2017.02.19

はじめから無理しなくてOK!愛嬌を徐々に身につけていく方法

昔から「愛嬌のある女性はモテる」なんて言われていますよね。でも人と話すことが苦手な女性にとってみると、いきなりコミュ力をあげるのは無理な話だと思います。
そこで今回は「愛嬌を徐々に身につけていく方法」について20代男女にリサーチしてみました。

1.とにかく「笑顔」を心がける

「ニコニコしている子は愛想がいいなって思う。逆に本人にそのつもりがなくても、表情が暗い子は近寄りがたく感じますね。」(25歳/男性/福祉)

「バイトの子を面接するときは、笑顔も重点的に見ますね。やっぱり愛嬌がある子のほうがお客様からの印象も良いと思うので。」(29歳/男性/飲食)

男性に媚を売れたり、お世辞がうまかってり、口が達者な女性がモテると思いがちですよね。でもその場でニコニコ笑っているだけでも、相手に安心感をもたらすことができます。逆にいくらフレンドリーな性格でも、常に無表情では周囲の人から怖がられてしまう恐れが。愛嬌を作るためには、まず口角をあげることを意識してみましょう!

2.聞き役に徹する

「昔はよくしゃべる女性のほうが愛想が良いと思っていた。でもいまはきちんと俺の話を聞いてくれる子のほうが、一緒にいて気がラクですね。」(27歳/男性/製造)

自分にそのつもりがなくても、無意識に余計な一言で相手を傷つけてしまうことってありますよね。簡単なようでいて聞き役に徹するのって案外難しいもの。会話術を身につけることも大切ですが、相手がいまどうしてほしいのかを察したうえで聞き役に回ることも重要です。そうすることで自然と「とっつきやすい人」になれるはずですよ。

3.挨拶からはじめてみる

「『別に愛想なんていらない』『一生独り身でいい』なんて思っていたんですが、友人に次々と彼氏ができはじめて焦りが生まれてきて…。まずは男女問わず挨拶をすることからはじめてみました。そしたら『なんか雰囲気変わったね』と言われるように。最近では合コンなどにも呼ばれるようになりました。」(21歳/女性/大学生)

「愛想がないんじゃなくてただ塩対応なだけ」と自分を正当化している人はいませんか?でも塩対応と言えば聞こえはいいですが、裏を返せば協調性がないということなのかも…。もし少しでも男性からモテたい気持ちがあるのなら、まずは挨拶からはじめてみましょう。小さな努力から運命の出会いを果たせることもあるかもしれませんよ。

4.人を怖がらない

「私は元カレに裏切られたトラウマから、男性=怖いものと思い続けていた。でもそれじゃただのイヤな女になっていることに気がついて。最近では自分から男性と話す機会を設けるようにしています。」(23歳/女性/派遣)

初対面の相手に警戒心を持ってしまうのは当然あることでしょう。でも必要以上に相手を疑ったり、怖がったりするのはよくありません。もしかしたら「俺のこと嫌いなのかな?」と勘違いされてしまう可能性も。まずは自分から心を開くことで、男性にも好印象を持ってもらえるはずですよ。

おわりに

たとえ人と話すのが苦手だったとしても、打ち解けようとする努力は相手に伝わるもの。
かえって「愛嬌のある女性を目指そう!」と無理をしすぎると、空回って相手に不審がられてしまうことも…。
まずは自分のできる範囲から人との関係を深めていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事