2019.05.30

【彼女大好き!】彼女を愛している&大事にしている彼氏が、ついとってしまう行動

こんにちは、美佳です。

言葉では嘘がつけても行動では嘘はつけないもの。


そう、彼氏が彼女のことを本当に愛しているかどうかは“行動”でわかります。

そこで今回は、彼女のことを愛している彼氏が、彼女にしちゃう行動をご紹介します。

たわいもない会話に付き合う

彼女の会話に長時間付き合うのは、彼女のことが大好きで、何より“一緒にいるだけで幸せ”だと思っている証拠です。

長電話に付き合うのも大事な彼女だからです。


あなたも、好きでもない人と2時間も3時間も電話なんてなかなかできないですよね。

仮に彼から「好き」だの「愛してる」だの言われなくても、彼があなたのために時間を使ってくれることが多いのなら、それが彼の愛情表現です。


多くの人は、大事な相手には自然と自分の時間を使うことができるんですよ。

彼女の機嫌が悪くなれば、ご機嫌とりをする

あなたがご機嫌ナナメになった時、彼はあなたを放置します?それともご機嫌をとろうとがんばります?


本当に彼女のことを大事にしている彼なら、放置はしないと思います。

彼女が不機嫌になれば『あれ?俺なんかした?』『笑顔にさせなきゃ』と、ちょっと焦ります。で、普段以上に優しくなったり、口数が増えたりと、なにかしらの行動をとりますよ。


逆に、彼女のことをあまり大事に思っていない男子は、彼女の機嫌が悪くなったまま『また機嫌悪いの?めんどくさいな…』と、彼女の機嫌がなおるまでLINEをしなかったり、デートも早めに切り上げたり距離を置こうとします。



あなたの機嫌が悪くなった時、離れず、むしろあなたを笑顔にさせようとがんばるなら、本当に大事に思ってるんだと思いますよ。

「寒い?」「お腹すいてない?」と気遣ってくれる

好きな相手にはみじめな思い、辛い思いはしてもらいたくないし、我慢もしてもらいたくないんです。
できれば一緒にいる時はベストコンディションでいてほしいもの。


だから質問が多くなる男子もいます。

例えば家に遊びに行った時や、彼の車でドライブするとき「寒い(暑い)?」と質問してくれたり、デート中に「お腹すいてない?」「のど渇いてない?」「トイレ大丈夫?」など、タイミングを見計らってこっちの状況を聞いてくれるのは、彼女が大事だから。


そこまで大事に思っていなかったら、そんなにマメに体調を伺ってこないです。


もともと気遣いができない人でも、こっちのようすを伺うようにチラチラ見るなど、ささいな行動があります。
これからのデートで、彼氏の挙動を少し気にしてみてくださいね。

彼女が誤解するようなことはしない

恋人を大事にしている男性は、彼女を悲しませないため、彼女に誤解されないために、慎重に行動するようになります。

例えば、友達に“人数合わせ”として合コンに誘われたけど、もし自分が合コンに行ったら確実に彼女が悲しむ…と思えば「ごめん、その日予定ある」などと断ります。


自分ひとりの生活ではなく、彼女という大事なパートナーとともに人生を歩んでいるという意識があれば、自分の行動が恋人にどんな影響があるのか考えられるんです。

理性を失わないように「一歩引いて考えてみる」ことができるんですね。


だから、彼女が誤解をしてしまうようなことはなるべく避けます。

仮に彼女が誤解してしまっても、連絡が途絶えたり言い訳を並べて逆ギレしたりせず、誤解が解けるまでしっかり説明してくれます。

おわりに:言葉ではなく行動

一言で「好き」と言っても、度合いがあります。

彼女のことが本当に大好きで、大事に思っていると、彼の行動からその気持ちが滲み出てくるものです。

今回紹介したポイントをもとに、自分の彼氏の行動、そして逆に自分が彼氏を大事にできているかについても、ぜひチェックしてみてくださいね。(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事