2019.10.03

合コン後に気のない男性からアプローチ!上手な断り方って?


合コンに参加したのはいいものの「合コン後に気のない男性からアプローチをかけられて困っている...」そんな女性はいませんか?

合コンで知り合ってしまったら、できるだけ波風立てずに上手に男性からのアプローチを断りたいのが本心です。

今回の記事では、合コン後のデートを上手に断りたい・断り方のポイントや注意点を知りたい女性に向けて、その方法を解説していきます。

合コン後の気のない男性からのアプローチの断り方



合コンで会った男性から合コン後に一方的にアプローチをかけられたら、どう断ればいいの
でしょうか。

その基本的な断り方をご紹介します。

仕事が忙しいことにする

合コン後、気のない男性から声をかけられたら、基本的には「仕事」を理由にして誘いを断ります。

ここでプライベートな趣味やお出かけなどのイベントを断りの理由にするのは避けます。
なぜなら、そのような時間があるなら、デートをする時間もあると思われるからです。
仕事がものすごく忙しいことを強調して、できれば二度と誘われない断り方をしたほうが賢明です。

予定がいっぱいなことにする

職種や仕事のスタイルによっては、仕事を理由に断ることが難しい女子もいますよね。
そんなときは、仕事以外の予定もいっぱいであることを、ここぞとばかりに強調してみましょう。

大切な友人に会う、家族と過ごす、美容院・買い物に行く、運動をするなど、人に会う時間的な余裕が今はないことをアピールします。

「みんなで」を使い距離を保つ

積極的に誘ってくる男性のなかには、ふたりだけでどこかに遊びに行こうと誘う人もいます。

そのときは、「みんなで遊びに行くなら」などとふたりきりで会うことは避けて、お互いの距離を保つようにします。

ふたりきりで会う約束をしてしまうと、相手もその気になってしまいます。

彼氏ができたことにする

合コン後の遊びの誘いの断り方として、彼氏ができた・異性に気になる人がいるというのが、もっとも効果的です。
とくに彼氏ができたことにするのは、デートを誘う相手にとっても諦めざるをえない決定打になります。

合コン後の気のない男性からのアプローチの断り方《LINE編》



合コン後の気のない男性からのアプローチの基本を抑えたところで、次に具体的な断り方のポイントを解説します。

お互いの連絡ツールとして誰もが使うLINEでの断り方を紹介しましょう。

2、3日置いて返信する

LINEでの断り方のポイントは、もし気のない男性からLINEがきたら即レスしないことです。

必ず2、3日置いて返信をするようにしましょう。
さらに、LINEがきてすぐに既読をつけないようにすることも大切です。一度既読をつけてしまうと、相手もLINEメッセージを読んでいるのになぜ返信がないのか、いろいろ疑うからです。

文章は短くする

デートの断り方の基本は、LINEでも相手に気を持たせないようなテクニックを使います。
余計な内容は送らずに、いつも以上に文章は短く、用件だけを返信してください。

絵文字やスタンプなどは使わない

女友達や好きな異性に使うような絵文字やスタンプも、ここでは封印です。
絵文字やスタンプを使うのは、心許せる相手や家族くらいなはずです。
合コンで会ったくらい男性には、相手が期待をしてしまうような絵文字やスタンプを使うのは避けましょう。

礼儀正しい言葉を使う

気のない男性からのデートの誘いの断り方として、LINEではあえて礼儀正しい言葉をたくさん使うのも有効です。

そうすることで、相手と心理的な距離を保てるようになり、さらに相手にもそれ以上の関係にはなりたくないことを暗に示すこともできます。

合コン後の気のない男性からのアプローチの断り方《注意点》



気のない男性のアプローチを断るポイントはわかったのものの、実はほかにも細かいところで注意をしなければならないポイントがあります。

期待させる言葉は使わない

LINEの文面では、相手の期待させる言葉を使ってはいけません。
これはLINEに限らず、合コン後の誘いの断り方の基本であることを覚えておきましょう。

1度ならとデートしたりしない

それほど嫌いな相手ではなく「1度なら大丈夫かも」と軽い気持ちでデートするのもNGです。

その1度のデートで相手がより本気になってしまい、さらにデートを断るのが難しくなることもありますよ。

優しさから曖昧な態度を取らない

もともと優しい性格は、気のない相手からのデートの誘いを断るのが申し訳ないと思うこともあります。

でも、その曖昧な態度が実は、のちに相手をより傷つけてしまうこともあります。


友達と遊んだことをSNSに投稿しない

合コン後の気のない相手からの誘いを断ったら、とくに誘いを受けた日にちのSNS投稿は要注意です。

仕事を理由にして断ったのに、SNSに友達とその日に遊びに行ったことを投稿してしまうと、一瞬で嘘がバレてしまいます。

スタンプだけ送信しない

気のない相手だからこそ、スタンプだけ送信して終わらせたい気持ちもありますよね。
しかし、スタンプだけの返信だと、逆に相手がより明確な答えがあるまで待とうとする可能性もあります。

無視はしない

いくら気のない相手でも、デートの断り方としてLINEを無視するのもNGです。
これも相手の気持ちを逆撫でしたり、さらにデートの誘いが頻回になったりするような悪循環が生じかねません。

合コン後の気のない男性からのお誘いLINEの断り方《例文紹介》



では実際に、気のない男性のデートの誘いをどうやって断ればいいのか、デートの断り方を例文を出しながら解説しましょう。

デートに誘われた時の断り方

気のない相手からLINEでデートに誘われたら、
「誘ってもらって嬉しいのですが、最近仕事がかなり忙しく、時間の余裕がありません。状況が落ち着くまで、まだしばらく時間がかかりそうなので申し訳ありません」
と、返信するのも良いでしょう。

仕事で超多忙であることを、丁寧な文で相手に伝えるのがコツですよ。

食事・ご飯に誘われた時の断り方

食事やご飯に誘われたときの断り方の例文も紹介します。
「いま、かなり厳しめのダイエット法を試していて、友人との外食も控えているところです。なので、お誘いはありがたいのですが、申し訳ありません」

外食ができない、説得力のある理由づけをすることがポイントです。

映画に誘われた時の断り方

気のない相手から映画に誘われた時の断り方の例文もみてみましょう。
「映画館で映画を観るのは、周りが騒がしかったりするので、実はあまり好きではありません」

そもそも、映画館で映画を観ないタイプであることを相手に伝えることで、上手に映画デートの誘いを断ることができるでしょう。

まとめ



合コン後に気のない相手からのアプローチがあるのは、実際には嫌な気持ちはしません。
ですが、基本的には気のない相手の誘いを受けてしまうと、のちのち厄介な問題が起こりかねません。

気軽にデートを受けてしまい、1度OKしたデートを断るのも関係が変に悪化してしまうこともあります。

合コン後に本当に気のない相手から、遊びの誘い・食事・映画に誘われたら、原則その誘いは受けないことが大切です。

今回挙げたようなデートの断り方の例文を参考にしながら、自分と相手のためにも2度と誘われない断り方をするのが、マナーともいえるでしょう。(ユキ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事