2018.09.02

俺の彼女、かっこいいじゃんか!憧れ愛される「かっこいい彼女」ってどんな?

どうもあかりです。
「かわいい」ものが好きで、「かわいい」にいつでも支配されている自分の性格には、我ながら呆れるほど。まあ、それが楽しいんですけど。女子は「かわいい」を中心に生きているとよく言いますね。

だけど男子は、私たち女子と反対に、「かっこいい」ものが大好き。私たちから見れば「かわいい男子って、すごくモテると思うんだけどなぁ」なんて感じるときもあるのに、なかなかわかってもらえないんですよね。

そして、男子にとってのこの「かっこいいもの大好きシンドローム」は、”彼女”についても同じことが当てはまります。彼女のことを「かっこいい……」と感じたとき、それはまるで私たちが彼のことを「かわいい……」と感じたときと同じくらいに、「好き」が溢れてくる瞬間なんですね。

ということで今回は、「彼女、かっこいいじゃんか」と感じる瞬間について紹介してみたいと思います。

1.「俺が苦手なこと」ができちゃうんかい

「自分よりコミュ力が高い彼女に憧れる。自分はレストランとかで文句あるとき普通に怒っちゃうんだけど、彼女は怒ったりせずに、誰も嫌な気持ちにさせずに最高の結果を生み出せる。そういう社会性の高さはカッコいいと思うし、自分にない強みなので、尊敬してます。彼女には言っていないけど」(公務員/24才)

言ってあげてよ~。きっと喜ぶのに。
ということで、「俺が苦手なこと」をできてしまう彼女というのは、彼にとってカッコよく見えるものです。まあもともと、男女はお互い「自分にない部分を持った人」に惹かれ合うことが多いですから、当然といえば当然なのかもしれませんけどね。でも、こういう瞬間に出会うたびに、「この人は、自分の人生にとって必要な人なのかもしれない」と恋人に対して感じるというのはありうることです。

自分ひとりでできることをするために誰かと一緒になる必要はなくて、パートナーを作るというのは、「自分ひとりでいるよりもできることを増やしてより幸せになるため」の活動ですからね。

2.嫌いな異性に、嫌いな態度をぴしゃりと取れる

「俺という彼氏がいることを踏まえて、俺以外の異性からアプローチとかを受けたときに、当たり前のように冷たい反応がとれる彼女。そういう彼女は頼もしくて信頼に値する」(メーカー/25才)

彼氏がいるのに、好きな人がいるのに、彼氏以外の男子にもへらへらいいカッコしちゃう女子って、たしかにカッコ悪い。「彼氏以外の男子にも、一応好かれておいたほうがいい」って思っているのかな?

でも、「男子みんなのための自分」であろうとしているうちは、「誰か一人のための自分」になることはできません。

「私は今、彼だけの女なんだよ」という覚悟と決意を何のためらいもなく表明できるその姿は、男子が彼女に対してそうでありたいと願う「一途で誠実」な恋人像そのものです。だからこそ、「素敵じゃん」と感じるのでしょうね。

3.ダメなところには誰より厳しく

「よく言うことだと思うけど、ダメなところをちゃんと怒ってくれる彼女って、その瞬間はイラっとするけど、やっぱり貴重だってちゃんと感じてるよ」(旅行/26才)

「嫌われるのが嫌で、いい顔しちゃう。いいことだけ言っちゃう」というのは、きっとおそらく誰もが抱えたことのある悩み。そして、「こんなんじゃ、本当はいけない」と克服したいと感じたことのある悩み。

好きな人を傷つけることなんてもちろんしたくないけど、ここで言わなかったら、自分も相手もこの先もっと傷つく。そういう未来志向で正しい勇気ある決断をできる人は、人間的に魅力的です。

「彼女としての価値は、彼氏に対して、どれだけキツイ、だけど図星なダメ出しをできるかで決まる」
なんて話をどこかで聞いたことがありますが、これは的を得ているのかもしれません。しかも、厳しいことを言うには、単に勇気だけじゃなくて、それを言っても壊れないような丈夫な関係性も必要ですからね。

4.「私が守るから。いざというときは」

「誰かに守ってほしいときに自分のことを一番に守ってくれる人が一番大切な存在に違いない。自分が仕事をやめたかったときにずっと励ましてくれた彼女のことは、別に『あのとき助けてもらったから申し訳ない』って気持ちからじゃなくて、心から、一生そばで恩返しし続けたいって思うもん」(広告/27才)

当たり前のことを言いますが、カップルって、別に「彼氏が彼女のことを支える関係」でもありませんし、その逆でもありません。お互いに支え合う関係、守り合う関係です。

男子だって、(表には出さないのでわかりにくかったりもしますが)結構メンヘラですし、自信家のようにみえてナイーブですし、仕事のことなんかだと、「一生働き続けるんだ」っていう覚悟がある分、はるかに深刻で真面目な悩みをいつも抱えていたりします。

そして自分がやや「ダウン」な時期に、その人がいてくれたおかげでなんとか乗り越えることができたということが一度でもあると、「何かあったときあの人いないと困るよな」と、具体的には、「仕事で辛くなっても頑張り続けるには、あの人がいないとダメだよな」という思考になっていく。

だから、付き合っている間にそういう体験が一度でもあればいいです。
「何かったらいつでも言ってね」という日頃からの声かけと、その「いざ」というタイミングがやってきたときの「ニートになってもそばにいてあげるから」というくらい無償な愛の投げかけを。

おわりに

普段は「かわいい」彼女。だけどいざというときには「かっこいい」彼女に変身。
あの日憧れた、「月に代わってお仕置き」するあのヒロインみたいな存在に、なりたいですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事