2019.11.22

自然体で落ち着く男性が結婚相手におすすめな8つの理由

いつもドキドキしたりときめいたりするのが恋愛で、その先に結婚があると思いますよね。
それなのに、いま彼氏にときめきを感じることがなく自然体でいることができる関係になってしまって「本当にこのままでいいのかな……」と考えはじめていませんか?

彼氏のことが大好きだけれど、このまま一緒にいて落ち着く恋愛で結婚に踏み切っていいのか悩んでしまいますよね。

実は恋愛でなく結婚の場合はドキドキするよりも落ち着く男性の方がいいと言われています。

これからなぜ一緒にいて自然体でいられる男性が結婚に向いているのか、理由についてもご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

結婚と恋愛の違い


よく「結婚と恋愛は違うと思う」とそれぞれを別々に考えるタイプの人がいますよね。
「結婚」と「恋愛」にはどんなところに違いがあるかに注目するので、これから一緒にチェックしていきましょう。

恋愛は非日常。故に刺激がほしい

「この人のことが好き!」と感じたらその人だけしか目に入らずまわりがよく見えなくなってしまいます。

たとえば「すでに彼女がいる」「しっかり働いていない」などこうしたマイナスな理由があってもその方が返って燃えるのが恋愛の特徴です。
「彼女と別れて私と付き合って!」と無理を言ったり「私がお金を出してあげるからね」と言い出したりなどそんな必要はないのに男性にべったりになってしまうでしょう。

こういった普段の生活にはない非日常が刺激となって、どんなに自分にとってマイナスな条件でも楽しいとさえ感じてしまうようになります。

相手から彼氏を奪ったり、尽くしたりすることで普段真面目に生活を送っている分、スリルや優越感を味わって溺れていくのが恋愛と言ってもいいですね。

まわりの人は将来を考えて「人からとったらダメだよ」「きちっと働いている人の方がいいよ」と心配してくれますが、夢中になっているときはまったく耳に入りません。

一緒にいて落ち着く恋愛では満足できず、とにかく好きでたまらなくてすべてをささげてもいいとさえ思えることに走りがちです。

ちょっと冷静になって考えれば「きちんとした人と恋愛すべきでこんな人はダメ」だとわかるのですが、恋の駆け引きをして彼氏が手に入ることに楽しさを覚えて、気持ちを十分にコントロールすることが難しくなっていきます。

もう好きな人しか見えなくなってすべてを投げうってしまうことが恋愛だと言えますね。

結婚は日常だから安心と安らぎがほしい

結婚は「生涯をともにする」と約束するものなので、長い時間を一緒に過ごすことになります。

恋愛でのお付き合いなら2、3年で終わっても次の相手を見つければいいですが、結婚はそう簡単にはいきません。「もう嫌いになったから」という理由だけですぐに別れることができない関係だと言えますね。

結婚は恋愛と違ってずっと続いていく日常をふたりで生きていくので、一緒にいて心が安らぐことが大切となる関係性となります。

たとえば恋愛では「いかに美人だと思ってもらえるか」を気にしますが、結婚はときが経って年老いてもふたりでいるので「笑顔をよりたくさん見せられるか」がポイントになっていきます。

そのためには男性といて安心できたり、一緒にいて癒されるという安らぎを感じられることが必要とされます。そのためにはあなたが素直にありのままの姿を出さないと長く一緒にいることはできないので、結婚するなら自然体でいられる男性がベストです。

どんなことをしても「それでもいいよ」とニコニコ笑顔で見守ってくれるので、とても居心地がよくのんびり過ごすことができますよね。

ときめきはいずれなくなるものなので、いつもドキドキしていたら生活に疲れてしまうため、一緒にいて落ち着く恋愛ができる男性と結婚すると日々安らいだ生活を送ることができます。

こうして日常を安心して過ごせることは、長く一緒にいるには大切なことなので自然体でいられる関係は結婚にはなくてはならないものだと言えます。

一緒にいると自然体で落ち着ける男性の特徴


恋愛と結婚ではそもそも求めるものに大きな違いがありましたね。
これから結婚に向いているという一緒にいて自然体でいられる男性とはどんな特徴があるのかご紹介していくので、しっかり抑えていきましょう。

