2019.10.28

マザコンの特徴って?マザコンを疑ってしまう20個の行動と言ってはいけない地雷発言

母親を大事にできる男性は素敵ですよね。「男はみんなマザコン」なんて言ったりもしますし、どんな男性でもマザコン要素は持っていると思います。でも、マザコンと母親思いの違いって何なんでしょうか?

マザコンは幼少期からの家庭環境で形成されているので、基本的にマザコンの治し方はありません。ならば、マザコン男子の特徴や接し方を知ってうまく付き合っていきましょう。

今回はマザコン男子について徹底解説します!

マザコンとは?


「マザコン」という言葉は多くの人が聞いたことがあるでしょう。でも、「マザコン」って何の略か知っていますか?マザコン男子の特徴について知る前に、まずは「マザコン」の言葉の意味を理解しておきましょう。

マザーコンプレックス

マザコンとはマザーコンプレックスを省略した言葉です。

マザーコンプレックスというのは母親に対して強い執着心を持っていたり、必要以上の独占欲を抱くことを意味します。マザコンという言葉は男性に使うものだと思われがちですが、実は男女問わず使える言葉です。

コンプレックスという言葉は英語だといろいろな要素が詰まっているという意味になります。つまりマザーコンプレックスとは、母親との関わりで発生するいろいろな感情のことを指しています。

マザコンの意味

マザコンは大人になっても母親に依存している男性のことを指しますが、元々の意味は少し違っています。

幼い子どもは、母親を独り占めしたいと思っています。

母親と親しくする父親を見て、無意識のうちに憎しみの感情を持ちます。この父親に対する「パパが邪魔だ」「ママを取られた」という感情をマザコンと呼んでいました。

成長するうちに母親への独占欲は薄れて、父親への憎しみの感情も消えていきます。ある程度の年齢になれば母親と関わるのすら嫌になって、離れようとするのが一般的です。でも大人になっても幼少期の精神状態が続いたままだとマザコンになってしまうのです。

マザコンの定義

一般的には、なんでも母親に頼って自分で何もできない男性のことをマザコンと呼びます。

母親と共依存の状態にあるかどうかも大きなポイントです。基本的にマザコン男性の母親は息子が自立するのを認めないという特徴があります。

マザコン男性は彼女や奥さんよりも母親の意見を優先して、母親がイヤと言えばその通りに従います。また、母親も息子が自立するのを邪魔するのでいつまでたってもマザコンが治らないのです。

なぜマザコンになるのか

マザコンになる原因は幼少期からの家庭環境や母親との関わり方にあると言われてます。母親が過保護や過干渉で、何でもしてもらっていた人は大人になっても母親から離れられないようです。

反対に、親の愛情に飢えて育つとマザコンになることもあります。父親がいない家庭で育って寂しい思いをしていたり、母親が放任気味だと子どもは愛されたいと思います。大人になっても愛情を求め、母親に構ってもらいたくてマザコンになるのです。

もしかしてマザコン?マザコンの特徴と行動20


マザコンが母親離れできていない男性であるということはわかりました。

次に、マザコン男性の特徴や行動を見ていきましょう。「わたしの彼ってもしかしてマザコン?」と思う女性は彼氏にあてはまるところがあるかチェックしてみてくださいね。

1.母親としょっちゅうLINE

マザコン男性の特徴として、いつでも母親と繋がっていたいと思う傾向があります。母親から連絡が来るのを返しているばかりではなく、母親からの連絡がないと「今日は何してるの?」と自分からLINEを送ることも多いのです。

あなたと一緒にいるときでも彼がしょっちゅうLINEをしていることはありませんか?もしかしたら、それはすべて母親からのLINEかもしれませんよ。

2.母親としょっちゅう電話

あなたと一緒にいるときでも母親からの電話がかかってきたり「今日は何時に帰るよ」と母親に話していたらの可能性が高いでしょう。

マザコン度合いによってはいつ、だれと、どこに出かけるか報告して、帰ったら母親に連絡するということもあります。一緒に住んでいなくても、頻繁に電話をすることで母親が常に見守られているような気分になれるのでしょう。

