2012.08.06

年上男性と会話が続く!魔法の言葉「たちつてと」


スキなのは大人の魅力たっぷりの年上男子。だけど、年齢の近い男子とはうまく話ができるけど、年上の男性とは、なかなか会話が続かなくて・・・・とお悩みのあなた! 世代の違う男子との会話にはコツがあるのをご存知ですか?覚えるだけで不思議と会話が続くようになる魔法の言葉「たちつてと」を覚えましょう。

その1 「た」 食べもの

食べものの話は、どんな世代の人間にも共通しています。

 

今、人気の食べ物。おいしいお店を知っている。流行のスイーツ。食べ物に関することならなんでもかまいません。また、あらゆる話題の中で、もっとも当たり障りのない話題だともいえます。

その2 「ち」 地域

その土地ならではの話題のことです。いまニュースになっている地域の話でもOK。

 

ある特定の地域に会話の内容をしぼると、会話の焦点が定まりやすくなるという利点もあります。また、その土地の名物やご当地ネタを知っているとなおさらいいでしょう。

その3 「つ」 通勤

通勤手段や通勤中に起きた出来事の話題です。

 

通勤に関する話も万人に共通しており、誰もがイメージしやすいので、それをきっかけに話をふくらませるのに向いています。

その4 「て」 天気

天気の話をおじさん臭いとあなどるなかれ。

 

昔から大人が天気の話を振るのにはちゃんと訳があります。会話の冒頭で当たり障りのない天候の話をすることで、お互いの共通項を見つけあっているのです。天気の話題は共通の話題を見つけにくい相手と、無難に会話を始めるための知恵なのです。

その5 「と」 富(お金)

人間の最大の関心事は、やはりお金に関する話題です。

 

景気の話、お小遣いの話、貯金の話・・・お金にまつわる話は無数にあります。ただし、もしあなたが自慢できるくらいのお金持ちだったら、ただのイヤミになりますからやめておきましょう。(笑

おわりに

いかがでしたか?

会話が続く魔法のコトバ「たちつてと」をマスターすれば、年上男子だけでなくあらゆる世代の人とコミュニケーションがとりやすくなります。一度おためしあれ。

関連記事