2019.12.05

年下男子に告白するポイントと告白させるコツで年下彼氏ゲット

年下男子を好きになってしまった場合、たとえ相手が年下男子であっても、「告白されたい!」って思いますよね。

でも年下男子の告白を期待しても、なかなか年下男子から告白されるまで進展しにいくいこともあります。

この記事では、好きになった年下男子からの告白を期待する年上女性が、告白されるコツ・年下男子からの告白を成功させるポイントなどをご紹介します。

はじめに、年下男子は年上女性に告白をしようとしているとき、どんな行動を取るのでしょうか。

よくみられる行動は、年下男性が年上女性に告白してもOKをもらえるかどうかを探る行動です。

年上女性に告白しようとしても、年上女性にその気がなければ、告白しても振られる
だけで、結局関係は進展しません。

年下男性は、発展しないことを避けるために、告白前になにを確かめようとしているのか解説します。

年下男子でも恋愛対象になるか

恋愛対象として、年下男性も入っているのか何気なく探りを入れてくることがあります。

女性のなかには、恋愛対象として同年代や年上男性に絞る人もいますよね。年下男性と付き合ったことがない・アプローチされたことがないという女性も年下男性を恋愛対象に入れることが難しい場合もあるため、それを見極めようとしています。

年下男子と交際したことがあるか

これまで年下男子と交際した経験があったり、年下男子に告白された経験があるかの調べておくのも、年下男性の告白前の準備として重要です。

年下男子との交際経験や告白された経験の有無によって、付き合う相手として年下男子が含まれているのかわかるからです。

過去に年下男性にアプローチされた経験があれば、年下男性に対する偏見もなく、付き合う男性として見てもらえるチャンスが高いと判断します。

特定の相手がいるか

年下男性は、年上女性にアプローチする前に、彼氏などの特定の相手がいるかどうかをリサーチしてくることもあります。

直接本人に聞くのが難しい場合には、年上女性の友人を介したり、恋人がいるのか行動を観察することもあります。もし、特定の相手がいて、かつその関係が順調な様子なら、年下男子が告白したいと思っても、告白して成功するチャンスは少ないと考えるからです。

好意を持っている相手がいるか

 好きな年上女性に彼氏はいなくても、彼女がとくに好意を持っている相手がいるのかどうかも年下男子にとっては重要なチェックポイントです。
 年下男子が好きな年上女性に告白しようと思っても、相手に別に好きな人がいたら、いくら年下男性にアプローチをされても、対応にやはり困ってしまうだろうというのがわかるのです。


年下男子に対するイメージ

 年上女性にいずれ告白したいと思い、加えて彼女には彼氏や特定の相手がいないことがわかれば、年下男子に対してどんなイメージを持っているのか聞いてくることもあるでしょう。
 「付き合う対象として、年下男子ってどう思いますか?」
 このように会話の自然な流れで聞かれたら、あなたに対して、年下男子に対するイメージがどうなのかの探りを入れいる可能性が高いです。
 そこで、年下男子に対するマイナスイメージがなければ、アプローチする価値はあると年下男子は思うのです。

それでは、実際に年下男子は年上女性に対して、具体的にどのようなアピールをしてくるのでしょうか。

これらの行動がわかれば「この人は私に好意をアピールしようとしているのかな」と事前に予想することが可能です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。年下男子からのアピールを見逃さないようにしましょう!

週末になると数人での食事に誘う

 年下男子が、週末になるたびに少人数の食事会にあなたを誘うことがあれば、それは年下男子の脈あり行動の一つかもしれません。
 あなたのことが好きでも、年上女性にアプローチすることにまだ自信が持てない場合は、グループ交際のような形であなたに近づこうとするでしょう。
 そこで一緒に過ごす時間を多く持つことで徐々にふたりの距離を縮めていこうとしています。

年下の彼女とは合わなかった過去

 年上女性の方が自分には合っていることをアピールしたいがために、過去の女性との付き合いのなかで「年下彼女とはあまり相性が合わなかった」と年上女性に話すこともあります。
 実は、それも年下男性の脈あり行動と考えられます。
 自分には年上女性との方が相性が良く、だからあなたと付き合ってみたいと思っていると暗にアピールしているのです。

何か手伝おうと努力する

飲み会やバーベキューなどのイベント、仕事などにおいて年下男性と過ごすことがあるとき、やたらとなにか年上女性のことを手伝おうとする行動も、年下男子のアピールと考えられます。
年下男性は、年上女性と何か接点を持ち、そこから仲を深めていきたいと思っています。
そのため、どんな小さなことでもいいので年上女性の手伝いをして、とにかく話をしたいのです。

ストレートに好意をアピール

とにかく年上女性が好きでたまらない、ピュアなハートを持つ年下男性はストレートに好意をアピールしてくることもあるでしょう。
年下男性から積極的に話しかけてくる、プライベートな話をしてくる、食事やデートに誘われるなどの、年下男性からの好意のサインがあれば、年上女性であるあなたを特別な気持ちで見ている可能性が高いです。

