2018.08.26

彼がメロメロに…♡手放せなくなる「欲しがり彼女」って?

こんにちは。沙木貴咲です。デートに誘ったり、キスを迫ったりするのは、いつも男性と思い込んでいませんか?確かに男性がリードするシーンは多いのですが、女性は絶対に受け身でなきゃいけない、というわけではないんです。

最近では、草食化した受け身男子が多くなっているので、女性から「欲しがる」ことは結構大事かもしれません。

『欲しがる=おねだり上手』ではない

欲しがるというと、プレゼントをねだる小悪魔女子を想像するかもしれませんが、それだけではありません。

たとえば、「手を繋いでほしい」と言って指を絡ませるとか、二人きりのときに「キスして」と顔を近づけていく、「ぎゅー、していい?」と抱きつくなど、恋人同士ならではのスキンシップを女性から求めるのも欲しがり行為なんです。しかも、男性にとっては純粋にうれしい愛情表現なので、心をわしづかみにされるのは必至!

いつもは彼のほうから触れる、という暗黙のルールがあるカップルなら、彼女がリードすることで新しい刺激が生まれますし、彼氏も興奮するはず。
たとえば、「大人しそうなコだと思っていたのに、意外と積極的」と、良い意味でのギャップを見せつけられるかもしれません。

あるいは、「自分から甘えるなんて、結構かわいいところがあるんだな」など、普段とは違う一面を見せることになるでしょう。

男性だって求められたい!

手を繋ぐ、キスをする、抱きしめる……といったスキンシップは男性から、というケースが多いかもしれませんが、男性だって求められたいんです。大好きな彼女に「触れて」と言われると、ドキドキして気持ちが高まってくるはず。
付き合い始めはもちろん、交際期間の長いマンネリカップルには、気持ちを再燃させる良いきっかけになるんじゃないでしょうか。

女性はよく「私のこと、本当に好き?」と質問して、彼氏を困らせてしまいますが、男性だって彼女が自分を愛してくれているか、確認したくなる瞬間があります。
そんなときに彼女が「ギュッてして」と身を寄せてくると、自分が本当に好かれていて、必要とされていると満足できるんです。何年も一緒にいる見慣れた彼女であっても、かわいくて仕方ないと思えてくるでしょう。

もっとも効果的なのは、ベッドの中

LINEでのやり取りやデート中はもちろんですが、『欲しがり』がもっとも効果を発揮するのは、ベッドの中です。

エッチのリードを取るのは大抵が男性ですから、求められることに慣れていない人も多いはず。思い切って自分からキスを求めたり、馬乗りになったりすれば、彼氏は驚くかもしれません。
ですが、嫌がったりはしないでしょう。むしろ喜んで、積極的に求めに応じてくれるに違いありません。

というのも男性は、自分が好かれていて求められていることに満足するだけでなく、「彼女が欲情している」ことにも興奮するから。男性にとっては、愛する女性が快楽に溺れようとする姿は、このうえなく魅惑的なんです。

エッチがワンパターンでつまらなくなってきたと感じるなら、特に欲しがる様子を見せて、彼に刺激を与えると良いですよ。

お互いに求めて関係をはぐくむ

恋人関係は、二人の愛がちょうど良く釣り合っていると、安定して長続きします。どちらか一方だけが与えるのは、ストレスや不満の元。彼氏も彼女もお互いに「求め合う」のが理想的なんです。

だから、恥ずかしいなんて言わずに、自分から彼を求めてみてください。今まで以上に愛されるようになって、関係はもっと良くなるはず。
彼氏から「絶対に手離したくない彼女」と思われるに違いありません。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事