会話が途切れても気まずくない

よく付き合ったばかりのカップルは「ふたりでいるときの沈黙がこわい」なんて言いますよね。

それだけふたりの間には落ち着ける心地よさがまだないと言えます。たとえば、おうちデートでテレビを見ているときやカフェでコーヒーを飲んでいるときなどゆっくりとした時間が流れている場合に会話が途切れやすくなります。

このときに「なにかしゃべらないと!」と思ってしまうようでは、ちょっと無理して背のびしてしまっていると言えますね。

ふたりともしゃべらずシーンとした雰囲気になっても不安にならず「こういう時間も大事だよね」と思える余裕が生まれるのは自然体でいられる関係になってからです。

一緒にいると落ち着く男性は静かになったときに目が合うとやさしく笑いかけてきてくれて「しゃべっていなくても楽しいよ」と思わせる特徴を持っています。

ちょっと静かで不安になり目が泳いでも「どうしたの?大丈夫だよ」「会話が途切れてもいいよ」とすぐに安心できる言葉をかけてくれるでしょう。

いつも会話で盛り上がらないと嫌われてしまうと考えがちですが、そんなことは一切気にしない大きな心を持っているので、どんなときも安心してそばにいることができます。
「沈黙は悪いことではない」と思えるのも信頼関係がしっかりしている証拠となります。

長くお付き合いしているカップルは静かになっても慌てたりしないので、最初からそういった雰囲気になるのは落ち着ける男性だからと言えます。

一緒にいて居心地がいい

ときめきを求める恋愛の場合は、一緒にいても「真剣なまなざしがカッコイイ」「そばにいるとドキドキする……」と心がざわざわしがちですよね。
それでは、気持ちが落ち着かず時間が経つにつれて少しずつ疲れてしまいます。

ただのお付き合いならそれでもいいのですが、長い時間一緒にいたいと考えるのなら、もっと居心地がいいと思える人の方がいいでしょう。

たとえば自然体でいられる男性は、あなたが面白い話を一生懸命していると「うん、うん」とうなずきながら耳をかたむけて「アハハ!」と笑ってくれてすべてをやさしく包んでくれるので、居心地がいいと思わせてくれます。
それはいつも「どうしたら一緒にいたいと感じてもらえるかな?」と考えているからです。

こういう男性は基本的に受け身でいてくれるので「今度のデートは遊園地に行きたい!」「もっと一緒にいたいな……」などいろいろなあなたの気持ちを受け止めて笑顔で「いいよ」と言ってくれる器の大きさを持っています。

よく「空気のような人」という表現がありますが、「居て当然という存在」になってしまう寂しいマイナスなイメージがありますよね。
一緒にいると自然体でいられる男性は居心地がいいのでまるで呼吸をするように当たり前の存在となり、長く生活をともにできる特徴を持っています。

よく女性は感情的になりやすいですが、こういった男性は雰囲気も落ち着いているので一緒にいると心を静めてくれるメリットがあると言えます。

弱いところも見せられる

彼氏によく思われたいと考えるとどうしてもいいところしか見せられなくなりますよね。
本当は「最近仕事が上手くいっていない」「いつも朝が苦手で遅刻しそうで大変」など弱いところもあるのに、それを見せるのは「カッコ悪い」と考えてしまいます。

こういったことはひとりでなかなか解決できないので、思い切って彼氏に悩みとして打ち明けるととても心つよくなりすぐ安心することができます。

弱いところを見せたら「え?そんなこと知らないよ、自分でどうにかしたら?」なんて言う彼氏ならこちらからお断りだと考えてみてください。
それだけ弱いところをすべて受け入れるのは男性みんなができることではないからです。
一緒にいて落ち着く恋愛をしていたら、思ったことをスムーズに言葉にできるでしょう。

たとえば「会議で発表するいいアイディアが思い浮かばなくて……」「朝なかなか起きられないから不安」と彼氏に弱いところを見せたら「発想をかえるといいよ、一緒に考えようか?」「明日から朝電話してあげる」とやさしくてベストなアドバイスをしてくれます。

いつもあなたを思っているので、そっと心に寄りそってくれるため「この人が彼氏でよかった」と心から思うでしょう。一緒にいると自然体でいられる男性はどんなところを見せても大丈夫という自信を持たせてくれる特徴があります。