3.母親としょっちゅう旅行

マザコン男子は成人してからも母親と一緒に行動したがるという特徴があります。男性自身が自立できていないのに加え、母親が息子の自立を嫌がるということも少なくありません。

彼女よりも母親優先になりがちなので、あなたとの旅行に母親を連れて行こうとすることもあるでしょう。彼と出かけるときに「今度母さんも連れていきたいな」という男子はマザコンかもしれませんよ。

4.母親チョイスのコーディネート

マザコン男子は自分で物事を決めるのが苦手。だから、ファッションに関しても自分で考えられず「母親が決めた服しか着ない」ということがあります。

彼のセンスがちょっとおじさんくさいかも?と思ったらどこで買ったか聞いてみてください。はっきりと「母親が決めた」というならマザコン確定。でも答えを濁したり、うやむやにするようなら隠れマザコンかもしれません。

5.「お母さんががダメって言うからダメ」発言

あなたと決めた事なのに「実は母親がダメって言ってて……」なんて言われると落ち込みますよね。いつもこんなこと言われると「わたしよりお母さんを優先するの?!」とケンカになってしまうかもしれません。

でもマザコン男子にとっては母親は絶対的存在。逆らうことは許されないのです。

6.小さいころのあだ名で呼ばれている

マザコン男子は母親から子ども扱いされているという特徴があります。彼氏の母親と会ったときに「うちの〇〇くんがね~」と子どものようなあだ名で呼んでいませんでしたか?

マザコン男子の母親からすると、例え成人しても息子は息子。いつまでも子どものときのように可愛がりたいのでしょう。あなたの前で母親のことを「ママ」と呼んでいたらマザコンかもしれません。

7.会話によくお母さんが出てくる

彼氏と話をしているときに頻繁に母親の話がでてくることはありませんか?マザコン男子はいつも電話やLINEで母親と連絡を取り合っているので、母親に関する情報をよく知っています。

聞いてもいないのに「この前母さんがさ~」とか「母さんってさ」と母親の話ばかりしたがるのは頭の中が母親でいっぱいの証拠。おそらく彼はマザコンでしょう。

8.冷蔵庫にいつもお母さんの手作りが入っている

彼氏の自宅の冷蔵庫に、手作りのお惣菜が入ったタッパーがあるとマザコンの可能性が。彼の健康を気にした母親が頻繁に料理を作っているか、あるいは彼からのリクエストかもしれませんね。

ほかにも彼が自分で買わないような食材が冷蔵庫に入っていれば、すべて母親が買ったものかもしれませんね。

9.「お母さんの味は」と料理に文句を言う 

母親に甘やかされて育ったマザコン男子は食べものの好き嫌いが激しいという特徴があります。嫌いなものを食べなくても怒られる事はなかったので、そのまま大人になっても食べられないまま。母親が自分好みに味付けした料理しか食べないこともあります。

あなたの手料理を食べなかったり「おふくろの味は~」と文句を言うならマザコンの可能性が高いでしょう。

10.大事なことは母親に相談

マザコン男子の特徴として、彼女よりも母親の意見を尊重する傾向があります。自分で決断できないというのと、決めたことを後から母親に報告して怒られるのがイヤなのです。

2人で話し合っていても「ちょっと考えさせてね」と言ってすぐに返事しないのは、母親に相談しているからかもしれません。

11.自分で物事を決めるのが苦手

マザコン男子には優柔不断な性格が多いという特徴があります。母親の相談できない場面では、基本的に「君に任せるよ」と言って相手に判断をゆだねることもしばしば。

マザコン男子は決断力に乏しいので、例えばレストランでのメニュー選びでもすごく時間がかかります。しびれを切らして「私が決めるからね!」と言ってしまう女性も多いんじゃないでしょうか……。

12.女性の好みのベースが母親

マザコン男子にとって理想の女性像は母親のような人です。性格も見た目も、母親に近い人を求め続けています。彼の歴代の元カノが似たようなタイプだったら、母親を基準にして選んでいるのかもしれませんね。

