カップル

2018.04.27

女性なら誰でもいいと言っている男子の本音を紹介!

男性の中で「付き合ってくれるなら誰でもいい」という男性っていますよね。こういう男性と付き合ったとしても、苦労するのが目に見えています。
男性の心理として「誰でもいい」といっているのは何か理由がありそうですが、地雷男子に変わりはありません。今回は、誰でもいいという男子の心理について深く掘り下げていきたいと思います。

見栄を張りたいからする行為

付き合うなら誰でもいいという男性の心理的な状況として考えらえるのは、見栄を張りたいからという心理が挙げられます。「人を選ばずとも周りから人がやってくる」という余裕こそ、誰でもいいという考えを生んでしまうのです。誰かと付き合いたいと思っている女性は、そういう手軽な男性を狙っては告白すると思います。しかし、その行為こそNG。
ただ見栄を張りたいだけの行動なので、告白をしたとしてもフラれてしまうのが関の山です。いつでも付き合えるという余裕を見せつつ、本命の女性からの告白を待っているのです。しかし、誰でもいいというのはマイナスイメージに捉える人が多いので、うまくいかないのが目に見えています。

「自分の好みの女性なら誰でもいい」が本音

男性が誰でもいいと発言してしまうのは、本当に誰でもいいわけではなく「好みの女性なら」というのが前提にあります。前述したとおり、見栄を張りたいから「誰でもいい」といっている人が多く、男性からすれば自分の好みの女性から告白されたら付き合うのです。自分のハードルを下げつつ、好みの女性からの告白を待つという悪い手段なのです。
そういう男性は、理想が高いわけでもなくただ「好みの女性と付き合えればいい」ので、案外簡単に別の女性に手を出したりします。仮にそういう男性からフラれたとしても、ダメージを受ける必要はありません。単に彼の好みじゃなかったという話です。

モテていると勘違いしている
自分に好意を寄せてくれる女性なら誰でもいいといっている男性は、それを周りに公言することによって自分の恋愛の価値観を下げていることになります。こういう男性は、「軽い男性」「チャラい男性」だと思われがちなので、女性から軽蔑される対象になるでしょう。普通の考えをしているなら「誰でもいいなら私以外でも大丈夫だよね」と思う女性も多いのではないでしょうか?
わざわざ、それを公言するということは自分がモテていると勘違いしている人が多く、自分から幸せを逃がしていることに早く気づかせてあげることが重要です。誰でもいいと言っているくらいなので、フラれても仕方ありません。

欲がない男性かもしれない
女性なら誰でもいいという男性は、単に欲がない男性である可能性があります。単に自分に自信がなくて、自分に近寄ってくる女性がいないから近寄ってきた女性にだけ好意を寄せるというものです。一理あると思いますが、自分に自信がないとは言っても女性にも選ぶ権利があるように、男性にも選ぶ権利があると思います。そういう男性に限って、自分好みじゃない女性が来たら振ってしまうでしょう。
欲がなくて誰でもいいといっている男性は、単に女性なら誰でもいいという人よりもたちが悪いので、近づかないほうが吉です。付き合ったとしても、ずさんな扱いをされてしまうだけですよ。

自暴自棄な考えから至ることも
自分を好きになってくれる女性なんていないという考えを持っている男性は、結構「誰でもいい」と思ってしまうようです。こういう男性は、過去の恋愛でトラウマになるような経験をして一時的に恋愛から離れていた男性ともいえるでしょう。好きな気持ちを否定されたからこそ、自暴自棄になって誰でもいいと発言している可能性があります。
この場合、相手を思いとどまらせるだけなので近づいても良いでしょう。単純に誰でもいいといっているのではなく、一時的な感情で言っているだけなので要相談です。とはいえ、近づいてきた女性には誰でも手を出す可能性もあるので要注意です。

おわりに

「付き合うなら誰でもいい」という男性と付き合ってしまうと、自分の価値を下げてしまうことにもつながります。マイナスイメージで捉えるなら、正直どうでもいい女というランク付けになるでしょう。そう思われないためにも、そういう男性には最初から近づかないのが一番ですよね。
「誰でもいい」といっているくらいですから、付き合っている彼女じゃなくてもいいという考えになりかねません。浮気をする可能性も大ありです。広いジャンルで「誰でもいい」といっている人よりも、「この人しかダメ」といっている依存性のある男性のほうが恋愛は長続きするでしょう。

関連記事