いつまでもつよがって本当の姿を見せられないでいるより、弱さが見せられる関係の方が末永くやっていけます。

自然体で落ち着く男性が結婚向きな8つの理由


一緒にいて落ち着ける男性は心が広くてやさしい特徴を持っていましたね。
それではこれからそんな男性が結婚向きである理由を8つ具体的にご紹介していくので、よく頭に入れてみてください。

1.家で頑張りすぎないでいい

結婚すると長くふたりで過ごすのは家となります。
もし、一緒にいても背のびしてしまう男性と生活するとなると「いつもメイクしなきゃ」「だらだらした姿を見せられない」と頑張りすぎてしまうので、だんだんと楽しい時間が苦痛へと変わっていきます。

こうした生活は長く続かないので、疲れてしまったり、ちょっとでも気を抜くと「最近メイクもしなくなったね」と男性からダメ出しされてしまうでしょう。
また「料理は毎日手のこんだものを作らないと」と考えてしまうとそればかりに気がとられて、自分がゆっくりする時間もなくなっていきます。

こうして「結婚したら頑張らないといけない」と思いこんでしまうと、家にいても落ち着かなくなるでしょう。

男性の理想像を優先にイメージしてしまうと、こうして本当は安らげる家がそうではなくなってしまいます。

でも、一緒にいて自然体で落ち着く男性の前でなら「すっぴんでも大丈夫」「寝そべっていられる」など素顔の自分を出すことができます。

あなたの心に落ち着きを与えてくれる男性は決して否定するようなことは言わないからです。
それまで家で気の向くままに生活をしていたので、結婚したからといってそれを変えることなんてできないですよね。

一緒にいて落ち着く男性は結婚してからも変わらず、頑張りすぎないありのままのあなたを愛してくれるので、ふたりの仲はとても深まっていきます。

男性の方もあなたに完璧さを求めていないので、ちょっとドジでも「かわいいな」と思ってくれるため、頑張りすぎる必要がありません。

2.自分が弱った時にSOSを出せる

自分が体調を崩したりして弱っても、なるべくまわりの人に迷惑をかけたくないと考えますよね。なんだか人に頼ってはいけないような気持ちにさえなります。

たとえば、これが仕事だった場合は無理をしてでもやりとげた方がいいこともありますが、SOSがなかなか言い出せなくて結局休みをとることになり返って悪い結果を招くこともあります。

結婚してからなら「ちょっと頭が痛くて……夕飯作れそうもない」と伝えたときに「え?俺が作るの?」と嫌な顔をされるかなと思ったら遠慮してSOSを出せなくなりますよね。

でも、結婚した相手が自然体でいられる男性なら「夕飯は心配しないで、体調大丈夫?」と気づかってくれるでしょう。こういう男性はあなたを大切に思っているので、どんなときも受け入れてくれます。

「絶対に嫌な顔をしたりしない」と信じることができるので、弱ったときに我慢せずにSOSを伝えることができますね。
これが「SOSを出しても助けてくれない」となると結婚生活で大変なことが起きたときも「すべて自分でどうにかしなきゃ」と考えるとこの先どうなるか不安でいっぱいになるでしょう。

女性としては男性に力つよく守ってもらえると気持ちに余裕が出て、日々の生活をリラックスして送ることができます。結婚生活は長いのでこうしていざSOSを出したときに支えてくれるパートナーがいるといないとでは大違いです。

「SOSを出したらサポートしてもらえる」という安心感は欠かせないでしょう。

3.一緒にいて安心できる

いつまでも恋愛気分で結婚生活を送っていると「そばにいるとドキドキが止まらない」と恋する気持ちを味わえますが「ほかの女性に気が向いたらどうしよう……」といつも不安を抱えることになります。

それではせっかく結婚したのにお付き合いしているときとあまり変わりがないですよね。
いま感じているドキドキはときが経つにつれて自然となくなっていくものなので、不安だけが残ったりするでしょう。

これが一緒にいると落ち着く男性なら、ときめくというよりも居心地がいいと感じさせてくれるのでいつでもニコニコして安心した気持ちで過ごすことができます。

ほかの女性の影を心配することもなく「この人は浮気なんてしない」とつよく信じさせてくれるので、心もいつも安定している状態となります。

自然体でいられる男性は結婚してからも一途に思ってくれるので、心配ごとはありません。
結婚生活をイメージしてみても「旦那さんがいろいろな女性と親しくする」とヤキモチするよりも「旦那さんは私しか見ていない」と思うのでは一緒にいるときの安心感に違いが出てきますよね。

