2020.01.09

優しい彼氏の特徴や心理とは!その優しさは本物?偽物?

彼氏が優しいのは彼女にとって幸せなことです。しかし、優しすぎると素直に喜べないケースもあります。

付き合う前や、付き合ってから間もない時期は必要以上に優しく接する男性も多いのですが、それは付き合えた喜びや、まだ気を遣い合っている関係であるのが原因と考えられます。

ところが、付き合ってからある程度の時間が経過しているにもかかわらず優しすぎる彼氏の態度には、彼女からすると「重い」と感じたり、相手に対して疑心や不安などいろいろなマイナスの感情を抱いたりすることもあるはずです。

では、そもそも優しい彼氏になるような人はどんな人で、どのような心理なのでしょうか。そして、その優しさが本物か偽物なのかも重要です。

今回は、優しすぎる彼氏の特徴や心理、そして優しさが本物かどうかの見分け方など、彼氏が優しすぎることで悩んでいる女性が、それらを解決するための情報や対処法をご紹介します。
本来は優しい彼氏が好きだという女性は多いはず。本当に優しい彼氏と付き合えば幸せを感じることでしょう。

優しさというのは、普段の生活で何気ない言葉や行動に表れるものです。つまり、その人が持ち合わせている人間性によるものであり、計算やかけひきでの優しさは本物とはいえません。

では、本当に優しい彼氏の特徴とはどのようなものなのでしょうか。
そこで、優しい彼氏の特徴についてご紹介します。

体調を気遣ってくれる


優しさを持っている人は、自分以外の人の現在の状況にも気にかけてくれます。付き合っている大切な人がいれば、いつも相手の体調を気遣ってくれるでしょう。

自分のことばかり考えている人は、彼女の体調の変化にも気づきにくく、相手を気遣う気持ちも希薄になってしまいます。

しかし、優しい彼氏であれば、普段から彼女のことを気にかけてくれるので、微妙な体調の変化にも気づき、気遣ってくれるのです。

相談に乗ってくれる

しっかりとした話し合いができ、相手の話をきちんと聞いてくれるのも優しい彼氏の特徴です。そういう彼氏はちゃんと相談にも乗ってくれます。

話し合いや相談ができる相手とは、よい関係性を保つことができ、お互いの信頼も深めていけるはずです。

あまり優しくない彼氏というのは、自分の都合の悪い話は聞かず、相談しても話し合いが成立しません。相手のことを思いやることのできる優しい彼氏であれば、彼女が悩みを抱えていれば話を聞いて、一緒に考えてくれることでしょう。

悪い部分は注意してくれる

表面的な甘さだけが優しさではありません。優しい人は悪いことをしても注意などしない人だと思っている場合もありますが、それはただ、自分にとって都合のいい人であり、優しさや思いやりではないのです。相手に無関心な人ともいえます。

本当に優しい人というのは、彼女が悪いことやいけないことをしたときにはちゃんと叱ったり注意したりしてくれる人でもあるのです。

悪い部分ははっきりと悪いと言ってくれるこということは、相手を思いやりよい方向に導い
てくれることであり、本当の優しさだといえるでしょう。

ただし、自分の都合で考えて叱ったり注意したりする人もいますので、その見極めも大切です。

怒らず温厚な人

感情的に相手に接するようなことはせず、冷静に対応してくれる人というのも優しい彼氏の条件です。なにか気に入らないことがあったとしても怒らず温厚な人であれば、感情的ではなく話し合いで解決することができます。

相手の都合や気持ちといったこともしっかり考えられる人だということです。
こういう人の場合、彼女からすると、そういう彼氏の優しいところが好きという人もいる反面、彼氏が優しすぎるのでつまらないと思う人も少なからずいます。

助けてくれる

彼女のことを本当に大切に思っている優しい彼氏であれば、相手が困ったときやなにかあったときにはいつも助けてくれることでしょう。

助けてくれるというのは、優しい人の最低限の条件であるともいえます。自分のことしか考えない人は、誰かを助けるようなことはしないはずです。

それが、なにがあってもいつも助けてくれるということは、それだけ相手のことを思いやり、優しさや愛が深いということでもあります。

彼女を優先する

細かい部分で彼氏の優しさを感じるケースに、自分の都合よりいつも彼女を優先するという
ことが挙げられます。相手を思いやり大切にしてくれる人だといえるでしょう。

こういう彼氏は、決して自分勝手なことはせず、なんでも彼女と相談し、相手の気持ちや都合などを考慮してくれる人です。

そのため、お互いのすれ違いも少なく、よい関係を持続させやすくなるのです。
これは、付き合う前の男性にはよく見受けられるのですが、付き合ってからも彼女を優先してくれるのであれば本当の優しさだといえます。

