2019.11.28

どうして?相手からの好意を気持ち悪いと思ってしまう心理

「好きな男性から告白されました。ところがその男性の好意が気持ち悪いです。嬉しい気持ちが少しも無いのです。どうしてでしょうか?」と、悩みを打ち明ける女性がいます。
意外にもこのように悩む女性が多く、気持ち悪くて男性と付き合えない女性が急増しているのです。
好きな男性からの告白が気持ち悪いとはどういうことなのか?理解に苦しみますよね。そこで心理カウンセラーの筆者が、男性の好意を気持ち悪く思う女性の心理を、わかりやすく丁寧に解説していきたいと思います。
その背景にはなにがあるのか、いろいろな原因が考えられると思います。一度でもそのように男性の好意を気持ち悪いと思い、その現象はなんなのか知りたいと思っている女性は必見です!

好意を持たれると気持ち悪いと感じる女性はどのくらいいる?


まず、好意を持たれると気持ち悪いと感じる女性はどのくらいいるのか、当カウンセリングルーム相談者から見ていきたいと思います。意外な結果に驚かれると思いますが、紛れも無い事実が隠されているのです。

自分が好きではない男性からの好意

好意を持たれると気持ち悪いと感じる女性は、自分が好きではない男性からの好意のときは、7割の女性は気持ち悪いと訴えるのです。好意を持たれると男性の気持ちの悪さの度合いはいろいろです。
この好きではない男性からの好意の場合は時に気持ちの悪さを通り越し、恐怖を感じて駆け込んで来るケースがあるのです。曖昧な態度はとらず、はっきり断ることも大事になってきます。
自分が好きではない男性からの好意のときには特に、気持ちの悪さが際立つのでしょう。

自分が好きな男性からの好意

好意を持たれると気持ち悪いと感じる女性は、自分が好きな男性からの好意でもほぼ3割の女性は気持ち悪いと思っているのです。3人に1人は好きな相手でも気持ち悪いと思ってしまうとは、どういう流れなのでしょうか?
「あんなに好きだったのに、告白されたとたんに気持ち悪くなりました。どうしてなんですか?」と思い悩み駆け込んで来るのです。そのときの女性心理はどうなのか、いろいろな原因が考えられると思いますが、3割もの女性が好きな男性でも気持ち悪いと思っているです。
男性もどのようにアプローチすればよいのか頭をかかえることでしょう。なかなか先に進みませんよね。ですので、このような背景が未婚率を引き延ばしているとも考えられるのです。
せめて自分が好きな男性は、気持ち悪いと思わないでほしいもので、捉え方の訓練が必要になってくると思います。これから詳しく解説していきますので、捉え方や考え方を少しづつでも変えていきましょう。

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるの?


それでは、なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、考えられる原因をいろいろな角度から心理別に検証し、わかりやすく解説していきます。好意を持たれると、なぜか気持ち悪く感じる女性は必見です!

心理1:生理的に無理だから

好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、生理的に無理だから気持ちが悪いと感じることが挙げられます。このことは理屈で解明できるものではなく感覚的に嫌なものは嫌で、この気持ちは止められないことなのです。どうしても受け付けられない男性がいても当たり前のことと思います。
また、なぜかこのように、生理的に無理な相手にだけ好かれる女性がいるのです。想う人からは想われず、想わない人からばかり想われる女性は、いい意味での近付きやすい隙があるのか、あるいは広い視野を持つ包容力のある女性と思われます。美人過ぎて近寄りがたい女性とは違い、人当たりよい女性ですね。
生理的に無理なときは、「ごめんなさい。恋愛する気になれないんです。」と、はっきりとお伝えし、お断りすべきです。相手を傷付けまいと曖昧な態度を取る女性がいますが、それは逆効果で曖昧な態度こそ相手を傷付けることを認識したほうがよいでしょう。

心理2:相手に男性としての魅力を感じていないから

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、相手に男性としての魅力を感じていないからということがあります。まったく男性としての魅力を感じていないのに、男性として好意を持っていることが、なんとも気持ち悪く思うのでしょう。
自分自身の理想としている男性像と真逆だったり、男性らしさが無かったりすると気持ち悪さだけが先行してしまうのです。いまどき多い草食系男子のように、頼りない男性こそ女性には気持ち悪いと思う傾向にあると思われます。
なぜならこのように思う女性は、自分に自信がなく自分は頼られる人物でないと思っているので、同じく頼りなく男性としての魅力を感じない男性が気持ち悪いと思うからなのです。
この場合は変に気を持たせるのではなく、はっきり自分の理想と違うことを言ってお断りしてもいいと思います。

心理3:プライベートに踏み込まれたくない

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、プライベートに踏み込まれたくないという理由も考えられます。好意を持つとやたらとプライベートに踏み込もうとする男性がいますが、まだ付き合ってもいない男性にそのようにされたら、気持ち悪く感じるでしょう。
男性が好意を持つ女性のプライベートに踏み込もうとする背景には、早くなんとかしたいという男性のいやらしさと焦りも見え隠れしますよね。女性にとっては心穏やかではなく、とても気持ち悪く恐怖さえ感じることなのです。一度でも、そのように思うとストーカーを連想させ、さらに気持ち悪さが増幅することでしょう。
このような男性には、はっきりと「プライベートなお付き合いは考えていません」と言うほうがいいと思います。そしてくれぐれも、プライベートな情報を相手に入れないことが大事になってくるのです。決して隙を与えず毅然とした態度でいましょう。