これが数年だけのお付き合いなら仕方ないと言えますが、結婚したらずっと一緒にいることになるので断然安心できる男性と過ごした方が充実した生活が送れるでしょう。
恋愛ではスリルを求めたりしますが、結婚となると安心できることに勝るものはないと思います。

その安心感があるからこそ信頼関係が生まれて長い人生をともに生きることができます。
自然体でいられる男性と結婚したら苦労はあまりしないと言ってもいいでしょう。

4.受け入れてもらえることで自己肯定感も得られる

よく「どうせ私なんて……」と愚痴を言う人がいるように、自分に自信満々な人はあまりいないですよね。こうして自分を否定する言葉が口ぐせになってしまうぐらいネガティブな考えになってしまいがちです。

こう言ってしまう原因には「過去に彼氏にひどい振られ方をした」「仕事で叱られてばかりだった」などのつらい経験があり、長く引きずってしまう傾向にあります。

しかし、自然体でいられる男性は背のびをしない、いつものあなたを「かわいいね」と笑顔で受け入れてくれます。ポイントは、自然体でいる普段のあなたの姿を見てそう言ってくれることです。

たとえば、デートしているときに気を抜いてうっかり転んでしまったら「わあ!恥ずかしい」と思いますが、すぐに「大丈夫?けがは?」と心配してくれます。
「なんかカッコ悪いね」と言っても「そんなことないよ、たいしたことがなくてよかった」とあなたを肯定する言葉をかけてくれます。

「カッコ悪い私を受け入れてくれた」と感じると少しずつ自己肯定感が上がっていきます。
こういう男性のやさしさが重なってくると「どんな私でもいいんだ」と自分から思えるようになり自己肯定できるようになるでしょう。

いつもマイナス思考だと自分もつらくなるので、こうして自信が持てるようになってくるのはとてもいいことです。
一緒にいると落ち着く男性は結婚してからもこうして幸せでいっぱいにしてくれます。

5.自分らしい自分でいられる

たとえば「休日はだらだらと寝てばかりいる」「ずっとスマホを見ているだけ」などその人によって、自分らしくいることが違います。

ほかの人から見たら「だらしない」「スマホばかり触っている」とマイナスに見られることもありますが、自然体でいられる男性は「それが好きなら、自分らしくていいんじゃない」と言ってくれるでしょう。

こういう男性はすべてを前向きに考えてくれるので「ダメ」と言ったりせず「いいよ」と笑顔で受け入れてくれます。自分でも「ちょっとだらけているかな?」と思いながら、おうちで一緒にいるときにソファーでゴロゴロしていてもニコニコして「ゆっくり体休めてね」と思いやりのある言葉をかけてくれるでしょう。

たとえば「休日は趣味のヨガをする」と聞くと充実していると思われますが、自分らしさはすべてがそうではなくきちっとしていないものもあって当然となります。

つい一緒にいるのにうとうと寝てしまっても「おうちデートで寝るなんて!」と怒らずそっとあなたに毛布をかけてくれる優しさを持っています。

結婚したら「眠いけど起きていないと……」と思っても長続きしないので、どれだけ自分らしく過ごせるかが大切になってきます。

男性に「自分らしさ」を見せられない関係なら、結婚するとつらくなるだけなのでおすすめできません。一緒にいて落ち着く男性はあなたを自分らしく生活させてくれるので、結婚にはもってこいと言えますね。

6.ケンカが少なくて済む

長い時間を一緒に過ごせば過ごすほど、ふたりがぶつかってしまうことがあります。
よく「ケンカするほど仲がいい」と聞きますが、どんなに親しくてもケンカすることがあると言えます。

たとえば「休みの日ぐらいゆっくりしたいな」と言ったら「でもごはんぐらいは作って」と怒っているような言いまわしをされるとムカっときて「なんでいつも私ばかり忙しいの」とすぐケンカになってしまいます。

こういうことはよくあることですが、これが自然体でいられる男性なら同じことを言っても「じゃあ、ごはんは一緒に作ろうか」と提案してくれるので「そうしよう」という話になり、楽しい時間を過ごせます。

一緒にいると落ち着く男性は、あなたのどんな言葉にもちゃんと耳をかたむけて「どうしたら上手く解決できるかな?」と考えてくれます。
そのため結果的に言い合いにはならないで、ケンカをしないで済むことになるでしょう。
少しのケンカと言っても、あなたがリビングで寝ていたら「風邪ひいちゃうからベッドで寝たら?」とやさしく語りかけてくれる程度です。