彼女のわがままも許す

自分のことばかり考え、思いやりにかける人は自分自身がわがままです。逆に誰かのわがままは許せません。

しかし、彼女のわがままも許すことのできる人は、相手を大切に思い、優しさのある人だといえます。
はっきりいって、彼女のわがままというのは彼氏からすると「めんどくさい」と感じてしまいます。それなりに優しい人であっても煩わしくて許せないことも多いのは事実です。

それにもかかわらず、付き合っていてもずっと変わらず彼女のわがままを許せるということは、それだけ心が広い人だということでしょう。
本当に優しい人でなければなかなかできることではありません。

家族思いで身内も大切にしている

ただ彼女に優しい態度をとるだけでは、下心であったり、なにかの都合であったりするケースもあります。しかし、本当に優しい人の特徴は、家族思いで身内も大切にしている人です。

家族や身内を大切にするということは、計算もなく見返りも求めない証でもあります。もともと備わっている人間的な優しさだといえるでしょう。

つまり、本当の人間性というのは、家族や身内への接し方に表れるということであり、将来家族になるかもしれない彼女を大切にできる人なのかを反映しているといえます。

一般的に彼氏が優しい人であれば彼女は幸せだと思えます。しかし、彼女からすると優しい彼氏で満足しているかと思いきや、どうして「こんなに優しいのか」や「優しすぎて不安」などと「疑心」や「不安」を感じたことがある女性もいます。

彼氏が優しいということが素直に喜べず、むしろ優しすぎる彼に戸惑いさえ感じてしまうケースもあるようです。では、なぜ優しい彼氏に不安を感じる女性がいるのでしょうか。

もちろん、その理由はそれぞれの関係や個々によってさまざまです。そこには、お互いにいろいろな心理が交差しています。優しくされて不安な彼女の心理。そして優しく接する彼氏の心理についてご紹介していきましょう。
女性心理というのは複雑なもの。いくら彼氏に優しくされたとしても安心できない場合が多々あります。もちろん、それは彼氏のことが好きだからこそ生じる心理でもあるのです。
彼氏が優しすぎることで、逆にその優しさがどういう心理なのかを探ってしまうことにも繋がってしまいます。
では、彼氏に優しくされることで、彼女はどのような不安を抱くのでしょうか。
そこで、彼女が優しい彼氏に不安になる心理についてご紹介します。

彼氏に申し訳なくなる


優しさにもいろいろな接し方がありますが、大切にされすぎることで彼氏に申し訳なくなるケースがあります。

「こんなに優しくされて」「甘やかされて」と申し訳なくなってしまい、過度に優しくされることについて考えすぎて、彼氏の存在が重くなる場合があるのです。

恋愛は相互関係にあり、受けた好意には同じ大きさの好意で返すことで均衡が保たれます。一方の好意だけが大きすぎるとバランスが崩れてしまうこともあるということです。

彼氏の優しさにプレッシャーを感じ、優しさそのものが重くなってしまい、自然に付き合っていくことができない関係になってしまうことが考えられます。

愛されているのか心配

彼女の受け取り方によっても、彼氏に優しさに不安を感じることもあります。いつまでも優しくされることで「気を遣われている」「心を開いていない」といった心理が生まれ、愛されているのか心配になるケースです。

恋人として付き合うということは、誰よりも親密な関係を築いていくということになります。しかし、彼氏の優しさに対し、距離感を感じてしまい、愛されているのか不安になってしまうのです。

物足りない

女性の性格によっては、彼氏が優しすぎることでつまらないと感じるケースもあります。
彼氏が優しいことが好きである反面、強さや厳しさとといった男らしさも女性は求めるものです。そのため、優しすぎる彼氏が物足りないと感じてしまいます。

ダメなときに叱ってくれず成長できない

付き合っていくことで、お互いに人間的な成長ができる関係を築いていくことも大切です。そのためには、お互いの悪い部分は注意したり叱ったりして改善し合える関係でなくてはいけません。

