2019.10.17

社内恋愛のきっかけは?同僚や上司を意識し始めた場面を男女別で紹介!

社会人であれば、毎日一緒に仕事をする仲間に恋愛感情を抱くこともあるでしょう。ただ社内恋愛は周囲に隠している人も多く、どんなきっかけで恋愛関係に発展したか知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は社内に気になる男性がいる方に、社内恋愛のきっかけやアプローチの際のポイントをご紹介します!

社内恋愛の経験がある人は多い?


会社に勤めていると、1日8時間以上職場にいることも珍しくありません。1日に8時間睡眠だとすると、起きている時間の半分は会社で過ごしているという計算になります。それだけ長い時間を過ごす場所だと、社内に気になる人がいるのは自然なことでしょう。

実際に職場恋愛に発展した人はどれぐらいいるのでしょうか?まずは、社内恋愛経験がある人の割合を男女別にご紹介します。


社内恋愛の経験がある女性の割合

上記の調査結果では、社内恋愛の経験がある女性は21.5%という結果でした。女性の場合、出会いのきっかけの1位は学校で23.7%、2位が職場、3位が友人・兄弟を通じてで20.9%です。

社内恋愛の割合は男性よりは若干多いものの、さほど男性と差はありませんでした。男女とも出会いのきっかけの上位3位以内に職場がランクインしています。

社内恋愛に対する意識は男女とも同じぐらい高いことから、気になる男性と職場恋愛に発展する可能性は十分にあると言えます。

社内恋愛のきっかけ・男性が女性を意識するとき


社内恋愛のきっかけは男性と女性で違います。女性からすると「こんなことで好きになるの?」と思うこともあるでしょう。男性はどんな時に職場の女性を恋愛対象として意識するのでしょうか?

ここでは、男性が女性を意識するときや社内恋愛に進展したきっかけをご紹介します。

悩みを相談されたとき

男性は女性に頼られるとうれしいものです。特に同じ部署や立場の近い相手なら、ふたりだからこそわかりあえることもあるでしょう。ほかの人には内緒の話だったり、上司に聞かれて困る話だったりするとふたりだけの秘密を共有した気持ちになれますよね。

「実は〇〇君に相談したいことがあって......」と悩みを聞いているうちに恋愛感情が生まれ、職場恋愛に発展することもあります。

一生懸命仕事している姿を見たとき

責任感を持って仕事を頑張っている姿を見て、社内の女性を意識する男性もいます。目標に向かって一生懸命頑張っている姿は輝いて見えますよね。

自立している女性は男性から見ても魅力的です。好きになって職場恋愛に発展したり、結婚を意識したりすることも。特に結婚後も共働きを希望する男性にとって、仕事を頑張る女性は恋愛対象になりやすいでしょう。

仕事で一緒にいる時間が長いとき

職場で毎日一緒にいることで親密になって、社内恋愛のきっかけになることもあります。平日なら一日の大半を会社で過ごす日もあるでしょう。家族と過ごす時間より、職場の人といる時間のほう長いこともあります。

休憩時間や仕事終わりに何気ない雑談をしているうちに「実は趣味が同じだった」と意気投合。そのまま職場恋愛に発展するケースも珍しくありません。


フォローやサポートをし合ったとき

仕事で疲れているときや失敗して落ち込んでいるときに「大丈夫?」と優しく声をかけられると相手を意識するきっかけになります。

立場が近い者同士なら、お互いの気持ちもわかりやすいですよね。仕事が追いつかなくてお互いにサポートしあううちに連帯感が生まれ、そこから恋愛感情に変わることもあります。

職場とプライベートのギャップを知ったとき

職場では無口でクールなのに、実はプライベートではおしゃべりでおちゃめな一面もある。こんなギャップを知って相手を好きになってしまう男性もいます。

制服がある職場だと、私服とのギャップにドキッとする男性も多いんだとか。社内に気になる人がいて、社内恋愛のきっかけ作りがしたい女性は通勤時のファッションにも気を配ってみましょう。

同じプロジェクトに携わったとき

同じプロジェクトに携わると、今まで親しくない間柄でも何かと話し合ったり、仕事終わりでも食事に行って打ち合わせをしたりする機会があります。

プロジェクトを達成したときの喜びも共有して連帯感が生まれ「気が付けば相手のことが好きになっていた」という男性もいます。

一緒に残業をしたとき

社内恋愛のきっかけとして多いのが、一緒に残業をしているうちに恋愛に発展したというパターンです。残業で共同作業をすることによって相手と一体感が生まれ、距離が縮まりやくなります。

