彼氏に手を引かれて振り返る彼女

2019.03.03

「まぁ、いっか」がコツ!自然体でいられるカップルこそ、長続きできる

どうもあかりです。
「まぁ、いっか」というのは人生のあらゆるものを気楽に、そして少し楽しくしてくれる魔法のフレーズです。これは、恋でもその効果は健在。

大好きな人だから、ちょっとしたやりとりでも「絶対に失敗できない、したくない」というプレッシャーはそりゃ常に付きまとうけれど、あなたのこの一言で、彼との関係を、等身大でがんばりすぎない、なおかつ心地いい関係にしてあげてください。

というわけで今回は、2人の関係がより自然体になれる「まぁ、いっか」が発動する2つの場面をご紹介です。

■LINEや交友関係にルールが多いのはNG

二人がどんな関係を作っていくかは、まさに二人のそれぞれの態度次第で決まってくるものです。

例えば「禁止」の多い関係性。
・異性と遊んではダメ(LINEしてはダメ)
・朝まで遊んではダメ
・こういうところに行っちゃダメ
……などなど、いろんな「禁止」があり得ますが、「この人と付き合っていると、こういうことができなくなる」と制約が多いカップルは、ずいぶんと息苦しいものです。

▽「まぁ、いっか」は諦めじゃなくて、大人な恋愛をする秘訣

「まぁ、いっか」というのは、諦めとかじゃなくて、「本当に本当に大切なことじゃなければ、目をつぶろう」という大人な姿勢です。

「そりゃ、禁止したら不安は減るのかもしれないけど、別にそんなの禁止しなくたったって、お互いに自由に付き合っていて、ただ『ちゃんと好き』って前提だけがあれば、それでよくない?」と。


もちろん、「これはされたらやだなー」ということはどうしてもあるでしょうから(さっきの「異性と遊ぶ」とかね)、それを伝えておくことは重要。

だからといって、「禁止!」なんて大げさなことは言わず、されてしまったらそれはそれで「遊んだの!?最低!まぁ、浮気してないならいっか」と言っておけば気持ちは十分に伝わる。

▽デートやLINEが上手くいかなくても、「好き」さえあれば良い♡

また「禁止」に限らず、その他一般の「カップル間のルール」も同様に「まぁ、いっか」が言えるテンションでいたいものです。

例えば「毎日必ずLINE(電話)する」とか「必ずこの日は毎週デートのために空けておく」とかいう、理想をもとにした約束があるとします。

こういうのは、「たしかにそうなったら嬉しい」のだろうけど、じゃあそれができないからといって相手のことが嫌いになるとか、死ぬだとかいうことにはなりません。

仮に破られてしまっても「まぁ、いっか。次はよろしく」とスルーすればいいんです。

彼氏彼女が二人で仲良く付き合っていくためには、「お互いに好き」ということだけが大事なだけで、それ以外は「まぁ、いっか」でテキトーに流しておくのが、結局自分にとっても相手にとっても、一番楽なんですよね。

【こんな記事もおすすめ】

■あなた一人じゃコントロールできないものこそ「まぁ、いっか」で乗り越えて

恋の難しいところは、「肝心なものに限って、コントロールできない」というところです。

いつ二人が結婚するのか(いつプロポーズされるのか)とか、浮気されないかとか、愛されてるか、とか。

肝心なものだから、どうにも気になってしまうのは仕方がないけれども、それをコントロールしようとしても残念ながら無駄。

だから「まぁ、いっか」と考えるしかない。繰り返しますがこれは「諦め」じゃなくて、「本当に大切なことじゃなければ、まぁ目をつぶろう」という大人な姿勢です。


じゃあここで言う「本当に大切なこと」って?

それはもちろん「コントロールできること」でしょう。デートでどう振る舞うかとか、デートで何を話すかとか、デートに何を着ていくかとか、自分の手でコントロールができて、しかも彼にとって重要なことなんて他にいくらでもあります。

コントロールできないことに「まぁ、いっか」をして、こういう大事なことに目を向けるのがエッセンスです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(鈴木凪沙/モデル)

関連記事