しかし、普段優しくても、ダメなときに叱ってくれる人もいればそうでない人もいます。ダメなときに叱ってくれず、全部許されると成長ができないと感じるのです。

そして、成長できないことで一緒にいることへの不満が出てしまっている心理状態になります。そうすると、彼氏が優しすぎるためにつまらないということにも繋がります。

本心が分からなくて怖い

付き合う前や、付き合い始めたばかりの頃は彼氏の優しいところが好きだと思う人もいます。しかし、ずっと優しくされすぎると、本当はいやいや優しくしてくれているのではないか、などの疑いの気持ちが生まれます。

そのため、彼の本心がわからなくて不安な思いをしている人もいます。
彼とちゃんと話せていれば問題ありませんが、ちゃんと話せていないような気がする人はとくに不安を持ちやすくなります。上辺だけの付き合いのような気がするからです。

自分以外にも優しくて複雑

女性にとっては、彼氏には自分を特別な存在として扱って欲しいと思う人も多いことでしょう。そのため、そういう女性は彼氏が自分以外にも優しくて複雑な心理が生まれるのです。

なかには、自分をお姫様扱いして欲しいと考える女性もいます。彼氏が周りにも優しいことは誇れることですが、一方で自分以外にも優しいことで嫉妬心なども出てしまい、複雑な心境になるのです。

とくに彼氏が他の女性に優しいと嫉妬心が出てしまう人は多く、そのことが不安に繋がってしまいます。
彼氏が付き合っている大切な彼女に優しく接することは、普通に考えると幸せなことであるはず。ところが、あまりにも優しすぎると彼女に不安を与える原因になってしまうのです。

では、なぜ彼氏は彼女を不安にさせるほど優しいのでしょうか。彼女からすると優しくしてくれる彼氏の心理を知りたいことでしょう。

そこで、優しい彼氏の心理についてご紹介します。

彼女のことが大好き


優しい彼氏の心理として多いのが、彼女のことが大好きだからです。好きで仕方がないために優しくしすぎてしまうのでしょう。心から彼女のことを大切に思っているということです。

計算やかけひきではなく、自然に優しくしていることから、彼女も深く考える必要はないケースになります。長く付き合うことで、彼氏の愛情も伝わり、不安も薄れていくはずです。

誰にでも優しい気遣いができる性格

根本的に備わっている誰にでも優しい気遣いができる性格であるケースもあります。もともとそういう人だということです。

こういった性格の男性と付き合うと、彼氏が優しすぎるために申し訳ないと感じるかもしれませんが、相手からすると無理なく自然に優しくしているにすぎません。そのため、あまり重荷とは捉えずに受け入れてあげることが大切です。

そもそも、彼女以外にも優しく接しているはずですので、そういう性格であるかどうかを見極めることは容易でしょう。

彼女に嫌われたくないから

彼女のことが好きだから嫌われないために優しい場合もあります。そういう人は自分に自信がない場合が多く、彼自身が彼女に対して不安を抱いているということです。

そのため、彼氏に自信をもたせてあげることが大切です。そんなに優しくしてくれなくても嫌いになったりしないという気持ちを伝えてあげることで、彼氏も安心し自分に自信がもてることでしょう。

彼女が優しいから

人は自分が与えられたことをその人にも返そうという心理があるものです。
彼女が彼氏に対して優しさを与えたならば、彼氏も彼女に対して優しさをお返ししようとします。つまり、彼女が優しいから、彼氏もその優しさに応えているということです。

彼女が優しい心を持っているからこそ、彼氏に優しくすることが当たり前で、そのことに気づいていません。そのため自分が優しくされると、彼氏が優しすぎるから申し訳ないと感じてしまうのです。

彼女に隠し事がある

人によってはなにかを誤魔化すためや機嫌をとるために優しくすることもあるでしょう。
つまり、裏がある場合の優しさで、罪悪感があるから優しくしているということです。
また、彼女に知られたくないことなど、隠し事があるから優しくしている場合もあります。

こういうケースでは、急に優しくなったり不自然なだったりする場合にはこういった可能性も考えられるので注意しましょう。妙に態度が変わって、優しすぎる彼氏がうざいと感じることもあるはずです。

そういう不自然に優しすぎる彼氏には浮気などの隠し事がある場合もあるので、どうして優しくしてくるのかを見極めることが大切です。

下心がある

彼女への純粋な愛情による優しさではなく、下心から優しくする場合もあります。下心にもいろいろな意味がありますが、体目当てであったり、他の目的があったりするケースです。