遅い時間まで残業をして疲れていると、自宅に帰って食事を作るのは面倒ですよね。「ご飯食べて帰る?」と一緒に食事に行ってそのまま親密になるというのはよくある話です。

社内恋愛のきっかけ・女性が男性を意識するとき


男性は一緒に過ごす時間の長さや、親密度が高くなることで女性を意識する傾向がありました。しかし、女性の場合はあまり親しくない相手でも恋愛対象に変わることがあるようです。女性はどんなときに社内の男性を意識するのでしょうか?

次に女性が男性を意識するときや、社内恋愛に進展したきっかけをご紹介します。

仕事ができる姿を見たとき

仕事ができて、上司からも部下からも慕われる男性は多くの女性が魅力的だと感じます。それに仕事中の男性はスイッチが入っている状態ですから、常に気を張って周囲のことをよく見ています。

仕事ができるうえに気配り上手な男性を見ると、多くの女性が好きになるのは当然とも言えるでしょう。

仕事を親身に教えてくれたとき

わからないことを丁寧に教えてくれる男性を好きになり、社内恋愛のきっかけになるのはよくある話です。相手は業務の一環として親切にしてくれているとわかっていても、優しくされると好意を抱く女性は多いでしょう。

特に1対1で話す機会が多くなると親密度もアップするため、職場恋愛に発展しやすいようです。

残業を手伝ってくれたとき

男性と同じく、一緒に残業をしたことが社内恋愛に進展したきっかけになった女性は多いようです。夕方の時間帯は黄昏効果といって人間の判断力が鈍る傾向があります。普段は何とも思っていない職場の男性でも、急に魅力的に感じることがあるのです。

さらに日中の仕事で疲れていることもあり、残業を手伝ってくれた優しさにいつも以上に感動してしまうのでしょう。

食事を奢ってもらったとき

男性とお付き合いするかの条件にお金が入ってくる女性は多いのではないでしょうか?仕事ができてかっこよくても「ケチな男性でガッカリした……」ということもありますよね。

一緒に食事に行ったときにお金を出してくれると、恋愛対象としてナシからアリに変わる女性もいます。さらに女性に気を遣わせないスマートな奢り方ができる男性だと、職場恋愛や片思いのきっかけになりやすいようです。


飲み会の後に送ってもらったとき

飲み会のあとにふたりきり。それだけでも職場恋愛に発展しそうなシチュエーションです。お酒が入っているといつもより気を許しやすいため、プライベートの話をすることもありますよね。

普段はクールな同僚の意外な一面を見たり、気さくで話しやすい人だと知って恋愛感情を抱くことも。飲み会以降もふたりで出かける機会が増えれば職場恋愛に発展していく可能性が高いでしょう。

悩み事の相談に乗ってもらったとき

そこまで親密な関係でなければ、はじめは仕事の悩みを相談することが多いと思います。相手が思ったよりも親身に話を聞いてくれることで恋愛の悩みを相談するようになり、そのまま職場恋愛に発展するというパターンもあります。

彼氏やほかに好きな人がいても「俺なら〇〇さんにそんな思いはさせないけど」なんて言われると男性として意識してしまいますよね。

アプローチをされたとき

「社内恋愛なんて興味ない」と思っていても、アプローチを男性から受けると相手を意識してしまうことがあります。相手は自分のことが好きなんだとわかってから目で追うようになったり、仕事をしている姿をかっこいいと思ったりすることも。

相手に好意を抱かれて気分が悪くなる女性が少ないでしょうから、男性からのアプローチは社内恋愛のきっかけになりやすいでしょう。

社内恋愛のきっかけ・上司を意識するとき


歳の差カップルは「元々は上司と部下だった」という人は意外と多いのです。一緒に仕事をしているうちに尊敬の気持ちが恋愛感情に変わり、社内恋愛に発展していくパターンですね。

直属の上司と部下なら関わる機会も多いため、距離が縮まる可能性も高くなります。ここでは女性が上司を意識するときや、上司と職場恋愛に進展したきっかけをご紹介します。

仕事を手伝ってくれたとき

社内恋愛のきっかけとして上司が仕事を手伝ってくれたことで憧れの気持ちを抱き、恋愛対象になることがあります。入社ばかりの頃は手伝ってもらってばかりでも、少しずつ手際がよくなってくると、上司に褒められる機会も増えます。

自分を成長させてくれる相手に感謝し、常に気にかけてくれていることで上司を好きになってしまう女性は少なくありません。

失敗をフォローしてもらったとき

仕事に失敗すると落ち込んだり、焦って「どうしよう」と不安な気持ちになりますよね。人間は不安や恐怖を抱えているときに出会った人と恋に落ちやすいことをご存知でしょうか?

