2017.07.01

「彼はわたしのどこが好きなんだろう」と感じる恋がいい恋です

あなたに「好き」と言ってくる男子のことを、あなたは異性としてあまり好きではなく、ただの友だちとしか思っていないとします。それでもしつこく「好き」と迫ってくる彼に、あなたはどうしますか?とりあえずつきあってみますか?それとも「わたしのどこが、そんなに好きなんだろう?ヘンな人」と思って、それっきりにしますか?

■「大きなお尻が好き」という男子の意見

とくにあなたがコンプレックスに思っているところを「好き」と言ってくる男子のことを、まったく1ミリも好きになれない女子って、案外多いように感じます。
たとえばお尻が大きなことをコンプレックスに感じている女子は、「お尻が好き」なんてことを男子に言われたら、すごくイヤなのかもしれません。
自分がこう見てもらいたいと思っている自分と、相手が見るあなたは、誰にとってもつねに違うので、「大きなお尻が好き」という男子の意見を、素直に受け入れることができなくて、当然かもしれません。

これはコンプレックスに感じていることに限った話ではなく、もっと一般化していうなら、女子って、自分から好きになった人じゃないと、つきあわない傾向がありますよね。男がいかに「好き、好き」と言い寄ってきても知らんぷり、「やっぱりわたしは憧れの**君とつきあいたい」と、自分の考えを曲げないところがあるでしょ?

***

それはそれでおおいに結構なことでしょう。自分が好きになった人とつきあうのが最高の恋愛であることに、疑いの余地はありません。
でも、「わたしのこういうところの、なにがそんなにいいのだろう」と思っても、あなたに言い寄ってくる男子と、すっとつきあったほうが、楽しいということもあります。

■そういうふうに見えるわたしもいるんだ!という発見って新鮮ですよ♪

自分が「こういうふうに見てもらいたい」と感じている「自分」って、じつは「自分という人間の数割」くらいなものです。誰だって、自分で自分のことがよくわかっていないからです。「わたしが捉えているわたしは、マジメな人である」と思っていても、他人が「君は天然キャラで、マジメというよりユニークで楽しい人である」と言えば、あなたは天然キャラで、ユニークで、楽しさを人に与えることができる人だということです。

***

他者からの評価を「ああ、そういうふうに見えるわたしもいるんだ」と、素直に受け入れることができるまで、時間がかかるかもしれません。でも時間がかかっても、受け入れることができる素直さは、訓練して持っておいたほうが絶対にいいものです。
受け入れることがむずかしい人は、信頼のおける友だちに、「わたしって、どう見える?」というような質問をしてみるといいです。いい友だちは、あなたの問いにちゃんと答えてくれます。1回や2回聞くだけでなく、ことあるごとに聞くといいです。

すると、自分という人間を、あなたは今以上に複合的に見ることができるようになります。するとあなたがコンプレックスに感じているところが好きだと言ってくる男子に対して、今までとは違った対応ができるようになります。人脈が広がります。自分の可能性が広がります。そしてなにより、豊かな恋愛ができるようになります。

意固地になって「わたしはこういうふうに人から見られないとイヤだ」とか、「わたしのこういうところを愛してくれない人とはつきあわない」と思っていると、せっかくのチャンスをふいにしてしまいますよ。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事