2014.07.30

ドS過ぎ?!男をハマらせる魔法の法則・6つ


男というものは本能で生きている生き物のため、残念ながら恋愛は、努力したら努力したぶんだけ成果があがるというジャンルのものではありません。むしろドSすぎるほどの放置プレイや冷たい発言に、もっとこの女を振り向かせたいと男はやっきになるのです。今回は男をはまらせる魔法の方法論5つをご紹介します。

1.『あれっ?』と思わせる

意外性を持たせること、ギャップを演出するというのは恋愛の基本中の基本ですね。杓子定規に『デート楽しかった。また行こうね』などの定型文はダメです。『晴れてる』『カレー食べた』など、なぜ今こんなメールを送ってくる?という意外な短文メールが効果的です。

短文のメールが数日に1回ぽろっと飛んでくると『俺に気があるのかな』と思います。でも、そうして彼があなたに電話をかけると、出ない。なんてのも、彼の心を揺さぶります。
『あれ?』と思わせれば思わせるほど、男はあなたのことが気になるようになるんです。

2.『わからない』と思わせる

これも恋愛の基本ですが、男には征服欲、支配欲というものが備わってますね。

全部を把握しきれて、体のすみずみから、心に至るまで、女の全てがわかってしまうと、もはやそれはペット。完全に手の内、リードは自分が握ってるんだから、と安心するわけです。ペットはとりあえずキープしておいて、じゃ次いってみよう!というのが男心というもの。
『この女、わからない』と思わせておくことで、男はどんどんあなたにはまることになります。

何を考えてるのかわからない、毎日何をしてるかわからない、俺のこと裏切るかもしれない、俺のこと好きかわからない、こう思わせておけばおくほどあなたにとって有利にコトが運びます。話をするときはなるべく聞き役にして、あなたの情報を出すのではなく、彼の情報を集めましょう。

3.『過去になにがあったんだろ』と思わせる

あんまりやりすぎるとメンヘラ認定されて怖がれるので、あくまでも適度にやることが大切なんですが、言い出したら聞かない、とか、逆ギレして止まらないとか、感情をむき出しにするというのはけして悪いことではありません。

あなたの感情量を受け止めた分だけ男はあなたのことを好きになります。ただし、男が想定する以上に感情をむき出しにして、ぶっちゃけ手に負えないと思わせたら逆効果です。ちょっとやり過ぎたと思ったら、電話ガチャ切り、その場から逃げ去るなど、いなくなってしまいましょう。男が歩み寄ってくるまで我慢です。

男がフォローして仲直り、これを続けていると、立ち位置がだんだんあなたの方が上になります。

4.『俺に惚れてるかも』と思わせる

惚れたら負けと言いますが、男は『俺に興味がない女』にはいくら美女でもスタイルがよくても興味を示しません。どうせセックスできないからです。

大切なのは『俺に惚れてるかも、、、』と思わせること。

『俺に惚れてるんだ!』じゃなくて、あくまでも『かも。』と思わせることが大事です。例えば、『大嫌い』と言いながら実は好きそう、とか、『大好き大好き』いう割には意外とそうでもなさそう、とか、ツンとしてる割にはお弁当作ってくれた、とか、多分俺のこと好きだよな、と思わせてくれる女に男ははまります。でも、わざとやってることに気づかれちゃダメですよ。

5.『思い通りになるかも』と思わせる

2で男の征服欲の話をしましたが、男は完全に思い通りにならない女は、いくら好きでもそのうち、興味を失ってしまいます。『この女、他のやつらの前では傲慢な女だけど、俺のこと多分惚れてるから、俺の前だと従順だと思う。』こう思わせたら、男は自尊心をくすぐられています。

ここでも『思い通りになるかも、、、』が大切なんです。要求をいつも聞くわけじゃなく納得いかないこととか、おかしいことには反論するけど、おおむね、男の思い通りになるだろうと思わせられたら、「傲慢だけどかわいい女」です。

おわりに

いかがだったでしょうか。ドSなくらいSの女じゃないと、男ははまりません。ドSになるためには、どんなときも自信をもってるのが大事です。男に好きになってもらうためにあれこれ戦略を練りますよね。実際にやってみると、あれ?思い通りにいかないぞ!と思うときがきます。でも、そんなときでも、迷ったり、不安になっちゃダメです。どうしても自信が持てないときは自信が持てるまではメールも会話も『沈黙』しましょう。

男社会で生きている男性は、ふと自信がなくなる瞬間があります。自信のない女をみてると自分を見てるような気分になり男は嫌悪しちゃうんです。だから、男はどんなときでも、自信がある女が好きです。ドSになって男をはまらせちゃいましょうね。

(内野彩華/ハウコレ)

関連記事