2016.01.18

付き合うまであと一歩!彼からの告白を促す方法・4選

もうどう考えても両思いなはずなのに、好きな人がなかなか告白してきてくれない…。そんなお悩みを抱えている女性はいませんか?

でも女心としては、出来るなら告白は男性の方からしてきてほしいですよね。

そこで今回は『付き合うまであと一歩!な彼からの告白を促す方法』について20代男女からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.彼に好意があることをほのめかす

「自分で言うものなんですが、周りから見たらどう考えてもカップルなのに、正式な告白はしてきてくれない彼。
自分から『○○君みたいな人好きだな~』などと言ってアピールしまくりました。」(22歳女性/大学生)

草食男子が増えてきている中、よっぽどの確証がない限り告白は怖い…という男性は多くなっています。

ここはもう、分かりやすいくらい彼に『早く告白してアピール』をしてしまいましょう。彼も『ここまで来たら告白しよう!』と覚悟を持ってくれるかもしれません。

2.彼好みにイメチェン

「彼が『ショートカットな子が好き』と言っていたので、ロングの髪をバッサリ切ってイメチェンしました。」(23歳女性/広告)

「普段パンツスタイルばかりの好きな子が、俺のタイプに合わせてワンピースを着て来てくれた時は萌えた。可愛すぎていつの間にか勢いで告白していました。」(24歳男性/営業)

外見から彼の理想に合わせていくことも良いでしょう。どんなに鈍い男性でも『あれ…もしかして俺のために…?』と気付いてくれるかも。

彼が告白してきてくれるまでは、彼好みの女性に染まってみましょう。好きな人の理想に近づいてみるのって、案外悪くないと思いますよ。

3.他にもアタックされているアピール

「モタモタしている彼に『私バイト先の人に告られたんだよね~』とカマをかけてみた。
そしたら次の日彼から告白されました。いつまでも待ってるだけじゃだめなんだなって思いましたね。」(20歳女性/専門学生)

こちらはちょっとリスクが伴いますが、いつまでものんびりしている彼を刺激するには良い方法です。
告白してくれない男性の中には『どうせ俺が一番だろう』と考え、彼女でもないのに変な自信を持ってしまっている人もいます。

ここはかけに出るつもりで『私告白されちゃったんだよね』と言ってみましょう。上手くいけば、彼も焦って告白してきてくれるかもしれませんよ。

4.二人きりになる機会を増やす

「会う時はサークルや飲み会ばかりで、付き合うまであと一歩進まなかった。
私から思い切ってデートに誘ったら、帰り際に彼女になって欲しいと言われました。」(20歳女性/大学生)

告白にはムードも大切です。彼と会う時はいつも大勢…という人は、二人きりになる機会を作っていきましょう。

女性の方が告白しやすい雰囲気を作れば、彼も勇気を出してくれるかも。『大好きな彼とカップルになるための試練』と思いながら、頑張って彼をデートの誘ってみましょう!

おわりに

いかがでしたか?このもどかしい二人の関係を楽しみつつ、彼が告白できる環境を作っていきましょう。

晴れてラブラブカップルになれるよう、ぜひこれらを参考にしてみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事