ちょっと機嫌が悪ければ「うるさいな」と返してしまうかもしれませんが、基本的には「ありがとう」と言って解決するでしょう。
ケンカをするとお互いカッとなって相手を傷つけてしまうことを言ってしまいがちですが、こうしてあまりケンカをしないとなるといつまでも仲良しでいることができます。

7.家族として絆が深まる

結婚して家族となり生活していくことを考えるとふたりの絆が深い方が上手くいきますよね。それはお互い思いやりを持って接することが大切だと言うことです。

たとえ家族だとしても「なんでいつもやることが遅いの!」「どうして私をイライラさせてばかりいるの」と思ったことをストレートに言っていると、たちまちふたりの雰囲気が悪くなってしまうでしょう。

一緒にいると落ち着く男性はいつも気持ちがおおらかなので、基本的に怒ったりしません。
どんなことを言われても「ごめんね」と言えるので、その場はおさまりますが心が傷つくこともあると思います。

男性はきつい言い方をしないので、あなたもちょっと冷静になってやることが遅いと感じたときには「私も手伝うよ」とやさしく声をかけてあげてください。こうして思いやった言葉や行動がふえてくるとふたりの絆は自然と深まっていきます。

絆とは、長い時間をかけてふたりで少しずつ作り上げていくものです。
また、あなたが自然体でいられるのもそれだけ男性が居心地をよくしてくれている証拠なので、いつもたくさんの愛情に包まれていると言えますね。つよく「好き」と思ってもらえているので、家族になるとありがちな「家族としての情」にはならず「愛情」でつながり続けるため結婚向きな男性となります。

よく家事や育児におわれる女性に対して「結婚したら女として見られなくなった」と男性が言いますが、そういった心配は一切ありません。

8.素直に甘えられる

男性は甘えられることによって「頼りにされている」と感じて嬉しくなるものです。
女性もそれを知っているので「上手に甘えよう」と思うのですが、ちょっと背のびしている関係だと「そんなことカッコ悪くてできない」と甘えることが難しくなります。

また「もっとくっついていい?」と甘えて言っても「恥ずかしいから嫌だ」なんて返ってきたらどうしようと迷ったりもします。しかし、一緒にいて落ち着く男性はどんなあなたでも大好きなので、どういう甘え方をしても「すべてOKだよ」と言ってくれます。

あなたも一緒に過ごすなかで男性がすべてを受け入れてくれることをわかっているので、安心して甘えることができるでしょう。

たとえば「もっとそばにきて」と甘えるのではなく「おなか好いたからおいしい玉子焼きを作ってくれたらうれしいな」とちょっと面倒なことを甘えながらお願いしても「うん、作るよ」と言ってくれるので「私のこと好きでいてくれる」と思えたりします。

結婚するといて当たり前の存在になっていくため、素直に甘えたりしてコミュニケーションをとることが少なくなっていきます。
しかし「どんな甘え方をしても大丈夫」とあなたが自信を持っていれば、どんなにときが経っても甘えることを忘れないでしょう。ということはいつでもラブラブな夫婦でいられるということです。

こうして自然体でいられる男性と結婚するとべったり甘えて愛情表現をすることがスムーズにできます。

まとめ


彼氏といるととても落ち着くけれど、恋愛にあるドキドキがないと上手くやっていけるかとても不安になりますよね。

結婚と恋愛の違いははっきりとしていたので、そんなにときめきを重要視する必要はないとおわかりいただけたと思います。一緒にいると落ち着く男性は居心地をよくしてくれたり、どんなあなたも受け入れてくれる広い心を持っている特徴がありましたね。

そんな自然体でいられる男性が結婚に向いているという具体的な理由もすぐに理解できたと思います。どの理由も女性として満たされるものばかりでしたね。

一緒にいていつもときめきを感じる男性よりも、一緒にいて落ち着く男性の方があなたを一途に思ってくれる運命の人かもしれません。

もし、結婚に迷っているのならぜひ自然体で一緒にいて落ち着く男性を選んでみてください。(菜花明芽/ライター)

(ハウコレ編集部)

▼彼氏がほしい!恋活・婚活がしたい方はこちら

関連記事