仕事でミスをして上司がカバーしてくれると「この人は自分を安心させてくれる人だ」と思い込み、恋愛対象に変わってしまうのです。たとえ上司に怒られたとしても、あとで優しくされると飴とムチの効果で相手をより優しく感じてしまいます。

プライベートでの顔を知ったとき

社内恋愛のきっかけでよくあるのは上司のプライベートを知ったときです。細身で頼りないと思っていた上司が実はスポーツ万能だった、無口でおとなしいと思っていたけど本当はおしゃべりな人だった、とギャップに惹かれる女性は多くいます。

上司のプライベートな一面が女性の好みにハマり、社内恋愛や上司への片思いに発展することもあるようです。

社内恋愛のきっかけ・他部署の人を意識するとき


同じ部署の人と比べて他部署の人は関わる機会が少ないため、職場恋愛に発展することはそこまで多くないでしょう。他部署の人と職場恋愛になるときは、相手の性格を好きになるというよりも見た目や雰囲気で好きになることが大半です。

では次に他部署の人と社内恋愛に発展したきっかけを見ていきましょう。

良い噂を聞いたとき

社内というのはお互いにそこまで親しくない分、いろいろな噂が飛び交います。「〇〇課の〇〇さんは仕事ができるらしいよ」なんて良い噂を聞くとどんな人か気になりますよね。

仕事ができると聞いた後にその人を見かけると「この人はすごい人だ」と思いやすく、さらに見た目がタイプだと職場恋愛や片思いのきっかけになる可能性があります。

明るく挨拶されたとき

男女問わず、笑顔で明るく挨拶をされると気持ちがいいものです。普段から挨拶をするようになると、エレベーターや廊下で挨拶ついでに雑談をすることも増えていきます。

他部署の人からの話は同じ部署の人の話よりも新鮮味があったり興味深かったりして、会話も盛り上がりやすいでしょう。休憩中に話すのが楽しくなり、そのまま意気投合して社内恋愛のきっかけになることもあります。

社内恋愛のきっかけからアプローチする際のポイント


社内恋愛のきっかけやアプローチを男性から待っているだけだと恋に発展させるのは難しいでしょう。社内に気になる男性がいるときは、距離を縮めてふたりきりになるチャンスを作ることが大切です。

プライベートの話ができるようになったり、仕事のとき以外にもふたりでいる時間が増えれば職場恋愛に発展させやすいでしょう。

ここでは職場恋愛のきっかけ作りやアプローチのポイントをご紹介します。

笑顔で挨拶・話しかける

気になる男性が明らかにあなたのことを異性として見ていないなら、まずは話す機会を作ることが重要です。毎日笑顔で挨拶するのはもちろん大切ですが、距離を縮めるためには挨拶に加えて気の利いた一言を添えて相手の心をつかみましょう。

たとえば「おはようございます。今日のネクタイ素敵ですね」「お疲れ様です。週末まで頑張りましょうね」といった風に相手が返事をしやすい一言を加えてみましょう。

挨拶をするだけよりも相手の印象に残りやすくなり「気の利く子だな」と思ってもらえる可能性も高くなります。

相手の好みを意識する

職場恋愛のきっかけ作りのために、気になる人の好みをリサーチしてみましょう。まずは見た目から入り、そこから中身を見てもらう作戦です。

職場が私服OKなら気になる人の好みのファッションを意識してみましょう。毎朝忙しくてメイクが手抜きになっているなら、少し早起きして身だしなみチェックを入念に行うことも大事です。

「いままで気にしてなかったけど実は好みかも……」と彼の目に留まれば、社内恋愛のきっかけになったり男性からアプローチを受けたりするかもしれませんよ。

さり気ないボディタッチ

ボディタッチは恋愛テクニックの定番ですよね。社内の人にボディタッチをするときに大切なのは、さり気なく自然に行うことです。あからさまにボディタッチをすると「仕事中なのになにしてるの?」と思われるかもしれません。

