏に依存しやすいけど、ヒマな男子や極度の寂しがりやな男子以外はそんな子苦手だから。恋人とはいえ、付かず離れずくらいの方が長続きする」(28歳/IT/男性)

付き合ったらもう彼しか見えない!と、友達との予定も作らず、彼としか会わなくなる女性もいるはず。それでは彼の独占欲も執着心も湧いてきません。彼と長続きしたいのなら依存は厳禁。付かず離れずの程よい距離感を保ちましょう。

見返りを求めない

「見返りを求めない女子は損得勘定がないからこっちも大切にしなきゃなと思える。見返りを求めると、どうしても相手に負担がかかるし。付かず離れずの関係でいるなら、相手に多くを望んじゃだめだよね」(29歳/通信系/男性)

見返りを求めてしまうと、どうしても相手に期待することが増えてしまうため、付かず離れずの関係をキープするのは難しいようです。
支え合いは大切ですが、それと見返りを求めるのは違います。「私はこうしたんだから、あなたもして」なんて見返りを求めてしまうことは、自分の価値観を相手に押しつけているのと同様です。

たまには変化をつけてみて

「長く一緒にいても飽きない女子とは長続きする!好奇心旺盛でつねに何か学ぼうとしている子とか、人を喜ばせるのが上手な子は興味深くてハマる!いつみても同じだとつまんないし」(27歳/サービス業)

付かず離れずの関係でいるには、いつもの自分とは違うところを見せることが大切です。彼を飽きさせないためにも、常に彼の前では新鮮な自分でいることを心がけたいですね。「この子はいろんな顔を持っている!」とわかれば、付かず離れずの関係でいられます。
付き合う上で安定感も大事だけど、変化していくのも大事。いろんな側面を見せましょう。

自由奔放に過ごす

「つかみどころのないふわふわした女子は不安で放っておけない」(30歳/不動産/男性)

「自由奔放な女子とは付かず離れずの関係でいれる。むしろ、俺の方が寂しくなって、その関係を崩しちゃうときもあるけど」(29歳/証券/男性)

自由奔放な子は、かまってちゃんにならないため、付かず離れずの関係をキープしやすいようです。それどころか、彼の方が寂しがって、構ってほしいとコンタクトをとってくることも。彼に愛されたいならば、自由気ままな感じの方がいいこともあるようです。。
長続きする秘訣は、自分のしたいことをして、付かず離れずの関係をキープすることだということでしょう。いつも彼に構ってアピールをしている人は、たまには自分の趣味に目を向けて没頭してみましょう。

おわりに

付かず離れずの関係でいると、彼に飽きられる心配もないうえに、あなたも自分の時間を自由に過ごすことができるため、メリットがたくさんあるということが分かりました。
彼と長続きをする秘訣は、付かず離れずにあったようですね。
とはいえ、彼と四六時中一緒にいたい女子にとっては、付かず離れずの関係でいるのは苦痛でしょう。まずは少しずつでいいので、今回ご紹介したようなポイントを実行してみてください。取り組みやすいことからで大丈夫です。

彼と付かず離れずの関係を築き上げて、素敵な恋愛をしましょう。

関連記事