もし彼に「お母さんみたいだね」と言われたら、それは彼なりの褒め言葉なのでしょう。

13.甘えん坊

マザコン男子は甘えん坊。でも甘えん坊な一面を見せるのは恥ずかしいと思う男性も多いので、普段本性を見せることはありません。

付き合いが長くなるにつれて彼氏が甘えん坊になってきた場合や、2人のときだけ甘えん坊なら母親にも甘えている可能性があります。

14.母親の希望通りの進学&就職

母親の期待に応えたいという気持ちが大きいと、進学や就職も母親の希望に合わせて選ぶことがあります。そもそもマザコン男子は自分で決断できないという特徴があるので、母親が選ぶほうが安心だと思っていることも。

どんなにブラック企業でも彼が転職を考えないなら、母親がすすめた就職先の可能性もあります。

15.母親自慢をしてくる

マザコン男子は彼女に母親自慢をすることがあります。「おふくろはすごいんだよ!」と言っているときの彼の表情はとても誇らしげで嬉しそうなはずです。

自分の好きな人の素晴らしさを彼女にも伝えたくて言っているだけなので「すごいね」と賛同してあげましょう。

16.反抗期がなかった

反抗期は誰にでもあるものだと思いがちですが、実はマザコン男子には反抗期がありません。反抗期というのは子どもが親から自立するための過程です。でも母親から自立しようとしないマザコン男子には反抗期が必要ありません。

彼に「反抗期ってどんな感じだった?」と聞いてみましょう。もし彼に反抗期がなければマザコンかもしれません。

17.母親の悪口は地雷

誰しも親の悪口を言われるといい気はしませんが、マザコン男子に母親の悪口はタブーです。母親がすべてのマザコン男子にとって、母親の悪口を言われることは自分を否定されたと同じこと。

どれだけあなたとラブラブでも、母親の悪口を言ったことで彼の気持ちが離れてしまう可能性もあるのです。

18.外では母親にツン、中ではデレ

マザコンは恥ずかしいことだと思っている男性も多くいます。そのため、人前ではマザコンの特徴を隠し、あえてそっけなく母親に接することもあります。

彼の母親について聞いたときに必要以上に悪口を言うようなら、マザコンであることを隠したがっているのかもしれませんね。

19.母親の理想像を押し付ける

マザコン男子の中には、自分の育った環境が最高だと思っていることも。だから一緒にいる彼女にも母親のような振る舞いを求めます。

「うちの母さんだったら〇〇しないよ」とやたら母親とあなたを比較する男性はマザコンの可能性が高いでしょう。

20.母親が掃除をしにくる

母親から自立できていないマザコン男子は、自分で身の回りのことをするのが苦手。だから一人暮らしをしてからも母親がしょっちゅう家に来て、掃除や炊事をすることも珍しくありません。

彼の部屋がいつもキレイなのは、母親が掃除しているからかもしれませんよ。

マザコンと親思いはどう違う?


マザコンと母親思いの違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。マザコンと母親違いの一番の違いは自立しているかという点です。

マザコンは何でも母親の指示がないと物事を決められません。自分の意見があっても、母親から言われるとその指示に従います。

母親思いというのは自分でどうすべきか考えて行動します。精神的に自立している男性は基本的に母親に頼ること自体が少ないでしょう。

マザコン男子に言ってはいけない地雷発言


マザコンが好きな女性は少ないかもしれませんが「付き合って(結婚して)からマザコンだとわかった……」ということもあるでしょう。パートナーがマザコンだったときは、どう接していけばいいのでしょうか?

ここではマザコン男性と付き合っていくうえでの注意点をお伝えします。

彼氏がマザコンの場合

彼氏がマザコンの場合、彼が自分で物事を決められなくてもそのことを攻める言葉はNGです。マザコン彼氏の典型的な例として、デートプランを立てられないということがあります。

いつも母親に頼っていたので、どこに行きたいか考えて実行するのが苦手なのです。でもあなたが「そんなことも決められないの?」といってしまうと母親に泣きついてしまうかも。彼の母親から嫌われると、彼氏もあなたのことを嫌になってしまう可能性があります。

「マザコン」という言葉を使わない

マザコン男性の多くは自分がマザコンだということを自覚しています。そして、いつまでも母親に依存しているのは恥ずかしいという考えも持っています。

だから面と向かって「マザコンなんでしょ?」と言われることを嫌がります。彼氏がマザコンだとわかっていても、言わないでおきましょう。

旦那がマザコンの場合

旦那がマザコンだったときは「お義母さんの方が大事なんでしょ!」と言わないように気を付けましょう。マザコン男性にとって妻よりも母親を優先するのは当然のことなので、自分の母親を大事にしない妻に嫌悪感を示します。