男らしい一面をみせる

 男性なら好きな女性に男らしい一面を見てもらいたいと思うのは、プライドや自尊心の高い男性なら当然のことです。
 年上女性に恋をする年下男性なら、なおさら年上女性に自分の男らしさを見せようと躍起になることもあります。
 一緒に食事に行った時に高額な食事をご馳走してあげる、年上女性が持っている重たい荷物を代わりに持つ、レディーファーストな面を見せるなど、彼らなりに頑張っている行動が見られたら、素直にその男らしい姿を褒めてあげましょう。

特定の年下男子が、なんだか自分に気があるみたいと気づく、以前からお目当の年下男子と最近いい雰囲気になってきたと感じてきた年上女性なら、「できたら年下男子に告白されたい!」と思いますよね。

そんな気になる年下男子に告白させるコツを紹介しましょう。

誰か好きになってくれないかな?とアピール

 意中の年下男子とふたりきりになったとき、ふとした瞬間に「誰か私のこと好きになってくれないかな?」とアピールしてみましょう。
 年下男子に向けて逆にこちらからの脈あり行動を見せることで、「あなたに興味がありますよ」「私はいつでもあなたを受け入れることができますよ」と暗に伝えることができます。

彼氏募集中をアピール

 彼氏を募集中であることをさりげなくアピールしておくのも年下男子に告白させる
コツの一つです。
 年下男子のなかには、年上女性と付き合った経験がないなど自信がない場合、告白しても振られるのではないかと不安に思う人もいます。
 その不安が少しでも軽くなるように「彼氏募集中」のことを伝え、しかも年下男子も許容範囲内であることを伝えてあげましょう。

冗談で「彼氏になってよ」と言ってみる

 知り合って時間が経ち、年下男子との仲も友達以上恋人未満のような関係になっているなら、思い切って「彼氏になってよ」と冗談っぽく言ってみるのも効果的です。
 あなたに好意をもともと持っていた年下男子は告白するタイミングを見計らっていた場合、ここぞとばかりに年下男子が告白してくることもあるかもしれませんよ。

告白のチャンスを作ってあげる

年下男子に告白をさせるタイミングやチャンスを作ってあげるのも、年下男子に告白をさせるコツです。
お互いが好きなアーティストのライブに行ったり、年下男子とふたりきりで出かける時間をわざと年上女性から作ったりするのもよいでしょう。

特別感を演出する

 年下男性が年上女性になかなか告白できないと、尻込みをしている様子なら、年下男性に対して「あなたは私にとって特別な存在」であること理解してもらうような演出をしてみるのも良い方法です。
 たとえば、その年下男性のために手作りのお弁当を作って渡すなど、ほかの男性には決してしないことを「特別に」してあげるのです。
 すると年上女性にとって自分は特別な存在なのだと改めて認識することができ、これなら年下男子から告白をしても良い返事がもらえるかもしれないと自信を持ちやすくなるのです。

気が合う・相性いいなどをアピール

 年下男子が年上女性に告白するのに、心理的な壁をなるべく低くするために「お互い気が合うね」「相性がいいね」などをアピールするのも効果的です。
 普段から年下男子とLINE交換をしているなら、LINEでもまめに連絡を取り合い、気が合うねアピールをさりげなくLINEで伝えておくのもよいでしょう。

ライバルを出現させる

 年下男性に告白をさせるために、さまざまな方法でアプローチしたにもかかわらず、年下男性がなかなか告白してこない状況なら、最後の手段で彼に対して恋のライバルを出現させます。
 たとえば、元彼や仲の良い男友達などから連絡があることだけをさりげなくアピールするのです。
 そうすることで、ほかにもあなたを狙っている男性がいるかもしれないと思わせ、彼のハートに火をつけるのです。

本心では年下男性に告白してもらうのが夢ですが、いくら策を尽くしても、年下男性がなかなか告白をしてこない状況がありますよね。
そんなときは、もう年上女性の方から告白をするしかありません。
年下男性への告白を成功させるために、告白前にどんなことをすべきなのかを解説します。

好意があることを少しだけアピール

 年下男性からの好意のサインがあり、ここで告白をしても成功する可能性が高いと予測できたとしても、いきなり強い好きアピールをするのは禁物です。
 場合によっては、年上女性からの圧力に押されて年下男性の気持ちが引いてしまうこともあります。
 そのため、相手の負担にならないように自分の好意は重すぎない程度にアピールするのが得策です。

女の子らしさをアピール

べたな方法ですが、年下男性に告白する前に女の子らしさのアピールの有効です。
料理や女性らしい趣味などを年下男性にアピールすることで、年上女性であっても「守ってあげたい」と思わせるのが戦略です。
あくまでも、年下男性の男心をくすぐらせる程度に抑えるようにしましょう。

ちょっとだけ頼って感謝する

 男性は、誰もが女性に頼られることを嫌がりません。
 逆にどんなささいなことでも、たとえばちょっとした力仕事を頼むなどの行為でも「自分は男として頼られている」と感じます。
 その上、少し大げさなくらいに年下男性に感謝をするだけで「これくらいのことで感謝されるんだ、でもなんだか嬉しい」と思わせるのです。
 すると、年下男性の方からあなたに対して「これもやってあげたい」「あれもやってあげたい」と積極的に絡んできてくれるきっかけにもなります。

