2018.08.17

「うわ、俺の彼女エロ…!」異性としてちゃんと興奮する彼女でいるためには?

どうもあかりです。
急な思いつきですみません。記事の中に一箇所だけありえない間違いがあるので、探してみてください。
さていきます。
もうお付き合いをしているのに、今さら彼氏に対してセックスアピールをするのもなんか変な感じです。例えば、ドラマとかでよくあるような「お帰りなさい。お風呂にする? ご飯にする? それとも、タ・ワ・シ?」なんてセリフを言ってみたとしても、「急にどうした?」なんて言われてしまうのがきっとオチなんです。

だけど、一方で私は、「一緒に居すぎて、下着姿を見ても、一緒にお風呂に入っても勃起しなくなったわ」みたいに思われる、言われるのがすごく嫌で、付き合った後も、付き合う前みたいにずっと、「エロいな」「セクシーじゃん」って感じてほしいんです。みんなもそうじゃないでしょうか。

ということで今回は、彼氏にいつまでも、「うわ、エロっ」てちゃんと思い続けてもらえるためのアイデアをご紹介したいと思います。

1.「男子はすっぴん好き」にあまり甘えない

「ぶっちゃけ、彼女と半同棲をし始めて、最初は『すっぴんなんて絶対に見せられない!』って拒絶していた彼女が、すっぴんで平気で室内にいるようになって、少し、彼女のことをあまり異性として見られなくなってきた」(フリーランス/26才)

私の知人で、「家でも、彼と一緒にご飯を食べるときだけは、簡単でいいからお化粧をしてテーブルに座る」というルールを実践している人がいて、「なんか、素敵だな」と思っているのですが、きっと彼女が恐れているのって、この男子が言うような状態なんじゃないかなって。

たしかに「男子はすっぴん好き」ってよく言われるんだけど、たぶんそれって、最初だけ。「一回でいいからすっぴん見てみたい」という意味でしかなくて、2回目以降にすっぴんの付加価値はないと思う。

とはいえ、自宅にいるときに常に化粧をしろというのも無茶な話なので、「必ず」とは言えません。
だけど、同棲しているわけじゃなくて、ただ彼がお家に遊びに来るだけなら、きちんとお化粧をしてお出迎えをしたり、私の知人のように、いくら(半)同棲をしたとしても、「ずっとすっぴん」というのは避けたりして、「最近、彼女が化粧してるのいつ見たっけな?」なんて思われないようにはしたいです。

2.「セクシー」を安売りしない

「彼女が家で無防備な服装しているのは最初は興奮したけど、今では逆に異性として見れないな。普通にパンツ一丁で歩いてたり」(公務員/25才)

私が実際に元カレに言われた衝撃の一言をご紹介します。
「なあ、あんまりやる気ない服装でばっか家をウロチョロされると、彼女というより母ちゃんだぞ?」
今思い出しても、顔から火が出るほど情けない! ドライブデートでこっそりすかしっぺをしたら、想像以上に臭くて確実にバレていたけど素知らぬフリをしていたあのときよりも、肩身が狭かった!

ノーブラ、下着姿といった超薄着、あるいは、お着換えのシーン。
こういった「セクシー」は、カップルという関係になって、お家にたくさん遊びに行ったり、来たりを繰り返していると、彼に見られる機会が増えてくると思います。だけど、これをどうか「安売り」だけはしないで。ちゃんと、あなたの下着姿や無防備なムラムラする姿は、貴重な存在、見るだけで興奮する存在であり続けるように。

「恥じらい」を捨てたら、その瞬間からそこにセクシーは存在しなくなるんです。
初めて彼に恥ずかしい姿を見せたときの気持ちを、忘れてはいけません。

3.エッチな演出をたまにでいいので取り入れる

「付き合っているとどうしても彼女のエロさに麻痺ってくるから、たまに刺激を取り入れるのがいいと思う。ヨレヨレの下着とか、よろしくない。逆に、たまに下着を新調するとかは、とてもドキドキするかと」(出版/27才)

そうですね。彼女としてのエッチさ、セクシーさを維持するには、たまには「新しい風」も必要です。そのために新しい下着を使うというのも私は大賛成。ひょんなタイミングで、パリッとしたおニューの下着をつけて寝てごらんよ。確実に彼はそれを見逃しませんし、「これ、エロ」と反応もしてくれます。こういうちょっとした気分転換が、いつまでも彼女を「異性」たらしめるために必要なものだと思います。

他にも、かわいくてちょっとセクシーなナイトウェアでベッドに入ってみたり、寝るときに少しだけお化粧をしたまま寝てみたり、といったものもスパイスとしておすすめです。

おわりに

彼女は彼女。仲良くなったからって、やっぱりどこまでいっても「異性」でありたいし、そのためには、きちんと興奮するべき場面で興奮してほしい。これが私たちの願いであるはず。

そのために、「すっぴん好き」神話に甘えすぎないこと、「セクシー」の安売りをしないこと、そして、たまにでいいから、エッチな演出を取り入れることを意識してみることは、私の経験則上もとてもおすすめです。

さて、間違い探しの答え合わせといきましょう。冒頭で、「それとも、ワ・タ・シ?」とすべきところが「それとも、タ・ワ・シ?」となっていたのでした~! くだらなすぎるし、簡単すぎる! すみませんでした!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事