勤務中にボディタッチを試みるなら、資料を手渡すときに少し相手の手に触れてみるぐらいがおすすめです。同じエレベーターに乗るときは相手の隣に立ち、人が増えてきたらつめるフリをして距離を縮めてみるのもいいでしょう。

相手が「これってボディタッチ?」とわからないぐらいのさり気なくても、何度か繰り返すうちに気付いてくれる可能性が高いでしょう。

共通の話題を作る

気になる人とふたりきりになるチャンスがあったのに、会話が続かず気まずい雰囲気で終わってしまった……というのは避けたいものです。共通の話題を作り、楽しく会話できるようにしましょう。

相手の趣味や好きなものについて調べ、あなたから話題を振れるようにしておくことが大切です。たとえば野球が好きな人であれば、ニュースで試合結果を見たり注目の選手を調べておくとよいでしょう。

ふたりで会話をするときに「昨日は〇〇がホームランを打っていましたね」と言えば相手が食いつくはずです。共通の話題があれば次回は男性から話しかけてくれるかもしれませんよ。

社内恋愛を進展させる男性の脈ありサインの見抜き方


男性は好意を抱くとわかりやすくアプローチする傾向があります。ただし職場だと周囲の人にも気を遣い、あまり直接的なアプローチはしてきません。

次は男性が職場恋愛を発展させるために見せるサインをご紹介します。

頻繁に目が合う

女性は観察力に優れていて、普段から周囲をよく見渡しています。しかし男性は興味のあるものにだけ目を向けることが多く、好きな人でなければ用がないと見ることはありません。職場の男性と頻繁に目が会うのは、あなたに興味を持っている証拠だと言えるでしょう。

なにげなく見ているのか、それとも気があって見ているのか判断に困ったときは相手の目を見つめ返してみましょう。相手が顔を赤くしたり急にそわそわしだしたりしたら、ほぼ100%脈ありです。

いろいろ気遣ってくれる

仕事のことだけでなくあなた自身を気にかけてくれるなら、職場恋愛に発展させるための脈ありサインかもしれません。風邪を引いたときに「大丈夫?」と心配してくれたり、落ち込んでいるときに「何かあったの?」と声をかけたりするのは脈ありの可能性大。

普段から目で追っているからこそささいな変化にも気付きやすいのでしょう。ただし誰にでも優しい男性もいますから、脈ありなのかそうでないのかわかりにくい部分もありますよね。

脈ありサインと判断する前に、ほかの女性への態度を確認してみましょう。もしあなただけを心配してくれているなら脈ありサインとみて間違いありません。

仕事以外のLINEやメールが届く

業務連絡のLINEに返事をして、そこからLINEを続けようとする場合はあなたに気がある可能性が高いでしょう。職場で話せる内容なのに、わざわざ個人LINEを送ってくるときも脈ありです。

興味がない女性に仕事以外で連絡をすることはありませんよね。仕事とプライベートは切り離したいという人も多いはずです。仕事が終わってもその女性が気になり、思わずLINEを送ってしまうのでしょう。

仕事以外でLINEが頻繁に届くときは、職場恋愛に発展させるための脈ありサインと考えてよさそうです。

話しかけられることが多くなる

オフィスで席が隣なわけでもないのに、わざわざ来て話しかけてくるようなら脈ありサインでしょう。職場の人を好きになったらまずは相手と親しくなることが大切です。最終的にはふたりきりで話がしたいと思っても、いきなり距離をつめると女性に引かれてしまうかもしれません。

女性は親しくない男性とふたりきりになるのは警戒するので、まずは仲良くなって相手の心を開くことから試みようとします。少しずつ打ち解けてきて「今度食事でもどう?」と誘ってきたら脈ありと判断しましょう。

まとめ


職場の人との恋愛は周囲の目が気になったり、上下関係があったりしてアプローチが難しい部分もあるでしょう。ただ、男性も女性も職場恋愛に抵抗感がある人は少なく、きっかけ次第では恋愛に発展させられます。

あからさまなボディタッチや公私混同した行動はいけませんが、マナーを守ってアプローチすれば相手に思いが届くこともあるでしょう。

社内恋愛のきっかけは意外と身近にあるものです。
「職場だから恋愛なんてできない」と考えず、気になる人ができたら自分の気持ちに素直に動きましょう。(ひかる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事