つまり、見返りを求めている優しさということになります。
男性が女性に抱く下心では体が目的であることが多く、この場合は真剣に恋愛関係を気づいていこうという思いではなく、会っている時間だけを楽しみたいために優しくしているということです。

会うといつも体を求めてくる彼氏の場合には、下心で優しくしている可能性もありますので注意しましょう。
彼氏が優しすぎて不安だという人には、その優しさが本物なのかどうかで悩んでいるケースもあることでしょう。本物の優しさでなければ、裏になにがあるのかを考えてしまいます。

では、どうすれば彼氏の優しさが本物かどうかを見分けられるのでしょうか。その方法がわからなければ不安も解消できません。

そこで、彼氏の優しさが本物か偽物なのかの見分け方についてご紹介しましょう。

家族との接し方を見る


本当に優しい人は家族を大切にします。そのため、家族との接し方を見るのは優しい人間かを見分けるうえで有効な方法です。

家族や身内にも優しい人は本当に優しい性格であることが多く、優しい彼氏との結婚を考えている場合には家族や身内への接し方が将来の自分への接し方にも繋がります。

もし、家族との接し方が見れなくても、家族との付き合い方や接し方などは話を聞いていてもわかるはずです。家族構成や現在の状況を聞いてみるのも効果的。家族を大切にしない人はあまり家族の話はしたがりません。逆に大切にしている人は快く話してくれることでしょう。
そういった家族を大切にする人かどうかで、彼氏の優しやが本物かを見極めることができます。

体調が悪いときの対応を見る

本当に優しい彼氏であれば、自分のことのように彼女の体調を気にかけてくれます。そのため、体調が悪いときの反応を見るのも有効な方法です。
体調が悪いときに彼はどういう対応をするのかを見極めるましょう。

たとえば、体調が悪くてデートができないときに機嫌が悪くなったり、心配もせずに自分の予定を変えなければならないことだけを気にしたりしないかなど、彼がどういう対応をするのかを見るのが有効な見分け方です。

自分の都合を優先しているか

付き合っている男女はお互いの都合やスケジュールを話し合って、デートする日や一緒にどこに行ってなにをするかなどを考えます。

しかし、彼女に優しいフリをして自分の都合を優先している場合もあります。彼女の都合を優先しているか、自分の都合ばかりを優先しているかも優しさを見極めるポイントです。
本当に優しい彼氏であれば、ちゃんと彼女の都合も考慮してくることでしょう。

彼女が悪いときに怒ってくれるか

なにをしても怒ったり叱ったりしてくれない彼氏は、本当の優しさではなく、メンタルが弱いか自信がなく嫌われるのが怖いだけという可能性もあります。

本当に優しい人は、彼女が悪いことをしたらちゃんと怒ったり叱ったりしてくれる厳しさも兼ね備えているのです。

そのため、彼女が悪いときに怒ってくれるかも、彼氏の優しさが本物かを見分けるのに有効なポイントとなります。彼女のことを真剣に考え、大切に思っているのであれば、悪いときには怒ってくれるはずです。
彼氏が優しすぎることに不安を感じたとしても、愛しているのであれば上手に付き合っていく方法を考えることも大切です。

人間同士が付き合うのですから、不安や悩みはつきもの。彼氏が優しいから幸せといつも感じることはなく、ときには優しすぎる彼氏にうざいと思ったり、つまらないと思ったりすることもあるでしょう。

しかし、好きだからこそ付き合っているはずです。そうでなければ不安や悩みも生まれません。そこで、優しすぎる彼氏との上手な付き合い方についてご紹介します。

不安であることを我慢せず伝える


彼氏が優しすぎることが不安なのであれば、ちゃんと不安であることを我慢せずに伝えることも大切です。

相手の気持ちがわからないから彼氏も不安になって優しくしすぎてしまうこともあるでしょう。ちゃんと話し合って気持ちを伝えることで彼氏も理解してくれるはずです。

だからといってすぐに変わることを期待するのではなく、長い目で見て一緒に改善していくことも必要です。

彼氏に対して優しく接する

優しすぎる彼氏がうざいと思っても冷たく接するのではなく、優しく接することも大切です。彼氏に対して優しく接することで、安心感と自信を与え、自然でフランクになることに
も繋がるでしょう。

