2019.08.27

キスの仕方が分からない!キスの種類と彼を虜にするコツって?

彼氏と上手に甘くとろけるキスをしたい、でもどうやってキスをしたらいいか分からないということってありますよね。

彼氏が初めての人だとか、まだふたりであまりキスをしてない状態だと、彼氏が喜ぶキスの仕方が分からないということがよくあります。

そこで今回は、キスの仕方と彼氏を虜にするキスのコツについてご紹介します。

まずはキスの種類を覚えよう!


キスのテクニックについて学ぶ前に、まずはキスの種類を覚えるようにしましょう。どういうキスがあるのか知るだけでも、キスの仕方が分かるようになります。

ここでは基本的な3つのキスの仕方についてご紹介します。以下の3つをマスターして、彼氏と最高のキスをしてくださいね。

唇を合わせるだけのフレンチキス

まずは基本となるフレンチキスです。唇を合わせるだけのいたってシンプルなキスの方法ですね。

キスに慣れていない人は、まずこのフレンチキスをして慣れるようにしましょう。相手の唇に合わせるだけですので、落ち着いてキスをすれば問題ありません。

注意点としては、相手の唇を押しすぎてがっつくようにならないようにすることです。軽く触れるくらいのイメージでキスをするとちょうどいいでしょう。

舌を入れて絡ませるディープキス

ディープキスは、舌を入れて絡ませるキスのことです。相手の口の中に舌を入れて動かすので、フレンチキスよりも情熱的で興奮することができます。お互いの気持ちを高めて愛しうためには必須といっても過言ではないキスの方法です。

歯が当たらないように注意しつつ、舌を入れて動かすといいでしょう。彼氏の動きに合わせて舌を絡めていくとうまくいきます。


密着感で胸キュンしまくるクロスキス

クロスキスは、ディープキスよりもさらに深く燃え上がるキスのことです。具体的にはキスをして唇を合わせたまま相手の舌を絡ませ舐めたり、含んだりするキスのことです。

慣れないうちは難しいでしょうが、クロスキスをすることができると、お互いの気持ちは最高潮、心の奥底からとろけてしまうような熱い時間を過ごすことになることは間違いありません。

唇をつけたまま激しく舌を絡ませあうことで、ディープキスよりも密着して激しいキスをすることができます。クロスキスは密着感がたまらないので、ふたりとも胸キュンしちゃいます。

キスの仕方が分からないをすぐに克服するコツ

次に、キスの仕方が分からない人のために、すぐに克服するコツをご紹介します。以下のことを試してトレーニングすれば、彼氏とキスすることになっても、慌てず落ち着いてキスすることができるようになりますよ。

まずはキスシーンを見て研究する

キスがうまくなるためには、いいキスのイメージを固めることです。

そこで、まずは映画やドラマなどのキスシーンを見て研究してみましょう。どういうキスをするとドキドキするのか知ることで、どういうキスが男性に喜ばれるのかわかるようになります。

どんなタイミングでキスをしているのか、雰囲気はどうか、どういう動きをしているのか、どんな言葉を発しているのかなどについて注目しながら見るといいでしょう。

自分の手や物を相手に見立てて唇を当ててみる

まさか他人でキスのトレーニングをするわけにはいかないので、自分の手や物を相手に見立てて唇を当ててトレーニングすることがおすすめです。

軽くフレンチキスするイメージでもいいので、自分の手や物にキスをしてスムーズに口づけをすることに慣れましょう。


飴玉を舐めて舌遣いを磨く

ディープキスやクロスキスの舌づかいがうまくできないという人は、飴玉を舐めて舌づかいを磨きましょう。飴玉を彼氏の舌だと思って、舌を巧みに動かして舐め回しちゃいましょう。色気ある舌の動きを目指して舐めましょう。

舌づかいも、イメージを膨らませて慣れることが大事です。

イメージトレーニングをして本番で緊張しないようにする

いままでのコツと関連しますが、イメージトレーニングはキス上達のための必須事項です。
スポーツ選手がイメージトレーニングで自分のフォームを確認するように、皆さんもキスに慣れるまではイメージトレーニングをしてキスのイメージを固めましょう。

どういう風にキスをするのか、どう唇や舌を動かすのか考えておくことで、本番に心の余裕ができて緊張しなくなります。とにかくイメージトレーニングを重ねることを意識してください。

キスで男性を虜にする方法

ここでは、実際に彼氏とキスをするときに彼氏を虜にする方法をご紹介します。以下の内容に気をつけながらキスをすれば、彼氏はキスであなたに胸キュンし、いま以上に夢中になってくれますよ。


すぐにしないで焦らす

いきなりキスをするのではなく、少し焦らしをいれるというテクニックです。素直にキスするのもけっして悪くはないのですが、軽く焦らされたほうが、彼氏は気持ちが燃え上がります。

焦らされたことで彼氏が強引にキスをしてくる可能性もあり、彼氏に盛り上がって欲しい、もっと求めてきて欲しいという人は、焦らしを入れてみましょう。

軽くキスした後に微笑む

軽くキスをした後に、微笑んでください。するとキスをしたあなたはもちろんのこと、彼氏もそんなあなたの様子を見て微笑み、嬉しい気持ちになります。

キスは、肉体だけではなく、精神的なつながりが深まるという効果があります。一緒にキスをして幸せだ、嬉しいという気持ちを共有することによって、キスがさらに盛り上がりますよ。


恥ずかしそうなリアクションをする

とくにキスに慣れていないときに有効なのが、キスをしたときやする直前に恥ずかしそうなリアクションをするということです。男性は、彼女が恥ずかしそうにしていることを見ることが大好きです。かわいいと思ってしまうんですね。

キスに慣れていないことを逆手にとって初々しさを演出し、かわいい、守ってあげたいと思わせます。彼氏に可愛がられたいという人は恥ずかしそうなリアクションを入れていくことを意識してキスしてください。

肩に手を回すなどボディタッチしながらキス

キスは、ただ唇や舌を重ね合わせればいいというわけではありません。ほかのテクニックであったように、微笑んだり、恥ずかしそうな顔を見せたりすることが大事です。

さらに言えば、肩に手を回すといったボディタッチを入れることで、キスのドキドキ感を何倍にも高めることができます。

たとえばキスをしながら彼氏の頭に手を当てたり、ギュッと体を抱きしめると相手を激しく求めているということが伝わります。

彼氏の動きにあわせながら彼氏のことを触って全身で彼氏と愛しあいましょう。上手なキスのコツは、体全体にキスをしている感覚でキスをすることですよ。

まとめ

キスには種類がいくつかあり、軽く唇を合わせるだけのフレンチキス、舌を入れて触れあうディープキス、さらに唇を合わせたまま舌を吸ったり含んだりして激しく絡むクロスキスなどがあります。

どのキスをするかどうかは、ふたりの関係の深さやその場の雰囲気で変えるといいでしょう。

キスの仕方が分からない人は、イメージトレーニングをしてキスのイメージを固めることが大事です。どんな感じで唇を合わせるのか感覚がつかめれば、焦らずキスすることができます。

彼氏とキスするときは、落ち着いて微笑んだり肩に手を回したりして体全体を使ってキスするようにしましょう。基本は相手に任せながら自分なりに動いてみると、いい感じにキスすることができますよ!(drkun/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事