2015.08.23

お口が小さくてもOK!彼が萌え死にする「アゴが痛くない」フェラのテクニック5選

「大好きな彼を気持ちよくしたい!」と思っても、口の小さい日本人女子は、彼のをすべて口に含む豪快なフェラは難しいかと思います。
それでも、男子のポイントさえ押さえてしまえば、彼を悶絶させることは可能です。

今回は何人かの女子に、彼が萌え死にする「アゴが痛くない」フェラのテクニックについて教えていただきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.亀頭だけを咥えて、指で裏筋をなでる

「ポイントはほどよく唾液を出すことです。唾液を出したうえで、亀頭を咥えて、指は裏筋をなでる。これをすると、彼は相当気持ちよさそうです」(24歳/ネイリスト)

彼のを全部咥えて、そのうえで裏筋を舌でこちょこちょするというのは、わりと不可能にちかいので、裏筋くらいは指でなでるといいのです。
じつはAV女優さんも、このテクを駆使していたりします。

2.亀頭だけを舌でこちょこちょ

「彼は、あたしが全部咥えると、ちょっと痛いと言うので、亀頭だけを咥えて、舌でこちょこちょします。亀頭、気持ちいいんですって!」(23歳/大学生)

亀頭は、女子のカラダでいうところのクリトリスです。元々おなじだったものが、母親のお腹のなかで亀頭になり(男の子)、クリストスになる(女の子)そうです。

だから、フェラ=全部咥えて上下運動……なんて、ホントは必要なく、亀頭を舌でこちょこちょすれば、男子は悶絶するわけです。

3.タマ吸い+手でシゴく

「今の彼は、竿を咥えるより、竿は手でシゴいてほしいと言います。
そのかわり、タマを吸ってもらいたいと言います。気持ちいいんですって!」(26歳/役員秘書)

男子のタマ(袋)は、女子のカラダでいうところの大陰唇に相当するそうです。

ということは、クリや小陰唇を指で触りつつ、大陰唇を舐めてもらっている……というときの快感と、タマ吸い+手でシゴくというのは、おなじような感覚だろうといえます。

4.カリ首だけを舌でこちょこちょ

「彼はあたしが舌でカリ首のところをこちょこちょ舐めるとすぐにイキます。カリ首ってそんなに気持ちいいんでしょうか」(25歳/モデルのタマゴ)

簡単に言うと、亀頭の舌の凹のところがカリ首ですが、亀頭全体を愛撫しつつ、凹のところを重点的に刺激してあげると、彼はどうしようもないほど気持ちいいということです。

5.ハーモニカ

「いわゆるハーモニカ的なテクだけで、彼は悶絶しています。かわいい!」(22歳/ヘアメイク)

男子の裏筋全体に唇を這わせるというのが、俗にいう「ハーモニカ」ってやつです。

ちなみに「尺八」というテクもあり、それは先にご紹介したように亀頭だけを咥えて、手で竿をシゴくというようなものです。
尺八奏者に失礼だろうと思いますが、昔から尺八と呼ばれています。

おわりに

いかがでしたか?
彼のが大きすぎて、どうやっても物理的にお口に入らない場合は、無理なものをどうがんばっても無理です。

ご紹介したテクニックをうまく使うと、彼はすぐにイってしまうかもしれません。唾液や我慢汁などの潤滑液をうまく活用しつつ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ライター)

関連記事