冷たく接したり、つまらない態度をとったりすると彼氏を不安にさせ、さらに優しくしてくる可能性もあります。

彼氏の本音を探る

どうして優しすぎる態度をとるのか、彼氏の本音を探ることも必要な場合があります。なにか理由があって優しくしているのかもしれません。
彼氏とこれからも付き合って、深い関係を築いていきたいのであれば直接話してみるのも効果的です。

良好な関係を築き、維持していくにはお互いがどう思っているかなど、相手の本音を知ることが大切です。そのためにも彼氏の本音を探り、必要であれば直接話し合ってみましょう。
まずは相手の本音を知らなければ解決には繋がりません。

お互いに無理しない関係を築く

恋愛関係は、お互いに無理しない関係を築くことが大切です。彼氏が無理して優しくしているのかを見極める必要があります。

彼氏が無理していたり、彼女には優しさが重すぎたりなど、どちらかが我慢していると関係は長く続かないため、お互いに無理しない関係を作っていくことが大事です。

そのためにも、話し合って自分の意見を伝えたり、相手の意見を聞いたりすることは非常に大事なことです。
彼氏の優しやが負担になっているにもかかわらず、我慢していても良好な関係は築いていけません。彼氏への愛情の破綻にも繋がる可能性もあります。

では、彼氏の優しさが負担になっている場合にはどうやって彼氏と向き合っていけばいいのでしょうか。なにかアクションを起こさなければ問題も解決できずに、その後の関係性にも悪影響を与えてしまうはずです。

そこで、良好な関係を築いていくために、優しすぎる彼氏が負担なときの対処法についてご紹介しましょう。

正直に話す


優しさが負担になっているのであれば、そのことを彼氏に正直に話すことが大切です。不満や不安は黙っていても相手にはなかなか伝わらず、彼氏にも気づいてもらえません。

彼氏からすると、なにか様子がおかしいと感じても、彼女の気を引くためにさらに優しく接してくる可能性もあります。それでは悪循環となり、彼女の負担も大きくなってしまいます。

そのため、優しさが負担になって辛いということをきちんと話しましょう。彼氏が本当に優しい人で、彼女のことを大切に思っているのであれば、自分の態度を改めようとしてくれるはずです。

そして、そのことを話すことで、彼女自身の気持ちも少しは楽になることでしょう。なによりもお互いにどう思っているかを理解し合えることが重要なのです。

優しさと甘やかしの違いを伝える

なにがあっても彼女に優しい態度をとる彼氏は、優しさと甘さを履き違えている可能性もあります。そういう場合には彼氏にそのことをわかってもらうために、本当の優しさと甘やかしの違いを伝えることも必要です。

彼氏の甘さが負担になっている彼女の場合、そのままでは、甘やかしという意味での優しすぎる彼氏には飽きることも考えられます。
そうならないためにも、優しさと甘やかしの違いを伝え、悪いことをしたときなどは注意して欲しいということを理解してもらいましょう。

ただし、だからといって厳しさとわがままや自分勝手な行いは違うということもわかってもらう必要があります。

もっと信頼して欲しいと優しく伝える

彼氏には必要以上に優しくしないと彼女に嫌われてしまうという思いから、過度に優しくしてしまう人もいます。つまり彼氏が心配性な性格の男性ということです。

そういった彼氏が心配性な場合には、もっと信頼して欲しいと優しく伝えることも必要です。心配性な彼氏には、そんなに優しくしなくても大丈夫だということを伝え、安心させて自信を持たせてあげましょう。そうすることで彼氏も自然に接してくれるようになってくれるはずです。

ただし、彼氏に伝える際にはキツく言うのではなく、優しく伝えるということがポイントです。キツく言ってしまうと彼氏の不安を大きくしてしまい、逆効果になる可能性もありますので注意が必要です。

今回は、優しい彼氏の特徴や心理、そしてその優しさが本物かどうかの見分け方や対処法などについてご紹介してきました。

彼氏の優しさには、本当に優しい人である場合と、性格的なことやなにか裏があるために優しく接している場合があります。

その彼氏の優しい面が好きで、幸せであれば問題ありませんが不安を抱いたり、負担となっていたりするのであれば、きちんと向き合って話し合うようにしましょう。

もし不安や不満があったとしても、話し合って気持ちを理解し合い、優しい彼氏と上手に付き合っていくことがお互いの幸せに繋がるのです。(探偵N/ライター)

(ハウコレ編集部)


関連記事