完璧な女性を作らない

 仕事でもプライベートでもなんでもうまくこなしてしまう女性にありがちな態度が「自分はできる完璧な女性」をアピールしてしまうことです。
 そうすると、年下男性にとっては「高嶺の花」となってしまい、余計に近寄りがたくなってしまいます。
 年上女性だからこそ、完璧な女性は作らず、なるべく自然体で親しみやすい雰囲気を作ることが、年下男性に告白をする前にすべき大切なことでもあるのです。

年下男子に告白する前の準備が整ったら、次はいざ告白するときです。
年下男子への告白を成功させるためのポイントをお伝えします。

自信をもって告白する

 年下男性に告白をしょうと思ったら、心から自信を持って告白をしましょう。
 間違っても、告白のときに「年上の私が告白するのは恥ずかしいんだけど...…」とあたかも年上女性と付き合うことが恥ずかしいことだというイメージを持たせないようにすることが大切です。

母性本能を武器にする

 年下男性よりも年上であることを逆手にとって、母性本能を武器に告白するのも年下男性への告白を成功させる大切なポイントです。
 そのためには、やりすぎない範囲で年下男性に対して「かわいい!」「ぎゅっとしたくなる!」などと言って、いつでも甘えてもいいよというイメージを与えるのです。
 とくに本心では女性に甘えたいと思っている、普段は強がりを言いがちな年下男性はイチコロでしょう。

お姉さんのように

 心の内をなんでも話せる優しいお姉さんのように、頼りになるイメージを前面に出しながら告白するのも良いでしょう。
 ここでのポイントも、お姉さんイメージを押し付けるのではなく、あくまでも自然な感じでアピールするのが大切です。

頼りになる男性扱いをする

 意中の年下男子を落とすために、年下男性に対して「とっても頼り甲斐がある」とアピールしておくことも大切です。
 あたかも自分より年上の男性に接するかのように年下男性に接することで「俺って頼られているんだな」と自信を持たせてあげるのです。
 すると、年上女性から告白されてもビビらずに受け入れてくれる可能性が高くなります。


初めての経験

 年下男性がなかなか告白してこないときに、年上女性が先に告白するのはとても勇気のいることですよね。
 実は、年下男子に告白するのが初めてで、頼りになる年上女性のイメージとは裏腹に内心はとても緊張しているのではないでしょうか。
 しかし、それは相手の年下男子も同じかもしれません。
 年下男性も年上女性からアプローチされるのは初めてでどう接すればいいのかわからないことも。
 そんなときは告白のときに正直な気持ちを伝えて、お互い同じようにドキドキしているという一体感を狙うのも効果的ですよ。

年下男子に告白された、または告白してOKの返事がもらえて交際がスタートしたら、あとはどうやってその交際をうまく長続きさせるかが問題です。
最後に年下男子と長く付き合うテクニックをご紹介します。

付き合ったら同等にする

 年下男子と付き合ったらすべきことは、どれほど年が離れていてもお互い同等な目線で向き合うことが大切です。
 年上彼女だからといって上から目線で物事をいったり、判断したりしないことを心がけましょう。
 さらに年下彼氏だから、なんでも許す・甘えさせるようなこともやめてくださいね。

年齢を気にしない

 年上彼女が年下彼氏より年齢が離れているほど、女性の方が年齢をいつまでも気にしてしまうことがあります。
 しかし、あまり年齢を気にし過ぎてしまうと、年下彼氏もその度に「年齢は気にしないでいいよ」と言わなければならず、やがて気持ちが疲弊してしまうことも。
 年下彼氏はあなたが思っているほど、年齢差は気にしていないはずです。

恋愛と結婚は別

 年下彼氏に限らず、女性は交際の早い段階から将来の結婚を考えがちです。
 でも恋愛と結婚はまったくの別物。
 とくに年上彼女より年齢の若い年下彼氏なら、なおさら将来の結婚はそうそう簡単には考えないはずです。
 どんなに年下彼氏との相性が良くても「結婚をせがまない・余計なプレッシャーをかけない」ことを忘れないでおきましょう。

恋愛に対して背伸びしない

 年上彼女だからといって、「私がしっかりしなきゃ」と勝手に思い込み、無理をして恋愛を余計に頑張る必要ありません。
 好き合って交際している二人なら、年齢は関係ありません。
 常に相手を思いやり、そして自分のことも大切にする、そうしたありのままの自分で付き合っていいのです。

年下男子を好きになってしまったら、年の差に関わらず「付き合いたい!」と思うのは当然のことです。
そのときは、年下男子と年上のあなたとの関係性やお互いの性格を見極めて、自ら告白をするのか、年下男子に告白させるのかを選びましょう。

どちらから告白するにしても、年下男子より少しだけ人生経験のあるあなたが、うまく恋愛をリードして、大好きな年下男子をゲットしてくださいね。(ユキ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事