むしろ、自分が母親を大事にするのと同じぐらい妻にも母親を大事にしてほしいとすら思っています。

母親の悪口

マザコン旦那に限ったことではなく、母親の悪口はNGです。夫婦喧嘩をすると頭にきて、過干渉な義母の悪口を言いたくなってしまうでしょう。でもそこはこらえましょう。

「お義母さんのせいなのに!」なんて言ってしまうと、旦那は怒って実家に帰ってしまうかもしれませんよ。

母親と距離を置きたい発言

旦那の母親と距離を置く発言は、マザコン旦那にとって「オレと離婚したいってこと?」と思われることが。マザコン旦那にすれば、自分と結婚する=母親とも仲良くすることなのです。

「しばらくお義母さんに会いたくない」なんて言うと、マザコン旦那はすぐに母親に伝えてあなたのことを悪く言うでしょう。

マザコン男子と結婚する時に気を付けること


マザコン男子とわかっていても「彼以外考えられない!」という女性もいるでしょう。マザコンには治し方がありませんので、結婚しても彼が変わることあまり期待できません。そうなると、あなたが彼と彼の母親にどう接していくかが大切です。

マザコン男子と結婚するときにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

嫁姑問題は覚悟する

マザコン男子の特徴として、常に母親を優先することは何度かご紹介してきました。結婚してもいつも母親優先であることは変わりません。だから、姑と喧嘩をしても自分の味方をしてもらえることはないでしょう。

ある程度の嫁姑問題は覚悟して、できるだけ姑とうまく付き合っていく努力が必要です。

物理的な距離を確保する

マザコンの特徴は、例え彼氏から旦那になっても母親とずっと繋がっていようとすることです。週末はいつも姑が家にいる……なんてことも珍しくありません。

だから、週末はあなたが実家に帰ったりして物理的に距離を置きましょう。あえて実家近くの職場を見つけて「仕事が遅くなったから実家に泊まるね」と言ってしまうというのもアリでしょう。

善意や頂き物は笑顔で受け取る

マザコン男性の母親には世話焼きな人が多いという特徴があります。だから、息子のお嫁さんに対して世話を焼きたがる姑もいます。

姑からの善意や頂き物があれば、例え欲しくないものでも笑顔で受け取りましょう。もしも嫌そうな顔をすれば、すぐさま旦那に報告してあなたが責められるかもしれませんよ。

訪問時は必ず手土産

旦那の実家に行くときは必ず手土産を持参しましょう。マザコン旦那と良好な夫婦関係を保つためには、姑に気に入られることが重要です。

例え姑が「気を遣わなくていいのよ」なんて言っても、何か手土産を持参していい嫁アピールをしちゃいましょう。

誕生日、父の日母の日には贈り物

マザコン男性の母親は、息子が成人してからも記念日を祝いたがるという特徴があります。息子の誕生日はもちろん、お嫁さんの誕生日にもプレゼントを贈ってくれる姑もいます。
あなたからも旦那の両親の誕生日、父の日、母の日にはプレゼントを贈るようにしましょう。そうすればマザコン旦那が「自分の親を大事に思ってくれている」と感じ、良好な夫婦関係を保てるはずです。

母親を味方につける

マザコン男性は母親に逆らえないという特徴もあります。だから、できるだけ姑を味方にできるように努力しましょう。

嫁がどれだけ怒っても聞かなかったのに、姑が一喝しただけでおとなしくなるマザコン男性も少なくありません。

まとめ


マザコン男子は女性から敬遠されがちですが、いいところだってあります。優柔不断で決断力がないというのは、裏を返せば優しくて謙虚だとも言えるでしょう。

マザコンには治し方がありません。基本的に彼のマザコンが変わることはありませんが、母親と良好な関係を築ければあなたも母親も同じぐらい大事にしてくれる可能性はあります。

マザコン男子とうまく付き合っていけるかは、あなたの対応次第でもあるのです。(ひかる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事