心理4: 恋愛に興味がない

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、そもそも恋愛に興味がないということが考えられます。まったく恋愛に興味がなく仕事と趣味に没頭していたいのに、男性から好意を持たれるなんて、迷惑で気持ち悪いと思う女子もけっこういるのです。
このように恋愛と男性に興味がなく、そのまま結婚しない女子が増えている傾向にもあります。恋愛が面倒な上に興味のない男性から好意を持たれるなんて心外で、気持ち悪いと言っている女子も少なくないのです。このような女性は男性を近づけようとはしないでしょう。
ですから、あえてお断りするまでもなく、男性を寄せ付けないオーラを漂わせているので、いずれ男性も感じ取ることができると思います。このような女性は化粧っ気がなく、男性気質のサバサバした性格で同性からも好かれる女性なのです。男性に媚びないところがよいのでしょう。

心理5:自分に自信がない

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、自分に自信がないということもありそうです。このような女性は「どうせ私なんか」が口癖で、「私なんかを好きになる男性なんかいるはずがない!いたとしても普通じゃない人で気持ち悪い!」となるのでしょう。
自信の無さを相手にまで関連させ、自分と共に男性を下げているのです。
その男性は、その女性の魅力的なところを知っているからこそ、好意を持ったと思います。その女性自身も気付かないよいところを知っている貴重な存在にもかかわらず、そんなことを言っているなんてもったいないことですよね。
相手まで下げるような言動は避けるべきでしょう。あなたに好意を持っている男性の中には普通の人もいます。自分は魅力的な女性だからこそ、好意を持ってくれる男性がいることに自信を持ち前向きになりましょう。
ポジティブな気持ちに変換していけるように、少しづつでも変えていきましょう。そのようにネガティブな気持ちからポジティブな気持ちに変えられたら、さらに魅力的に素敵な女性になること間違いないですよ。

心理6:恋に恋しているだけだった

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、恋に恋しているだけだったということが考えられます。好きだった男性から告白されたとたんに、気持ちが冷めてしまい気持ち悪いとさえ思うのは、このように男性に恋をしていたのではなく恋に恋しているだけだったのでしょう。
意外にも多いのがこのパターンで、恋すること事体に憧れていたり、白馬に乗った王子様を夢見ていたりするのです。白馬に乗った王子様と自分でも好意を持ち相手も好意を持ってくれた男性と比べ気持ち悪いだなんて、いまどきそんなことを言っている女性のほうが気持ち悪いような気がします。
しかし、恋に恋する女性が絶たないのも現実なんです。それはいわゆる男性を知らないからこそ、勝手に妄想を膨らませ自分に都合のいいように解釈しているのでしょう。
若いうちならまだしもいつまでもそんなことを言っていたら、世間知らずもはなはだしくみっともないですよね。
夢ばかり見ていないで、現実を見るようにしましょう。そのためにも男女の付き合いよりも友達同士の付き合いとして男女何人かで、趣味の仲間やサークルの仲間として付き合ってみることから始めてもいいかもしれませんね。友達としてなら気持ち悪いと思うことも無く気軽に付き合えると思います。

心理7:自分が女になる瞬間が恥ずかしい

なぜ好意を持たれると気持ち悪く感じるのか、自分が女になる瞬間が恥ずかしいということも挙げられます。男性から好意を持たれるということは、女性になる瞬間を連想させるのだと思います。
好きな相手なら生々しく感じることはあまりないのでしょう。しかし自分の好まない男性に好意を持たれると、女性としての生々しさが先行して、自分が女になる瞬間が恥ずかしく、余計に気持ち悪くなるのだと思われます。
こういう場合は、むしろ友達として付き合ってみるのもいいかもしれません。「あくまでも友達としてなら」と条件付きで付き合ってみると、冷静な目で女性とは明らかに違う男性の魅力が見えてくるかもしれません。友達としてなら構えずに気軽に付き合えると思います。
そうすると男性に対する見方が変わり、自分が女になる瞬間が恥ずかしいだなんて言ってる場合ではなくなることでしょう。そう思うこと事体、恥ずかしくなるかもしれませんね。
あまりにも男性として意識し過ぎるからこそ、自分が女になる瞬間が恥ずかしいということになるのでしょう。友達としてならそんなことはないですよね。

まとめ


いままで男性からの好意を気持ち悪いと思ってしまう女性の心理について、いろいろなパターンと心理別に、わかりやすく丁寧に解説し解決策まで触れてまいりました。いかがだったでしょうか?

男性からの好意を気持ち悪いと思ったことのある女性は、解説してきたなかに当てはまるパターンや心理があったと思います。自分はどういう気持ちと心理なのか、いまいちどじっくり冷静に確認してみるのもいいでしょう。自分でも気付かなかった意外な発見があるかもしれません。

そして自分の心理を知った上で恋愛に踏み出せば、男性の好意が気持ち悪いと思うことが少なくなり、いずれ気持ち悪いと思わなくなると思います。そこには普通の女性として成長した自分を見ることができるでしょう。

すなわち、男性の好意が気持ち悪いという上から目線の捉え方ではなく、男性と同じ目線に立ち相手を理解することから始めることがよいのです。そうすることでいろいろなことが見えてくるでしょう。そのように視野を広げ、素敵な恋愛をしてくださいね。楽しいことがいっぱい待っていますよ。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事