2019.02.05

彼氏の「一番の理解者」になって、離れられない存在に♡彼女が理解すべき4つのこと


どうもあかりです。
人は、「自分のことを誰よりも深く理解してくれている人」のそばから離れることができません
誰にだって、直感的に、本能的に、そういう人こそが自分にとって一番大切な人だということを知っているから。
今日は、「彼のことを誰よりも理解してる」といえる彼女になるために、分かっておいてほしい4つのことをご紹介していきたいと思います。

1:彼が好きなもの、こだわっているもの

彼が一番こだわりを持っているものを、あなたは即答することはできますか?

人にとっての「こだわり」は、言ってしまえば、好きな人なんかよりもはるかに長い間、ひょっとしたら人生の大部分の期間、「自分にとって一番大事なもの」であり続けてきた存在です。
だからそれを理解してあげられることは、彼の一番深いところを知ってあげることに等しい

ただ、「理解する」は「共感する」という意味ではありません。
彼が熱心なアイドルオタクだとして、ここで大事なのは「アイドルを一緒に好きになること」じゃなくて「彼がアイドルが大好き、ということを知ること」

いつものようにアイドルのライブ動画をニヤニヤ見ている彼に対して「ほんっと、好きだね~」と半ば呆れながら笑いかける。これだけでも嬉しい。

彼から「甘いもの、ほんと好きだね(笑)」みたいに言われたら、なんかよくわからないけど、ちょっと嬉しくないですか?

2:彼氏が仕事に熱中している姿

結局は価値観の問題ですが、もしも彼が比較的働き者な人なら、彼が仕事に対して注ぐ情熱を、最悪「フリ」でもいいから理解してあげることを強くオススメします。

さっきは「こだわり」のお話でしたが、社会人の場合、仕事が「こだわり」や「好きなこと」になるケースはとても多い。
そりゃそうです。一週間のうち5日間の、しかも起きている時間の大部分を仕事に費やしてるんだから、そりゃ愛着とかこだわりとかも湧きますよ。

こういう彼には「がんばれ」と応援してあげることも重要です。
でも、できれば彼があなたに仕事を話をしてきたときには、「ふーん」と聞き流すんじゃなくて、ほかのどんな話題よりも興味深そうに耳を傾けてあげてほしい。

たしかに「プライベートでは仕事の話を一切しない」タイプの男子も一部いるのですが、逆に、彼女に対して仕事の話を普通にしてくる男子の場合、まず間違いなく「自分の仕事が大好き」だし、「仕事をがんばる自分を尊敬してくれる人をお嫁さんにしたい」と思っています。

3:「好きな人」=「親友」と過ごす時間

彼の「好きな人」は誰でしょう?
いえ、聞き方を変えます。彼が「昔から今もずっと好きな人」は誰?
「ずっと」と言うと、「彼女」では残念ながらありません。こたえは「友達(親友)」です。

私たちだってそうかもしれませんが、大好きな友達になら恋人以上に本音を話すことができますし、一緒にいるだけ爆笑が止まらないくらい楽しい時間を過ごせますよね。

ときに彼女として嫉妬を禁じ得ないほど仲良しに感じることもあるかもしれませんけど、大丈夫、もちろん嫉妬の必要はありません。

「仲良しなんだね」とただただ微笑ましく見守ってあげて、尊重してあげて、ときにデートがバッティングしてしまってもしょげず怒らず、「ちょっと~、どっちが大事(笑)?でも楽しんでね」と送り出してあげて。

4:「私」の好きなところ

「あなたの彼氏はあなたのどこが一番好きなんですか?」と聞かれて即答できる人は、実はあまり多くありません。

簡単じゃないんですよね。「好き」だとはわかっても、「なぜ」までは意外と知らない。

もちろん「外見」の好みは大前提だろうけど、ほかの「仕事をがんばってるところ」とか「甘えんぼうなところ」とか、そういう中身、人格的な部分の理由ってわからないことが多い。

でももちろん、わかってた方が良い。その武器を全面に押し出せるから。そうすれば、彼氏はますますあなたを好きでいてくれます。

じゃあそれを知る方法とは何でしょう?


まず、彼が「~なところが好きだよ」って言ってくれたときのことを思い出してみてください。それでも出てこなければ、もう聞きましょう。単刀直入に!

大丈夫です。ウザくなんてない。「好きって思ってくれてるところをもっと伸ばして、もっと好きになってもらいたいから!」って言えば、めちゃかわいいから。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(高﨑哉海/モデル)

関連記事